北国の小さな家の大きな家族 "Happy Horse Inn"

競走馬、乗用馬のふるさと北海道の馬産地で、家族として暮らす二頭のサラブレッド様子を中心に発信しています。

マイネルディンプル サポータークラブ

2015年09月24日 | マイネルディンプル サポータークラブ

マイネルディンプル サポータークラブのお知らせ


2014年1月1日付け

このたび、長年、乗馬として懸命に生きてきた、マイネルディンプル号のサポータークラブを発足し、サポーターを募集する運びとなりましたので、謹んでご案内申し上げます。本文最後に入会フォームをリンクしておりますので、ご協力頂ける方は、こちらのリンクからお申し込み下さい。よろしくお願い申し上げます。

 

【マイネルディンプルってどんな馬?】

1994年4月8日生まれ サラブレッドのマイネルディンプルは、1997年1月に競走馬としてデビューし、5月までに9戦し、二着一回の未勝利馬として引退。後に札幌競馬場の誘導馬となりました。

2006年頃まで、誘導馬をするかたわら、札幌競馬場乗馬センターで、高校生や社会人の乗用馬としてスーパーホースとして活躍、「マイネルに乗りたい!」ととりあいになるほどの人気馬でした。

しかし10歳を過ぎると、芦毛の宿命ともいえる、メラノーマ(悪性黒色腫)に苦しみます。JRAにて手術を成功させた後、静かな環境を求めて馬産地静内の乗馬クラブに移動しました。

静内の乗馬クラブ時代でもメラノーマは再発し、食道が圧迫され食餌がとれず衰弱したことがあり、関係者も諦めかけたことがあったそうです。また、右前、右トモを痛めており、歩くたびに股関節は、「ぎし、ぎし」と音をたてます。さらにメラノーマも不定期に症状が悪化し、馬房で横になることも多くなり、騎乗者の安全を考え、2012年春、乗馬引退が決定しました。18歳でした。

通常、体中に黒い悪性腫瘍ができている芦毛の馬はひきとる業者がなく、殺処分となります。


“私”が、偶然このクラブに短期間、横浜から連れて来た長年の愛馬、マイネルスプレモを預けていた時に、横になっているマイネルディンプルを見て事情を聞いたところ、クラブでは処分について検討をしていたところでした。調べてみれば、札幌競馬場のスーパーホース。もともと、「馬生の最後だけでも幸せにしてやりたい」という願望が強かった私は、「その活躍にふさわしい最期を送らせたい。自宅に連れて行き、病状が悪化した時、安楽死、火葬します」、と2012年7月、自宅にひきとって来ました。

自宅に到着した時の様子です ↓


2012年の冬は、メラノーマが噴火し(腫瘍が裂けて、黒い液体を噴出します)、尿の出も悪くなり、喉を餌が通りにくくなり、もはやこれまでか、と何度も獣医さんに診て頂きましたが、2013年の春を迎えてから怒涛の勢いで元気に復活したのです!

そして2013年の夏となり、獣医さんに診て頂いたところ、「まだまだ7~8年は生きられる勢いがある」とのこと。眼の輝き、食への執着など!そうなりますと、一人の力では長期間にわたる「生」を支えきれなくなりました。

プーを迎えるために、厩舎の増改築、放牧地の拡張、牧柵工事追加、飼料庫の購入、そしてまる一年以上の維持費で既に150万円ほど貯蓄を崩して使っています。もうこれ以上、私とスプレモのための貯蓄を削るわけにはゆきません。この時、獣医さんと話し合い、とにかくもう一度元気に夏を過ごさせて、2014年の冬が厳しくなる頃に安楽死にしようと結論しました。

そんな時に、たまたまインターネットで知った「マイネルスティング先輩」から引退馬ネットと巡り合いました。


【サポート会員の皆様へ】

ディンプルは、札幌時代は、「王子」、「プリンス」と呼ばれる、雄大な馬格の美しい白馬でした。静内では、愛情を持って「ディンディン」と呼ばれていました。自宅にひきとった私は、「プリンス」と呼ばれていたことから、プーちゃんと呼ぶことにしました。どうぞ、プーちゃんと呼んで下さい。

