My Style

今日あった事、感じた事を自分の言葉で自然体で

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 ミュンヘン 』

2006-02-11 09:37:52 | entertainment
『ミュンヘン』を観た。

連綿と続く争い、復讐。
ずっと昔から今もなお、人間が繰り返してきた愚かな行為。

やられたらやり返すでは、永遠に解決しない。
なんて、こんな恵まれた環境の平和な日本に暮らしている自分が簡単に
言っていいのか…。
でも、本当の平和って?報復や殺し合いからは何も生まれないよーっ。

スティーヴン・スピルバーグ監督が、実際にあったミュンヘンオリンピックで
起きたイスラエル人選手殺害事件を映画化したこの作品。


事の起こりは・・・
1972年9月5日未明。西ドイツのミュンヘンでオリンピック開催中に、
パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー/黒い九月”が選手村に侵入し、
イスラエル人選手、コーチなど11人が殺害される事件が起こった。
それに対してイスラエル機密情報機関「モサド」が下した決断は報復だった。
暗殺チームが編成され、リーダーに選ばれたのは組織の一員のアブナー。
今までに人を殺したことも無く、現在妊娠7ヶ月の妻がいる。国のための
この極秘任務を引き受ければ、祖国から存在は抹消され、家族にさえ任務の
事情は話せず・・・でも、属するからには断ることも出来ない。
そして、「正義」、「祖国」のために引き受け、ヨーロッパへ渡る。


この、生まれてくる子供を楽しみにしている普通の男性が、暗殺チームの
リーダーに任命されてテロリストたち11人を一人一人殺していく・・・。
それが淡々と描かれる。
だけど、ものすごくリアル。

祖国のため、民族や宗教をかけての殺し合い?それは、こんな平凡な男性を
暗殺者にしてしまうのか。


スリル&緊迫感の2時間半だった。
で、妙にリアルで生々しかった・・・。
と言うのも、よくあるスパイ映画のようにスマートに次々と標的を殺していく
のではなく、ここに登場するモサドの報復チームはみんな普通の人っぽい。
そう、生身の人間なんだなぁと思わせる。殺しのプロとは対極の人にみえる。
だから、殺すという行為に慣れない。チームの仲間が殺されたら復讐してしまう。
(そのことに後で、復讐の無意味さによけい虚しくなるんだけど)

最初の一人を殺すとき、実は私は劇場にもかかわらず、悲鳴を上げてしまった。

それでも、だんだん殺すことへの感覚が薄れていくアブナー。

さらには、次第に自分たちが狙われていき、仲間を殺される。猜疑心で夜も
ゆっくり眠ることも出来なくなる。

そして、サイトにもあるように・・・
‘私たちは正しいのか?
 果たしてこの任務に終わりはあるのか?
 そして、愛する家族との安らぎの日々は待っているのだろうか・・・。’
と葛藤がはじまる。

ラストに世界貿易センタービルが映し出されるシーンは、監督のメッセージ?





アブナー目線で描かれているし、ミュンヘンオリンピックの事件は確かに
被害者なイスラエルだけど、報復することで、加害者にもなっている。
人を殺したことのない普通の人間がひとたび殺人に手を染め、そして訪れる
不安、苦悩、葛藤・・・
最後には報復は何の意味もない、そしてそれでは永遠に解決しないことに
気がつく。

この映画を観るまで、この事件のことも知らなかった自分。
世界中で、いまも同じようなことが起こっているのかなぁ・・・。
いろいろ考えさせられた。


そういえば、この当時の雰囲気?髪型や服装とかリアルでは知らないけど
懐かしい感じ。


参考文献:
『標的は11人―モサド暗殺チームの記録』
今は本名を変えて米国に住む、元暗殺隊長の告白に基づく凄絶な復讐の記録。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸めて | トップ | いまや »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-02-15 09:24:36
こんにちは♪

平和ボケの国に住み、民族的な問題も宗教的な問題も深く考えたことのない私たちに言う権利があるかどうかは分かりませんが、それでも「報復からは何も生まれない!」ということを強く言いたいですよね。

