My Style

今日あった事、感じた事を自分の言葉で自然体で

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 パフューム ~ある人殺しの物語~ 』

2007-03-05 11:09:11 | entertainment
パフューム ~ある人殺しの物語~ 』をみた。

原作は、パトリック・ジュースキントの「香水 ある人殺しの物語」。
残念ながら原作は未読だけれど、予告編でみた知識のみで映画に臨む。


ものすごくリアルに美しい映像だった。詳しく知らないけれど、その当時の
パリの街並みや雰囲気が見事に表現されていて(最初の魚市場はきつかった)
“18世紀、パリは活気と悪臭に満ちていた。”の言葉通り、人々の行き交う
その景色は圧巻だった。
後に出会う調合師ジュゼッペ・バルディーニのお店の様子や、人々、、、


それから後半の舞台となるグラースのまち。ラベンダーの咲き乱れる景色に
うっとり。

そこへ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による音楽ときたら、豪華!
心なしか匂いを感じてしまった?
五感を研ぎ澄まして、見るべし?






いきなり暗闇からこの物語の主人公であるグルヌイユの鼻が映し出され、
それから囚われの身の彼に処刑判決が下される場面に、ちょっとひく。


が一転、舞台は1738年のパリのセーヌ河沿岸に並ぶ魚市場へ。
悪臭漂う魚市場の、しかも捨てられた魚のはらわたの上に産み落とされた
赤ん坊が、ジャン=バティスト・グルヌイユである。
超人的嗅覚を持ち、何キロ先の匂いをも嗅ぎ分けてしまう。


すぐ育児所に引き取られた彼だが、誰からも愛される事なく、逆に育児所の
子ども達は超人的な嗅覚を持つ彼の存在を普通とは違うと感じ取り、疎まれる。

そして、13歳になったとき皮なめし職人に売られる。
普通なら5年が寿命のこの劣悪な環境で、彼は1日15~16時間、毎日休まず
ただ黙々と働き続けた。

青年にと成長した彼は、ついに勝利を手にする。
それは、パリの街中へ配達を命じられる=遂に別世界への扉が開いたのだ。



そこで、今まで嗅いだ事の無い匂い・香りを彼は貪欲に味わう。
このときの彼の表情に、自分も香りを追ってしまった。。。

そして、運命の香りとの出会い。
夢中で追いかけたその香りの先には、プラム売りの赤毛の美しい少女が。

グルヌイユにとって、生まれてはじめて感じる幸せだったのかも。
でも、誤って彼女を殺してしまう。

以降、少女の香りを再現したいがために彼の究極の香水創りがはじまった。





次々と若い女性を殺めていくのだけれど、不思議とあまり恐怖感なくみれた。
それは、彼があまりにも純粋にその香りを求めている姿のせいかもしれない。
しかも、背景に美しい風景、さらに殺された少女達の美しいこと。

今まで人間として扱われる事なく、劣悪な環境の中ただただ働き続けた彼の
たったひとつの至福。
変態だとか、殺人鬼というには、彼の目が無垢すぎて・・・

     

その後の展開は、おどろき  
だけど、なんとも不思議で官能的なラスト。








それにしても、彼は「座敷わらし」の様な性質も持っていたのか・・・

母に産み落とされて、すぐ捨てられ、そのことで母は絞首台へ。
その後引き取られた育児所から売られた直後、マダム・ガイヤールは殺され、
皮なめし職人グリマルもまた、香水調合師バルディーニに彼を売ったとたん
帰らぬ人に、でもって彼に100の香水レシピを書かせてグラースへ旅立たせた
その日、やはりバルディーニも2度と目覚めることはなかった。。。

う~ん、ある意味、こっちのほうが怖いような???










『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うらら | トップ | 『 ゴーストライダー 』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2007-03-06 09:06:05
TBさせて頂きました^^・
私は原作を読んでから映画を観ました。
とにかく不気味で居心地のわるい話ですが、原作のイメージを崩すことなく、よりリアルに映像化してあったと思います。
主役のベンの演技が見事でしたね。
これから彼のどの映画を観ても『あっグルヌイユだ。。。』と思ってしまいそうです(笑)
TBありがとうございました (ミチ)
2007-03-06 09:13:09
こんにちは♪
グルヌイユに関わったなめし皮職人の親方や調合師が不慮の死を迎えるのは、ちょっとブラックな面白みがありました。
「殺人」しているという意識さえなかったであろう彼の瞳は無垢でしたね~。
由香さん (happy-clover)
2007-03-06 23:54:04
こんにちは^^TB&コメント、ありがとうございます♪