正会員:お一人、一月1500円の会費、
あるいは
賛助会員:随時ご寄付

により、ディンプルの生涯を支えます。

 

完治不能な病を持っておりますので、延命治療はせず、日々をハッピーに、そして最期は苦痛のないお別れをすることを目指しています。

競走馬として無名、乗馬としてスーパーホース、それでも切ない最期は来てしまいます。それまで見たこともなかった素人が偶然にひきとり、つないだ命です。賛同頂けましたら、以下より入会お申し込み頂ければ幸いです。

このサポータークラブでは、グループは小さくても、素人が必死で馬の世話をしているということに共感を頂ける方達のグループとして運営したいと考えています。日々の様子は、つつみ隠さず、 「幸福馬日記」ブログ、http://blog.goo.ne.jp/happy-horse-diary を通じてご報告しています。

日々の様子を伝える「幸福馬日記」ページと、収支をリアルタイムで報告する「ディンプルサポーター様報告書」ページの二種類、それぞれにパスワードがついています。パスワードを紛失した場合は、お知らせください。再送信します。

email: supi.pooh@icloud.com (アットマークは半角に修正して下さい)

批判目的の方のご入会はお断り申し上げます。


https://www.rha.or.jp/support-form/meinerdimple-form.html

 

会則(インターネット表示用)はこちら ↓

http://blog.goo.ne.jp/happy-horse-inn/e/5f6fe7b0d66ee8e64acc8f787cac08f6


収支のご報告は、「幸福馬日記」ブログのサポーターページですべての領収証を公開しています。

馬は二頭おりますので、餌や整腸剤、牧柵の種や肥料、あるいは、牧柵ペンキや厩舎の保全工事、堆肥まき車両など二頭の馬に共通して消費するものは、総額を2で割り、1頭あたりの金額を算出し、ディンプルの経費として計上しています。

ディンプルにかかった実経費に加え、ディンプルの薬品代金など固有支出した経費と、1日あたり1500円を、私が愛馬マイネルスプレモのために用意した厩舎施設使用料(500円)ならびに私がお世話をする人件費(1000円)として計上しています。初年度は、22万円ほどの赤字となりました。サポーターさんが増えて頂けると、厩舎作業にアルバイトさんを雇うことができるようになりますので、入会をご検討頂ければ助かります。発起人は、現在、3年半にわたり、1日の休みもなく、2頭の世話をしています。

 

【お世話をする“私”のこと。。。】

私は普通のサラリーマンを2012年に引退し、競馬デビュー前から一口馬主として見守り、2006年から自馬にした愛馬、マイネルスプレモと、共白髪の生活をまっとうするために、横浜からスプレモの生まれ故郷、馬産地は静内に移住して来ました。家を建て、馬1頭用の厩舎と放牧地を用意。

運命のめぐりあわせでディンプルが来ることになったため、厩舎の増築、放牧地の拡張など手間もお金もかかりましたが、余命わずかな馬が、最後に楽しく幸せになれるように、できる限りの手を尽くしたつもりです。

ところが「余命はこの先も長い」、と診断され、一人で長期間、まる抱えすることの困難さから、サポーター募集させて頂くこととなりました。生きている間にできることを精一杯してあげる、というのが私の馬に対する基本的なスタンスで、ワクチンは言うに及ばず、獣医さんによる健康診断や整歯など健康管理や、装蹄師さんによる定期的な削蹄(30~40日周期)はしっかりしています。馬を健康に維持することがどんなことか、サポーターさんになって頂くことで、詳細を知ることになると思います。


マイネルディンプルとマイネルスプレモの2頭は、家族の一員として平等に暮らしています。馬を生業としない故、馬の維持費は割高になります。重機がないため、すべて一人力での作業になります。そんな普通の家で暮らすサラブレッド2頭は、見る人を自然体で癒してくれると自負していますョ。

 

 

 

 

プーちゃん、2015年4月8日で21歳の誕生日を迎えました!


ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイネルディンプルサポータ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張って下さい。 (スー)
2013-12-17 08:38:09
はじめまして、
(以前、楽園ファームにコメント頂いた方かなぁ?と思いつつ半信半疑なので)

プーちゃんの事が気になってチョクチョク覗かせて頂いていました。
お一人で大変かと思いますが頑張って下さい。
ブログで紹介してもいいですか?
父は古殿出身です! (宿のおかん)
2013-12-18 00:07:12
スーさん、
こんにちはー。そうです、以前、コメントさせて頂きました!