あの時代を覚えているものですが、髪型といい洋服といいまさにあの当時はああいうファッションでしたよ~(笑)
リアル (メビウス)
2006-02-15 20:29:51
こんばんわ♪TB有難うございました♪



残虐描写等が本当に生々しくてリアル。思わず顔をしかめてしまう箇所があったりとしますが、リアルに描く事で報復がもたらす悲劇性などを観客に強く訴えかけるようにしてるのでは?と自分は思ってしまいますね。
ミチさん (happy-clover)
2006-02-16 10:13:33
こんにちは。TB返し、コメントありがとうございます。



>平和ボケの国に住み

そうですよね、世界中にはまだほんの少年の頃から兵士となる子もいるのに・・・一般のただ平凡に暮らしたいだけの人間を犠牲にしてまで繰り返される報復。虚しいですよね。民族や宗教なども複雑に絡んで簡単には割切れないことかもしれませんが、平和の定義も考え方もそれぞれかもしれないけれど、でもやっぱり報復を繰り返しても解決はないですよね。



さりげに、食事とファッションでこの緊迫感から一時開放されました。

メビウスさん (happy-clover)
2006-02-16 10:36:22
こんにちは。TB返し、コメントありがとうございます。



>リアルに描く事で報復がもたらす悲劇性などを観客に強く訴えかけるようにしてる・・・

 ↑なるほど、おっしゃるとおりですね。対してアブナーが訓練をつんだプロじゃないところが、更にそれを浮き彫りにしてるようにも感じました。



本当に、いろいろ考えさせられる作品でした。

Unknown (Sis.C)
2006-03-15 00:12:45
こんばんは。遅まきながらTBさせていただきました。見ている時は夢中で160分もある作品だったとは気づきませんでした。でも見終わった後、どっと疲れが。それは長さなのか内容の重さなのかはわかりませんが。リアリティを感じる代わりに、逆に私は遠い国の出来事をテレビで見ている感覚がありました。怖いけど不思議な作品でした。
Sis.Cさん (happy-clover)
2006-03-16 10:26:10
こんにちは。

