ELKのティータイム

子育ても終わり、のんびり普通に過ごす私のつぶやきです

高校授業料無償化・・・・ それでいいんですか?

2009-09-24 22:39:26 | PTA・教育
民主党の公約にある『公立高校実質無償化』、我が家では恩恵に授かれない。
と言うよりも、なぜ、義務教育でもない高校の授業に、資金をつぎ込まなくてならないのか?
私は、とっても理解できない。

子供たちは、教育を受ける権利は平等であるべきだと思う。
だから、経済的な理由のある家庭には、援助は必要。(でも、無償であるべきかは疑問)

でも、何でもいいから、適当に学校に来ているような子供。
勉強をする意思のないような子供にも、必要なことなのかと感じる。



授業料無償化は間接給付方式で 高校が代理受領と文科副大臣(共同通信) - goo ニュース

鈴木寛文部科学副大臣は24日、来年度から実施予定の公立高校実質無償化について「保護者や本人が直接キャッシュを手にする渡し方にはならない」と明言し、授業料相当額は世帯給付ではなく、学校への支給による間接給付方式を導入する意向を示した。共同通信の単独インタビューに答えた。川端達夫文科相を含め政務三役で間接方式を言明したのは初めて。鈴木副大臣は「学校の設置者が代理受領することになる」と述べた。


具体的に動き始めているのを感じる。
学校サイドでも、新たに問題にしていることがある。

給食費のように、授業料に付帯して集金されていたものが、今までのように集金できないのではないかと言う。
PTAや後援会費、生徒会費。
冷房設備の費用なども、不安材料になる。

特に、冷房設備は、公費での設置が難しい自治体が多い。
そういった場合は、PTAがリース契約等で設置し、会員から費用を徴収している。
安易に契約をしてしまい、費用徴収ができなくなっては困ると、設置を見送る学校もあるようだ。


国民の為の施策かもしれないが、もう少し意見を聞きながら進めてもいいのではないかと・・・・
思うのは私だけですか?



ジャンル:
学校
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷房設備と新政権 | TOP | 冷房設備の設置とリーダー »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
教育改革が必要です (勝手に推薦隊)
2009-09-25 10:31:54
突然失礼ですが、PTAの皆様に、ぜひお読みいただきたい本があります。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望著 日新報道社)です。
学校カリキュラムや指導方法のデタラメ、教育行政の腐敗を明らかにするとともに、新しい時代の教育について考察した本です。題名も内容も衝撃的ですので躊躇されると思いますが、是非とも読むべき本であると思います。
 不登校、引きこもり、ニート、自殺者を作ってしまう誤った教育、その仕組みがよく分かります。日本社会の歪みも、ハッキリと理解できます。
 さらに、是非、教員や教育関係者に薦めて頂きたいのです。
先生に会ったとき「『おバカ教育の構造』を読みましたか」と聞いたり、教育委員会に電話したときに「読みましたか」と尋ねたりして頂ければ、それだけで、日本の教育が変わります。この本を読んでいる人がいると知るだけで、教員も教育委員会も、姿勢を改めます。それほど、インパクトの強い本です。
コメントありがとうございます。 (ELK)
2009-09-25 13:17:18
一度、読んでみたいと思います。

教育のあり方って、その人によって違うと思うんですね。そのことを、各人が理解し、感じていかないと、教育に関する議論は進んでおかないと思います。

PTA自体が、教育機能を失いつつあるのを感じながら、教育を受ける子供たちの身近にいる私たちが、真剣に考えるべきことと思うます。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。