先に原作を読まれたのですね~。私はこれから読んでみますね。

由香さんのブログでは小説と映画の比較も書いてくださってあって
ふむふむ、と読み入ってしまいました☆


仰るとおり、ベン・ウィショーとても良かったです。
本当に今後彼をみたら、ベンじゃなく“グルヌイユの人”になってしまいそうです。それくらい強烈な印象でしたね。


ミチさん (happy-clover)
2007-03-07 00:04:16
こんにちは^^
コメント&TB返し、ありがとうございます☆

彼に関わった人間は、最初の母親から・・・彼を手放す時=まさに不慮の死でしたね。
どこか生い立ちから異質のものを感じてしまいます。

逆に少女たちを次々と手にかけることに、仰るように「殺人」しているという意識さえなかったと思いました。あまりにも純粋に見えてしまいました。

観たい~!! (ma)
2007-03-07 14:06:17
この映画、実家に居た時頻繁にCM見て、是非とも映画館に!!と思ってたのですが、今は・・・
レンタルされるの待つしかないなーーー。。
でもhappy-cloverさんのレビュー読んで、観たつもりになれました
ありがとうございますっ!!
maさん (happy-clover)
2007-03-09 08:46:55
こんにちは~

私の映画の感想は、ネタバレばかりで、ごめんなさい。

「香り」というものを、映像で表現しようと言う試みがスゴイと思います。
“世界がひれ伏す香り”は、想像つきませんでしたが^^;

