My Style

今日あった事、感じた事を自分の言葉で自然体で

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 SAYURI 』

2005-12-12 12:00:03 | entertainment
週末は『SAYURI』鑑賞へ

・・・ビミョー
「日本」というより「ニッポン」「JAPAN」といった感じ。
欧米人が好きそうな Oh〜、Geisya!ってな具合。

なぜだか、タランティーノの『 キル・ビル 』を思い出したりして。
ヤクザのルーシー・リューのカタコト“やっちまいな”とか、
刀鍛冶の服部半蔵・千葉のところにザ・ブライドが訪ねるシーンetc…
なんか違和感いっぱいあったなぁ〜なんて・・・。
でも、これは、到し方のないことで。
それに、ドキュメンタリーじゃなく、イメージを映像化したそうだし。

って、実際自分はどれだけあの時代や、芸者の世界を知ってるかって
言うと、ほとんど皆無なのだ。
だからって、お賽銭入れたとき鈴鳴らしたのにゴ〜ンって鳴ったりは変。


そういいながらも、結構エンターテインメントな仕上がり
表の絢爛豪華な世界と裏の嫉妬や裏切りの渦巻くところや、芸者として
運命を受入ながらも一途に想いつづけ懸命に生きたさゆりとか。

あと、女優陣が特によかった
主演のさゆり役チャン・ツィイーの清楚で凛とした透き通るような美しさ
千代の子役時代の大後寿々花ちゃんの真っ直ぐな瞳には参ってしまうし。
ミシェル・ヨー演じる豆葉の品のある立ち居振る舞いは姐さんと呼びたくなる。
コン・リーの初桃はどこか影のある妖しさと美しさを感じさせる。
桃井かおりの置屋のおかあさんは、ドスがきいてて迫力あったし。



話は〜〜〜
その瞳に「水の相」をもった少女の半生を描いたもの。
貧しさゆえに置屋に売られたわずか9歳の千代。
一緒に家を連れ出され、離れ離れに売られた姉は女郎屋へ。
置屋では、売れっ子芸者の初桃のいじめにあいながら、
辛い日々を送っていた。
姉と逃げることも出来ず、絶望的とも思えるような毎日。
が、ある日橋のたもとで泣いている千代は会長と呼ばれる
紳士(渡辺謙)に「こんな美しい日に、悲しい顔は似合わない」
と声をかけられる。
この出会いが今後の彼女の人生を大きく変えることに。
そして、もう一度彼に逢いたいというたった一つの希望を与えた。

千代が15歳になった時、一流芸者の豆葉が、半年で千代を花街一の
芸者にすると、千代の借金を半年で全額返済すると申し出る。
かくして千代は豆葉の手解きを受け一人前の芸者「さゆり」となり、
やがて花街一の芸者となる。
が、ここからが辛いのよ〜


昔、海外では芸者=売春婦とあまり変わらない認識を持っていたことも
あったようで(と前に何かの番組で伝説の芸者を観た)。その番組では、
芸者とは、身を売らず、芸に秀で、教養も無ければできなかったと。


ハリウッド的ニッポンはとても美しく描かれていると思った。
あと、水揚げの値段を競わせる露骨でキレイじゃないニッポンも。


ただ、ラストは・・・
あの日のことを覚えていて実は自分が豆葉に頼んで〜までは良かったけど、
最後だけ妙にあっさりハッピーエンドなのが・・・ズルッと肩おちた


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« −3℃ | トップ | チョコレート »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
意表を突いた音 (メビウス)
2005-12-13 22:01:20
こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪



自分も千代がお賽銭投げた後『ガランガラン』と鳴ると思ったんですが、『ゴ〜ン・・・』と言う音は意表突かれました。あそこは笑う所なんでしょうか?(^▽^;)



女優陣の中では、自分は断然ミシェル・ヨーが素晴らしかったです♪『グリーンデスティニー』の頃から何も変わってません♪(^-^)
四十路越え (happy-clover)
2005-12-14 11:51:35
メビウスさん、こんにちは

いつもTB返し・コメントありがとうございます



>意表を突いた音

まさに予想だにしない・・・えっ?この音かい??と驚かされましたー。



そういえば、メビウスさんの記事で知ったのですが、ミシェル・ヨーは四十路越え本当に美肌で、しかも豆葉役ピタッとあってましたね〜。スッとした立ち居振る舞いがきまってました