いつもありがとうございます。



>遠い国のニュースを新聞で読む・ニュースで見る感覚に近いのかもしれない・・・

あまりにも淡々と描かれていたので、でもそれが私には妙にリアルで、おかげであっという間の160分でした。でも、同じくどっと疲れました。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ミュンヘン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当
ミュンヘン (Akira\'s VOICE)
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
ミュンヘン (ネタバレ映画館)
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・
これで、真の平和を問う???? 「ミュンヘン」 (平気の平左)
評価:65点 ミュンヘン ネタバレあり 「宇宙戦争」のときに、コメント欄がすごいことになったので、あまりスピルバーグ作品を批判するのはよそう、と心に固く誓ったんですけど、相性が悪いのかなぁ・・・ 途中までかなりよかったのに、わかりきった主張をわざわざ主
ミュンヘン MUNICH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
監督・製作のスティーヴン・スピルバーグ エリック・バナ主演 ミュンヘン1972年9月5日早朝 オリンピック村で パレスチナ過激派組織「黒い9月」がイスラエル選手団11人を捕らえ パレスチナ人 234 名の解放を求めます そしてテロリスト達は ミュンヘン空港からエジプト・
ミュンヘン/ エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
とりあえず・・・長ッ!(笑) 2時間44分の社会派ヒューマンドラマにはスティーブン・スピルバーグ監督の並々ならぬ思い入れを感じます。長いんですけど、絶えず緊張感を漂わせ中だるみもほとんど感じられないのは流石といったところでしょうか。 +++ちょいあらすじ
「ミュンヘン」 (試写会帰りに)
中野ZEROホール「ミュンヘン」試写会。 1972年ミュンヘン・オリンピックで11人のアスリートが殺害された。深い悲しみの中、イスラエル政府が下した決断は報復だった……。史実に基づいた物語。スティーブン・スピルバーグ監督。 スピルバーグ監督の最高傑作と言われている事.
ミュンヘン (メルブロ)
ミュンヘン 上映時間 2時間44分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ジェフリー・ラッシュ  「シンドラーのリスト」「プレイベート・ライアン」でアカデミーをとったスピル
ミュンヘン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ 【公開日】
映画館「ミュンヘン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
★「ミュンヘン」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
ミュンヘン (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか
ミュンヘン (まったりでいこう~)
暗くそして重い内容で時間は3時間近くあったように思いますが、あまりその長さは感じませんでした。むしろ話自体に引き込まれ、気がつけば食い入るように観ていたという感じです。 もとになったこの事件のことを私は知りません。なので誰もが知るオリンピックの大会で、こん
「 ミュンヘン 」 (MoonDreamWorks)
 監督 : スティーブン・スピルバーグ 主演 :  エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ      マチュ-・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ公式HP:http://munich.jp/ 「 ミュンヘン 」  歴史の裏に隠された、1972年...
映画のご紹介(92) ミュンヘン (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集.
『ミュンヘン』★★★★・91点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『ミュンヘン』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;社会派ドラマ               配給;アスミック・エース  上映時間;2時間44分  PG-12 監督;スティーヴン・スピルバーグ 出演;エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ観..
■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) (太陽がくれた季節)
~「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^) →その1:ああ、トリノ五輪篇~僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら! →その3:ああ、名古屋篇~ストーンズ「名古屋公演」行くか行くまいか...は、(※後刻!)
映画「ミュンヘン」 (いもロックフェスティバル)
この映画の背景を知るには、パレスチナとイスラエルの歴史、ならびに(この映画には
「ミュンヘン」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。 パレ
Munich (ミュンヘン) (アリゾナ映画ログ)
2006年1月4日鑑賞 Tagline: The world was watching in 1972 as 11 Israeli athletes were murdered at the Munich Olympics. This is the story of what happened next. ストーリー 1972年9月にドイツのミュンヘン
ミュンヘン (まつさんの映画伝道師)
第365回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  スティーブン・スピルバーグ監督のバックグラウンドには「ユダヤ人社会」がある。  彼のこれまでの作品、例えば置いてけぼりを食って地球で迷子になる「E.T.」(1982)や.
映画「ミュンヘン」 (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ マチュー・カソヴィッツ 公式サイト ママの評価☆☆☆☆★(☆4つ) 昨日やっとやっと観て来ました。早く観たかったんですよね。 凄い話題だったし、、、、 「ト.
ミュンヘン (ブログ ド ガジュマル )
ミュンヘン 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、 パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。 イスラエルの機密情報機関(モサド)は、 報復の為に精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織し報復の準備をする。
「ミュンヘン」 (るるる的雑記帳)
「ミュンヘン」を観ました。 1972年ドイツ・ミュンヘンオリンピック選手村にパレスチナゲリラ「黒い九月」が侵入、イスラエル選手団11人を人質に取り、結果として全員犠牲になるという事件が起きた。これに対するイスラエル政府の回答は報復、「モサド」より5人の暗殺チ
ミュンヘン   -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac
MUNICH 「ミュンヘン」を見た! (Choco Break)
最近、思うように映画が見れない・・なかなか時間が割けなくて。見なくちゃ、と思った
映画「ミュンヘン」と映画「戦場のピアニスト」(1/2) (make myself just as hard)
映画「ミュンヘン」(Munich, 2005・米国) 映画「戦場のピアニスト」(The Pianist, 2002・仏独英ポーランド) スピルバーグ監督の最新作「ミュンヘン」(昨日より公開中)はさまざまな面から見てすばらしいと思うが1、その中でも際立つ点というのは、私がポランスキー
ミュンヘン 06年169本目 (猫姫じゃ)
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。 http://b ...
憎しみの渦 (藻、たくさんの日々。)
タイトルの表現が適切かわかりませんが… 昨日観た映画をレビューしてみましょう。 まず、「ミュンヘン」から。 黒い九月への報復作戦のメンバーに選ばれた主人公。 初めはためらいつつ、殺人を実行していきます。 ついには、自分もターゲットにされ ...