観る人によっては、ビミョ~と感じる方もいるような・・・
私は、あの世界観に入り込んでしまいました。。。


レンタル開始時にはぜひぜひ~

あわせて読む

関連するみんなの記事

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『パフューム ~ある人殺しの物語~』 (Sweet* Days)
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女...
『パフューム~ある人殺しの物語~』 (試写会帰りに)
前日の夜から映画を観る直前まで原作小説『香水―ある人殺しの物語』 を読んでいたので、映画『パフューム~ある人殺しの物語~』で使われるナレーションは勿論、セリフはほとんど原作文章のままというのがよくわかりました。 ただ映画を観る前には、グルヌイユがある香り...
パフューム (シャーロットの涙)
東京国際シネシティフェスティバルにて…
『パフューム ある人殺しの物語』 (ラムの大通り)
(原題:Das Parfum : Die Geschiche eines) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、スゴい評判だよね。 確か「衝撃のラスト!」とか言われているんでしょ? ...
圧巻! 「パフューム-ある人殺しの物語-」 (平気の平左)
評価:80点
映画~パフューム ある人殺しの物語 (きららのきらきら生活)
 「パフューム」公式サイト東京フィルハーモニーの生演奏つき試写会でした♪普段クラシックコンサートに縁のない私にとってはすごい恵まれた機会☆うっとり~。演奏にあわせてバッグに映像が流れる、、、という演出はとっても良かったです!そしてゲストはなぜか昨日結婚...
『パフューム』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 -ある人殺しの物語- スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作は、45ヶ国語に翻訳され全世界で 1500万部以上の売り上げを記録 世界...
「パフューム ある人殺しの物語」 Perfume: The Story of a Murder (俺の明日はどっちだ)
「香り」というよりまさに悪臭に満ちた18世紀のパリの中でもひと際汚臭漂う魚市場の屋台で産み落とされた主人公。 映画“ STONED ”でキース・リチャーズに扮していたベン・ウィショー演じるこの生まれながらに驚異的嗅覚を持ち、一切の体臭を持たない男、そんな彼とかか...
パフューム/ある人殺しの物語 (Akira's VOICE)
血の流れない「ハンニバル」  香りの生存証明。
パフューム ~ある人殺しの物語~ (そーれりぽーと)
タイトルと予告編から、上品で美しい映像と殺人鬼の対比が面白そうと期待して『パフューム ~ある人殺しの物語~』を観てきました。 ★★★ 私達には嗅げない(見えない)匂いの世界が彼の周りには存在している。 描けないはずの“香り”が映像を通して描かれているとこ...
パフューム ある人殺しの物語 (It's a Wonderful Life)
犬の嗅覚はやっぱりスゴイよ・・・。あれ? そんなテーマの話じゃなかったでしたっけ?失礼しました。 数か月前からかなりオシャレ映画イメージのポスターを 見かけてましたが、実際観てみると・・なるほど映像も重厚で ダスティン・ホフマンも出ているし、 音楽...
パフューム ある人殺しの物語 (悠雅的生活)
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
パフューム ある人殺しの物語 (悠雅的生活)
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
パフューム ある人殺しの物語 (悠雅的生活)
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
パフューム ある人殺しの物語 (悠雅的生活)
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
「パフューム ある人殺しの物語」 (てんびんthe LIFE)
「パフューム ある人殺しの物語」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 これがウワサの…、衝撃、衝撃、衝撃。たしかにすごい作品でした。グロい映像と相対して柔らかな光の加減、騙され続けるようにうまく書かれた脚本とその意外なストーリー。役者たちの飄々と...
「パフューム ある人殺しの物語」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「パフューム ある人殺しの物語」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン、他 *監督:トム・ティクヴァ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブロ...
パフューム ある人殺しの物語 (Good job M)
公開日 2007/3/3監督・脚本:トム・ティクヴァ出演:ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン 他【あらすじ】舞台は18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子供が産み捨てられる。名をジャン=バティスト・グルヌイ....
パフューム ある人殺しの物語 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名を...
映画「パフューム ある人殺しの物語」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「パフューム ある人殺しの物語」 1500万部の売上げを記録したパトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。 1783年、パリの魚市場で産み落とされた赤ん坊ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は驚異的な嗅覚を持っていた。青年...
パフューム ある人殺しの物語 (八ちゃんの日常空間)
Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんですよ...
パフューム ある人殺しの物語 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。ある時偶然出会った...
750人の全裸男女が絡み合う、パフュームのテレビCM (ネット社会、その光と闇を追うー)
750人もの全裸男女が一斉に睦み合うテレビCMが話題を集めて
パフューム ある人殺しの物語 (とんとん亭)
「パフューム ある人殺しの物語」 2007年 独/仏/米 ★★★☆☆ 18世紀のフランス。 人並みはずれた、嗅覚を持った孤児の男がいた。1738年 実の母親には、産み落とされた直後殺される寸でのところを助けられた のだが孤児を(母親は絞首刑)、...
パフューム ~ある人殺しの物語~ 2007-10 (観たよ~ん~)
「パフューム ~ある人殺しの物語~」を観てきました~♪ 18世紀のパリ、悪臭立ち込める魚市場で一人の子供が産み落とされた。その子の名は、ジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、驚異的な嗅覚を持ったグルヌイユは、ある日芳しい香りを持つ女性を誤...
パフューム ある人殺しの物語(ドイツ/フランス/スペイン) (映画でココロの筋トレ)
人殺し…物騒だなぁ。とビビリながらも「観てよかった」という感想が多いので観ることにしたよ。 ということで「パヒューム ある人殺しの物語」 ( → 公式HP ) 出演:フリオ・フェルナンデス 、アンディ・グロッシュ 、サミュエル・ハディダ 、マヌエル・...
パフューム ある人殺しの物語 (Diarydiary!)
《パフューム ある人殺しの物語》 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画
パフューム (PLANET OF THE BLUE)
鼻よすぎ。 監督:脚本:音楽  トム・ティクヴァ 出演  ベン・ウィショー  アラン・リックマン  ダスティン・ホフマン 他 見る前は不安でした。ただのキワモノじゃないかって。 上手く作られてて、面白かったですね。 「ハンニバル ライジング...
映画:パフューム ある人殺しの物語 プレミア試写会 (駒吉の日記)
パフューム ある人殺しの物語 オーケストラ生演奏付プレミア試写会(NHKホール) 「香水と音楽は似ている」 ■東京フィルの生演奏とイベント(?) 司会は坂上ミキさん、映画の映像をバックに東京フィルの生演奏(3曲)ありました。スローで不安感を煽るような切...
パフューム ある人殺しの物語 (自分を信じて生き抜くだけ)
*ネタバレ注意(一応)  (然しながらにあの予告を創った人間のセンスを疑う)      映像美を増幅させる音楽に酔う。  予告で使われているあの曲にさえも引き込まれてしまう。  匂いと臭いの違いを本当に実感させられた。    孤独で哀れな男の、究極の純...
パフューム -ある人殺しの物語-◆愛の異端者の罪と罰 (好きな映画だけ見ていたい)
    「パフューム -ある人殺しの物語-」 (2006年・ドイツ)   監督・共同脚本・音楽: トム・ティクヴァ   共同脚本: ベルント・アイヒンガー/アンドリュー・バーキン   出演: ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド       アラン・リックマン/ダ...
パフューム/ある人殺しの物語(*_*;その香りに、世界はひれ伏す。 (銅版画制作の日々)
世界がひれ伏す香りとは?MOVX京都にて鑑賞、18世紀のフランスが舞台。類稀なる才能を持つひとりの孤児がいた。彼の名はジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、何キロ先の匂いを嗅ぎ分けるという驚異の嗅覚彼の出生も凄いものがある。パリの魚市場で産み落...
映画「パフューム ある人殺しの物語」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年17本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督作品。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。映...
パフューム ある人殺しの物語 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  匂いをまとわぬ、香りの天才  
パフューム -ある人殺しの物語- (花ごよみ)
「その香りに、世界はひれ伏す」 パトリック・ジェースキントの 幻のベストセラー小説の映画化。 主役はベン・ウィショー、 脇を固めるのはアラン・リックマン、 ダスティン・ホフマン。 舞台は18世紀のパリ。  悪臭いっぱいの魚市場で  産み捨てられたグルヌイ...
【劇場映画】 パフューム ~ある人殺しの物語~ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめて...
パフューム ある人殺しの物語 (小部屋日記)
Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン・リックマン /レイチェル・ハード=ウッド /アンドレス・エレーラ /サイモン・チャンドラー /デヴ...
パフューム ある人殺しの物語(映画館) (ひるめし。)
その香りに世界はひれ伏す。
『パフューム-ある人殺しの物語-』 (となりのケイコさん)
 期待作! 以前、小説を読んだので詳しい内容はそちらで。 小説どおりの箇所もあれば、「あれ?こんなシーンはなかったな。」と 思ったり・・でも変えちゃいけないグルヌイユの人格、香りへの執着ぶりは 表現できていたと思います。 映画にしては時間が長かったですけ...
★「パフューム ある人殺しの物語」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受けられないから、結局出費は一緒なんだけど)。
パフューム/ある人殺しの物語 (eclipse的な独り言)
 多分映画とは全く関係のないこと書くと思います。
パフューム ある人殺しの物語 (C'est Joli)
パフューム ある人殺しの物語'06:ドイツ/フランス/スペイン ◆監督:トム・ティクヴァ「ラン・ローラ・ラン」◆出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラー 、...
パフューム ある人殺しの物語 (スーパーヅカン)
製作年度 2006年 製作国 ドイツ/フランス/スペイン 上映時間 147分 監督 トム・ティクヴァ 出演 ベン・ウィショー 、ダスティン・ホフマン 、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラー
パフューム/ある人殺しの物語 (ray’s home)
 映画「パフューム」を見ました。原作は世界的ベストセラーだそうです。※ネタバレビューです※↓↓↓  どうにも解せないのは、やはりラストの「なんじゃこりゃあーーー」的どんでん返しでしょうか。  類いまれな嗅覚という天賦の才能を持つ主人公、グルヌイユ。...
パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残...
「パフューム ある人殺しの物語」 生理的に受けつけなかった (はらやんの映画徒然草)
井上夢人さんの小説で「オルファクトグラム」という作品があります。 視覚の代わりに
真・映画日記『パフューム』 (CHEAP THRILL)
3月6日(火) またしても、朝、日記の更新ができなかった。 ちょっとした手違いで書いていた文を消してしまった。 精神的にダーメジをくう。 仕事はこの日もスムーズに。 寒さがやわらいできた分、いくらかやりやすい。 午後6時前に終業。 神谷町駅から...
映画DVD「パヒューム(Perfume)」 (時評親爺)
さて今日のお題は映画DVDで「パフューム-ある人殺しの物語-」である。ん~、これ「PG-12」指定になっているようなのだが、ちと甘い?ような気がしないでもない(苦笑)。過激な性描写や惨殺シーンはないのだけれども、どちらかと言えば「R-15」あたりでも良...
パフューム ある人殺しの物語 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
匂いフェチにはたまらない???最高級の香水を作るのに普通ココまでするぅ?                 評価:★6点(満点10点) 2006年 147min 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー ダステ...
映画評:パフューム ある人殺しの物語 (映画と写真のブログ)
18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユが生まれたのは、そんな中でも悪臭のきつい、魚市場だった。...