ゴ〜ン (へーゼル☆ナッツ)
2005-12-16 11:07:37
こんにちは。コメント頂きありがとうございます。

おさい銭入れて、ジャランジャランってところが”ゴ〜ン”ですよね(^m^)

笑ってしまいましたよ。それは観る前に聞いていたので「ここかあ」っと思って。。

まるで、除夜の鐘のようでしたよね。時期も時期だけに。。。
こんにちは。 (ALICE)
2005-12-16 14:20:09
ラストはハッピーエンドでよかったけど

拍子抜けはしましたね。

結局夜の妻でいいのかい!?って・・・

芸者の世界は知らないけどなんだかどろどろ

してますよね。スケベ親父がいてこその芸者の世界って感じも面白かった。今も昔もスケベは世にはびっこってるってことですね。

片言の日本語に英語の間に入る間の抜けた日本語があたしにはマイナス点でした。
まさにっ!!! (ma)
2005-12-17 17:05:14
happy-cloverさん、こんばんは



私もやっと昨日観にいきましたが、

ほんと、ビミョーな作品でしたよねぇ。。

日本人の目で観ると、微妙になるけど世界の目で観れば、イメージにぴったりってなるのかな???

でも、私はその???な誤解ともとれる部分を結構楽しめちゃいました



あと、仰るとおり女性陣が良かったですっ!!

そこだけクローズアップして別の一本作ってくれても面白そうだな。なんて

日本人顔負けに、芸者役が3人がキレイだったな〜。。



おまけ:TBさせて頂きますね
ヘーゼル☆ナッツさん (happy-clover)
2005-12-19 00:27:28
こんにちは

コメント、ありがとうございます。



おさい銭のところは、まさに除夜の鐘チックでした〜。

いろんなニッポンのイメージが美しい世界観となって

描かれていたのは楽しめましたね



ALICEさん (happy-clover)
2005-12-19 09:42:02
こんにちは



ラスト・・・ホント仰るとおり拍子抜けしました。

さゆりの一途な想いとか描かれていてよかったのですが、

会長ったらもっと早くそれっぽい素振り見せておいてよ〜

とか思ったりしました。



わたしもカタコト日本語気になりましたよ

全部英語で統一してくれていいんだけど・・・外人は嬉しいのかな?





maさん (happy-clover)
2005-12-19 09:55:55
こんにちは〜



コメント&TBありがとうございまーす。

ニッポンって東洋の神秘とかまだ思われている部分がそれは美しく映像化されていましたね。着物とか芸者とか独特の世界を絢爛豪華に

(ちょっぴり違和感あったけど・・・)

女優陣きれいだったし



>会長を演じたケン ワタナベ!!!カッコ良かったす。。水揚げ頼みたかったす

maさんの記事の↑このコメント笑いました〜。
音について (よし)
2005-12-21 22:48:22
>自分も千代がお賽銭投げた後『ガランガラン』と鳴ると思ったんですが、『ゴ〜ン・・・』と言う音は意表突かれました。あそこは笑う所なんでしょうか?(^▽^;)

あれは寺なのでゴ〜ン・・・で正解です。あの前の伏見稲荷神社の千本鳥居の映像に惑わされています。映画上あの場面であえて違った音を入れる必要は全くありません。
ストーリーは? (akatuki)
2005-12-21 23:14:23
TBさせていただいてすみませんでした。

&コメントありがとうございます。



私的には、やはりストーリーが貧弱で、”チャン・ツィイー”の可愛らしさだけが目立ってた映画だと思いました。



でも、やはり日本的な美の表現などはかなり目を見張るものがあります。美しかったですよね。庭園や町並み、着物・・・



でもでも、やっぱ日本人の美しい内面までは描けてなかったのかなぁと・・・
よしさん (happy-clover)
2005-12-22 10:32:25
はじめまして。コメントありがとうございます。



>>自分も千代がお賽銭投げた後…

↑私もホントにそう感じてしまったのですが

>あれは寺なのでゴ〜ン・・・で正解です

お寺!!気が付きませんでした仰るとおり、鳥居の映像で神社だと思い込んでましたし・・・

そのような意識を持たずに観ていて、あ〜お賽銭・・・あ〜鈴鳴らしてる・・・ごーん・・・???えっ???というように観ていて感じてしまったのが私の正直な感想です。(評論ではなく個人の映画感想なのでお許し下さい