プーちゃん、経済的には自信がなくて、色々な方にご相談した結果、サポーターを募らせて頂くことになりました。

私の甲斐性が足りなくて、ふがいないのですが、まだまだ元気で生きたい、というプーちゃんに、何人かの方が「サポーターを募ろうよ」と言って下さったので、このような運びになりました。

はい、ご紹介頂ければ、とても嬉しいです!!!!

プーちゃん、現在、体調は絶好調です!
入会フォーム (プーのおかん)
2015-04-30 22:53:03
***様

コメントありがとうございます。
入会申し込みが無事に受信されたかどうか、引退馬ネットに確認をしています。エラーになっていた場合は、こちらでお知らせいたします。

ご確認を頂き、ありがとうございました!プーも、おくちをぷにぷにふるわせ、喜びます!
ご確認ありがとうございます (プーのおかん)
2015-05-01 14:12:18
***様

こんにちは。こちらもネットから連絡がありました。少しお時間を頂きますが、会より、会員証をお送りします、

楽しみにお待ちくださいね。

プーは、「どいて!」と言うと、さっとどいてくれるようになりました。すごい進歩です!!
プーは京都競馬場を疾走中! (プーのおかん)
2015-05-03 14:33:23
***様

(個人情報につながるため、内緒コメントとして回答しています!)

ご入会ならびに、コメントありがとうございました。

>スピくんの方が大人ですよね^ ^笑

半年ぶりに来て下さったサポーターさんの印象も、「昨年より、プーちゃんがやんちゃ!スピ君たじたじ!」との事でしたよ。


>馬房チェックして、盗み食いしてるプーちゃんにほっこりしました(^_^)

草食動物の「食」への執着はものすごいですね。常に少量の草を食べ続けてあの巨体を維持するのですから、そうでないと生きてゆけないのかもしれません~ww

>どいて!って分かるんですね(^з^)

やっと少し日本語が通じるようになりました。家に来た当初は、たとえば、「グイッポだめ!」と言っても、ぐいぐい、してましたが、スピ君がくちをがぶりと噛んで、「やめろ!」って通訳してくれていたんですよ。スピ君の家庭教師として家に迎えたはずのプーちゃんは、スピ君の通訳で、人間との絆を深めてきました。

そんな変化を毎日、目の当たりにすることができ、とても幸運です。

いつか、馬産地にもいらして下さいね!

そんなプーちゃんは、今月いっぱい、京都競馬場の写真展会場で、疾走する姿をお見せしていますよ。

雪の中を走って来る、真っ白なプーちゃん。思わず、「かわいい!」ってにやけてしまう人がたくさんいるようです!
ありがとうございます (プーのおかん)
2015-05-09 09:20:57
***様、

こちらも、内緒コメントとして返信させて頂きます。

>あれから毎日、スピくんとプーちゃんのおはようさ~ん画像で癒されています。

りんごからにんじんに代わっても、かわいいですよネ!

>今年中に会いに行くのが夢です!
その際はボランティアとして、色々とさせて頂けたらなぁと思います(*^^*)

体力勝負です。虚弱体質気味だった私は、まる二年半、一日も休みもなく馬の世話をしています。風邪をひいている暇もありません~ww

>おりんごちゃんのお土産も忘れずに☆笑

楽しみにしています!

>こうやって生きていてくれるだけで、会いに行くという夢が出来て、仕事も頑張れます!

そう言って頂ける事が、プーが仕事をしている証です。これからも、のほほんと、多くの方が笑顔になるよう、頑張って、ハッピーに生かすよう頑張ります。


>連休明け、気落ちしますが、プーちゃんの癒しフェイスを見て頑張ります☆彡

そうでしたね。サラリーマン時代、GW後は、真っ青、ブルーでした。今は休みがなく、真っ青ですが、ハッピーですよ。馬のパワーですね。

>これからも末永いおつき合いをよろしくお願い致します。

ありがとうございます。サポーターさんあってのプーちゃんですので、どうか長くおつきあい頂けますように!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています