日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

誰が価値を決めるのか?

2017-06-30 20:45:05 | マーケティング

Huffpostを「見ていたら、「価値は誰が決めるのだろう?」と思う記事があった。
Huffpost:プラダの゛2万円クリップ”が物議⇒商品ページがアクセス不能に

一瞬、事務で使うゼムクリップかと思ったら、マネークリップだった。
スターリングシルバー製なので、ある程度の価格になってしまうのは仕方ないと思う。
ただ「2万円」するマネークリップを、どのような人が買うのだろう?と、気になった。

一体どのような人が購入するのか?と想像した時、
①「プラダ」というブランドが好きな人
②マネークリップを普段使っていて、買い替えを検討している人
③話題の商品を買いたい!と思っている人
④ゼムクリップのようなマネークリップに2万円を出せる人
などが、思い浮かんだのだ。

ただ「2万円」という金額を出しても良い!という人は、どのような人だろう?と考えると
ノーブランドでスターリングシルバーの2万円のマネークリップでも、欲しい!と思う人は、いらっしゃると思うのだが、おそらく多くの人にとっては「いくらスターリングシルバーと言っても、ゼムクリップのようなデザインに2万円を出すのは、二の足を踏む」という感覚なのでは?
Amazonなどで探してみると、ゼムクリップ型のマネークリップを発見したが、価格は130円程度。
素材はシルバー製だった。
とすれば、このようなマネークリップを購入する人は、「プラダ」というブランドに高い価値観を持っているからこそ、「購入したい」と思うのではないだろうか?

日本の場合、「有名ブランド」に対して高い価値観を持っているように感じる。
一昔前の言葉でいうなら「ブランド信仰」のような、「ブランド品=良質な商品=高い価値がある」という感覚が強くあった。
反面、普段の生活で必要なものの多くは、ブランド品のような「価値」ではなく「価格」が、購入の動機となっている。
そのために起きるのが「価格競争」と言われるモノだ。
「安ければ良い」というわけではないし、日本の生活者は商品に対する要求が高いため、ある一定以上の品質の商品やサービスが提供されている。
しかし多くの場合、購入をするとき生活者が真っ先に考えるのは「価格」だと思う。
正しく言うなら「価格と自分の生活に合っているのか?必要なものなのか?」というコトだと思う。

紹介したHuffpostの記事の最後に、グッチのうちわが出てくる。
私にとって「うちわ」は、暑い時、風を送るための道具なので、どんなものでも良いと思っているし、生活の中で使う道具という点で「価値がある」とは思えない。
しかし、グッチファンにとっては「グッチが作ったうちわ」という点で、高い価値があると感じているかもしれない。
「うちわ」という点での価値なのか?「グッチがつくった」という点での価値なのか?それを決めるのは、生活者側にある、ということをよく表しているように思う。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さなほころびが、大きな痛... | トップ | 都議選で負けたのは、自民だ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マーケティング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。