DVD出たら、そこは特に注意して観てみますね☆



もしよろしければ、初めてコメント下さるときはURLを入力していただけると幸いです。
akatukiさん (happy-clover)
2005-12-22 10:51:43
こんにちは♪コメントありがとうございます。



そういえば話としては、あっさりしてた感がのこりました。日本人独自の奥ゆかしさはみられなかったですね。

芸者とか花街のしきたりとか知らないことも多くて気をとられていましたが、ラストで意外に簡単に実は・・・って会長に言われても

その間の会長の心の描写とか、さゆりの女としての想いと芸者としての葛藤とかがもっとあったら、ラストが感動できたのにと思いました



あの橋のたもとでの出会いから、ただ一途に会長を想いつづけた切なさよりも、映像や他の芸者さんたちとのやり取りのほうがインパクトがあったのかなぁ??と感じてしまいました

me too!! (まっきぃ)
2005-12-23 00:12:15
やっぱり同じこと感じている方多いかもっ☆です
まっきぃさん (happy-clover)
2005-12-25 22:33:24
はじめまして、こんにちは

TB&コメント、ありがとうございます。



まっきぃさんの記事は、私がだらだら書いたことが

凝縮されてました☆



さゆりの子供時代を演じた寿々花ちゃん、可愛かったですね。これからが楽しみです♪
Unknown (Sis.C)
2006-01-08 23:46:59
こんにちは。TBさせていただきました。今までのJapanを描いた映画の中では、結構頑張ってたと思うのですが、やっぱり日本人の目から見ると合格点はあげられないかなぁ。GEISHAは欧米人にとって本当にファンタジーなんですね。桃井姉さんがさすがでうれしかったです。
Sis.Cさん (happy-clover)
2006-01-10 00:02:54
Sis.Cさん、こんばんは。

コメント&TB、ありがとうございました



>桃井姉さんがさすがでうれしかったです

同感です!英語でも桃井節・健在でカッコイイですよね。存在感あったし!



あと、>今までのJapanを描いた・・・ そうですよね、シーンによってはハッとする位リアルなところもあって。

芸者とか、ニッポンを美しいものとして表現されていましたね

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「SAYURI」 洋画作品だが、邦画作品でも十分通用する (オールマイティにコメンテート)
「SAYURI」は製作スティーブン・スピルバーグとそのスタッフが結集して日本の芸者の世界を描いた作品である。邦画中心の私がこの映画を見る事事態が珍しいのだが、外国人が作る日本を題材にした映画がどう描かれるのか?を楽しみに見る事にした。
SAYURI/チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、大後寿々花 (カノンな日々)
アメリカ人ってのはよっぽど芸者が好きなんでしょうね。しかも、やっぱり日本人とはどうも観点がズレてるし(笑)。しかし、この作品、感想書くのが難しいなぁ。だって物語としては平凡で何の感動もないんだもん。そもそも、昭和初期の京都が舞台だというのにセリフがほとんど.
SAYURI (Akira\'s VOICE)
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。
映画館「SAYURI」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ〜!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...
SAYURI (Saturday In The Park)
アメリカ 146分 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー     渡辺謙     ミシェル・ヨー     役所広司 貧しい漁村に生まれ9歳で花街の置屋に売られた少女・千代は先輩で花街一の売 れっ子芸者の初桃の執拗ないじめに遭い辛い日々を送る。そ
SAYURI (ブログ:映画ネット☆ログシアター)
今までの日本を舞台とした映画だと、外国の人が思い描いてる日本って感じの映画が多いのですが、 『SAYURI』は、そんなこともなく日本人がみてもそれほど違和感なく観れるのではないかと思います。 ただ、日本語と英語が入り混じっていたのは、すごく違和感があります。 冒頭
『 SAYURI  』 (やっぱり邦画好き…ANEX)
 公式サイト 映画 『 SAYURI  』      [ 劇場鑑賞 ] 2005年:アメリカ   【12月10日ロードショー】  [ 上映劇場 ] 監 督:ロブ・マーシャル 製 作:スティーブン・スピルバーグ      ダグラス・ウィック      ル
「SAYURI」 (試写会帰りに)
両国国技館にて「SAYURI」“MEMOIRS OF A GEISHA”ワールドプレミア in JAPAN 鑑賞。 国技館で映画を観る。しかも「SAYURI」のワールドプレミアという事で、映画その物よりも舞台裏が気になっていた。 「枡席はしまうの? それとも、枡席で相席、体育座りで映画を観るのか?.
「SAYURI」をみた。 (今日も明日もカエラと映画とマンガ)
「休憩は1分だけです  ラスト2分が勝負」by安西監督(湘北バスケ部) どうも、週末は映画を見る日なってる今日この頃です。 ずーっと公開されるの待ちに待っていた映画・・・ 気合
SAYURI〜memories of a Geisha (毎週水曜日にMOVIE!)
まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日本の駅(ブレードランナーみたいだった)を通り、違和感が結構あ
SAYURI (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界
SAYURI(評価:△) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロブ・マーシャル 【出演】チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤夕貴/コン・リー 【公開日】2005/12.10 【製作】アメリカ 【ストー
SAYURI (Diarydiary!)
《SAYURI》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - MEMOIRS OF
SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
チャン・ツィイー、渡辺謙主演 チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった 千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当たる ある時幼い千代が橋のたもとで転んで泣いているのを 通りすがり
SAYURI    ☆Memoris of a geisha☆ (★☆★あくあまりんの宝石箱☆★☆)
                   SARURIのキャスティングが発表された時、『ラストサムライ』で渡辺謙が一躍ハリウッドで有名になったこともあって、SAYURIをはじめとして芸者役を中国の女優さんが演じることにがっかりしたけれど。日本人女優も最後まで選考に残ってい
SAYURI (八ちゃんの日常空間)
予告編を観て「面白そうだな」と思っていても、観る優先順位は下の方で、もしかしたら観ないかもしれない、と思っていた。それがどうしたことだろう。前売り鑑賞券まで購入し、公開初日に観てしまった。それだけ惹きつけられていたのかも知れない。もちろん、観て正解だ。お.
『SAYURI』★★★★・85点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/コン・リー観賞劇場:12/14(水)丸の内プラゼー...
SAYURI (Alice in Wonderland)
一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。主演は「HERO」のチャン・ツィイー、共演に「ラスト サムライ」の渡...
「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる (soramove)
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...
SAYURI (UkiUkiれいんぼーデイ)
鑑賞いたしました〜! 感想はまず、これはいったいどこの国?? 家並みも部屋の雰囲気も、それから着物の着付け方、髪型、化粧、日舞、障子の格子の枠の形に至るまで。。。 ぐぁーーーおかしい!ヘン! 劇場を出てきた人も口々に言ってました。 ポスターのチャ
*SAYURI・・・美し過ぎる!* (うさくま広場)
監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/ 役所広司(延)/ 桃井かおり(お母さん)    工藤夕貴(おかぼ)...
★「SAYURI」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
『SAYURI』 (京の昼寝〜♪)
不思議な瞳によって、伝説の運命を背負った少女・・・・・・“SAYURI”。 ■監督 ロブ・マーシャル■原作 アーサー・ゴールデン(「Memoirs of a Geisha」)■キャスト チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー、大後寿々花、
SAYURI (和日和)
満足度★★★★ シカゴのロブ・マーシャル監督作品であり、 米作家アーサー・ゴールデン作のMemories of Geisha(邦題さゆり)を完全映画化し 日本人役者も大量に出演し話題のこの作品。
『SAYURI』 (フツーオンナの徒然日記)
昨日の予告どおり、本日『SAYURI』を観て参りました〜{/star/} (あらすじなど詳しくはコチラをご覧下さい{/hiyo_en2/}) やっぱ、チャン・ツィイー、可愛いわ〜{/heartss_pink/}キレイだわ〜{/heartss_pink/}{/heartss_pink/}美しいわ〜{/heartss_pink/}{/heartss_pink/}{
SAYURI(MEMORS OF A GEISHA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません・・・(笑)
SAYURI (まつさんの映画伝道師)
第299回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  僕は昔から外国製作の「日本」を描いた作品に並々ならぬ興味を抱いている。  それは20年ほど前に初めて海外へ行った時、日本人に対する「誤解」が自分の予想していた以上に凄ま.
SAYURI (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かったで
■SAYURI〜チャン・ツィイー主演映画 (AKATUKI DESIGN)
今年締めくくりの映画”SAYURI”を見た。 上野のセントラルという映画館で見たのが、この映画館がしょぼかった・・・ 定員50名程の小さい劇場。 ちょっと”きな臭い”感じ。 で、SAYURI。 チャン・ツィイーの可愛らしさだけが際立っていた。 ストーリーにひねりがなく、ちょ
SAYURIぃ〜 (ナイス旦那日記)
映画SAYURI観てきました!奥さんと一緒に〜。 製作総指揮スピルバーグで『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督という、なかなか豪華なスタッフで、日本を舞台にした映画ということで、前々から結構期待しちゃってました。 さて、内容はというと、昭和初期の京都の花街を舞台
SAYURIぃ〜 (ナイス旦那日記)
映画SAYURI観てきました!奥さんと一緒に〜。 製作総指揮スピルバーグで『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督という、なかなか豪華なスタッフで、日本を舞台にした映画ということで、前々から結構期待しちゃってました。 さて、内容はというと、昭和初期の京都の花街を舞台
「SAYURI」 (慧の映写会)
アジアンビューティなSAYURI 3月ごろ原作「さゆり」を読んで その時すでに12月あたりに 劇場公開らしいと・・ でもって観ました まさにエンターテイメントです
SAYURI (spoon::blog)
解説: スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、チャン・ツィイー主演による究極の“...
SAYURI (まっきぃ☆☆)
ハリウッドが描いた”ゲイシャ”。ん、ビミョ〜・・・。ビジュアル系シャンソン歌手
映画『SAYURI』 (阪大生の留年ライフ)
25日から広島の実家に帰ってます。 今日はSAYURIを観にいきました 以下ネタバレ注意 とにかく映像美な映画でした。 ストーリーや、日本描写の忠実性は微妙なのですが、 女優陣…とくにチャン・ツィイーとコン・リーの美しさ!! 魅了されます べ...
SAYURI (MATONOWEBLOG)
SAYURI(原題:MEMOIRES OF GEISYA)2005年 アメリカ 評価6点:★★★★★★☆☆☆☆ アメリカでは日本よりも1週間遅い12月23日のクリスマス公開となった。各ブログ上で評価コメントが続々あがっているが、中国人が演じる芸者、芸者らしくない振る舞い、近未来風だ、
SAYURI@シネマメディアージュ:レディースデー夕方 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、.
SAYURI (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成
SAYURIを見た/\"Memories of a Geisha\" (Choco Break)
新年1日のはしご二本目は漸く「SAYURI」。正直言ってストーリーは大したこと
SAYURI−映画を見たで(今年3本目)− (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり 評価:85点(100点満点) 公式サイト ハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。 幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優陣の存
SAYURI (さやの映画&日記)
(CAST) チャン・ツィイー:さゆり 渡辺謙:会長 ミシェル・ヨー:豆葉 役所広司:延 桃井かおり:おかあさん 工藤夕貴:おカボ 大後寿々花:さゆり(少女時代) ケネス・ツァン
SAYURI (欧風)
実家宮城県は映画のメンズデー王国(109シネマズ富谷が金曜日、MOVIX利府が月曜日。他の映画館でもやってる)って事は前にもここで書きましたが、そんなメンズデー王国にせっかく帰省してるヒマメンINDYが、これを利用しない訳がないじゃないですか!奥さん!っ
SAYURI (横浜すたいる)
先週見てきました☆@本牧MOVIX この作品は、封切られてからずいぶん時間が経
SAYURI (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞【story】貧しさ故に置屋に売られた千代(大後寿々花)は、辛い日々の中で全ての希望を失った時に、『会長』(渡辺謙)と呼ばれる紳士に優しく声を掛けられる。「もう一度あの人に会いたい―!」儚い願いを胸に、少女は美しく成長し、ミステリアスな瞳を持つ花...
『SAYURI』'05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められいつか芸者になって、会長さんに再会したいと願うようになる・・・。感想アカデミー賞3部門受賞(撮影、美術、....