北京暮らしを始めてみれば ふたたび

2012年1月から再び北京生活が始まりました。(前回は2003.1~2006.1)
北京の毎日をつづります。

楽しい船旅・・・前後のわちゃわちゃ話

2017-08-10 19:55:00 | 日本一時帰国 飛鳥Ⅱ東北クルーズ

8月3日から9日まで、クルーズ船飛鳥Ⅱに乗って東北地方のお祭りを楽しんできました。

早速そのお話を書きたいところですが、まずはその前後のフライトわちゃわちゃ一部始終を・・・。

 

 

以前も書きましたが、北京空港はちょっと雨とか雷の気配がするだけですぐにフライトが大幅に乱れやがるんです。天気は仕方ないとして、そこを何とかしようという気がま~ったく感じられないこの国の空港。

 

 

・・・で、8月3日の出発前。 肝心の天気はと言いますと。

 

 

 

 

雨・・・。

でもでも、小雨やったらなんとかなるやろ!

 

 

 

 

と思ったのは甘かった。 

前日 8月2日。

 

 

 

 

え・・・? 雷???

 

いや、でもね。

雷マークついてるけど、実際の北京はうっすら青空が見えてるんですよ。  

これやったら大丈夫でしょ。

 

 

 

 

 

・・・大丈夫じゃありませんでした。

 

 

 

前日の8月2日の日本→北京のフライトは昼間の時点ですでにぐちゃぐちゃ、大遅延。

日本から来る飛行機が遅延ということは、その機材を使って飛ぶ翌日のフライトにまで影響してくるということです。

何度かANAに電話して夜10:00の時点では「予定通り」とのことだったので、翌日に備えてとりあえず寝ることに。

 

 

 

 

そして、8月3日 朝4:30。

起きてメールをチェックしたところ、目に飛び込んできたのは。

 

 

 

 

 

私たちの便が大幅に遅れるという、ANAからの残念メール。

 

 

 

・・・さて。 どうする!?

 

 

 

私たちのこの日の予定は、

北京 → 羽田 → 横浜港で乗船

なので 16:00には横浜港に到着しなければいけないのですが。

 

 

 

・・・無理やん。 私たちのフライト、16:55羽田着とか言うてるやん。

 

 

 

 

 

 

これはもう、残された選択肢はひとつ・・・   

 

 

別の飛行機に変更するしかないでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

中国国際航空 北京→羽田便。

朝5:00、ギリギリになってこの便のチケットをゲット!!!!!

 

 

 

 

これがちゃんと飛んでくれたら、乗船に間に合う! 

搭乗も済ませ、あとは機内で離陸を待つばかり。

 

頼む! 頼むから早く飛んでくれ!!!

 

 

 

 

 

と、その時。

 

 

 

 

しゅぅぅぅぅ~・・・・・。

 

 

 

 

不思議な音とともに、機内の灯りがなぜか暗~くダウン????

 

 

 

 

なぜ? ナニゴト!?

 

 

 

 

どうやら、機内に入ったものの飛行機を降りたいという客が出たらしく、改めてそいつを下ろしたりそいつの荷物を下ろしたりするらしい。

 

 

 

 

 

この期に及んで、なんで今降りたがるねんっ!!!!!

 

 

 

 

 

・・・とまぁ、あんなわちゃわちゃ、こんなわちゃわちゃを乗り越えて。

 

 

 

 

若干の遅れはあったものの無事羽田に到着し。

 

 

 

 

船、乗れました!

 

船の上のおしゃれな皆様は余裕のウキウキモード。

一方私たちは・・・。

 

 

 

この時点で既に疲労困憊。

 

 

 

 

ちなみに。

 

 

 

 

当初予定していたANA便は、結局夕方6時前の到着。

 

 

 

また、代替候補として考えたJAL便は。

 

 

 

なんと、夜の8時! 7時間遅れ・・・。

 

 

 

結局この日、予定通りに着いたのは、私たちが乗った中国国際航空の便だけだったのでした。 ひょぇぇぇぇ・・・。

 

 

 

≪教訓≫ 船に乗るときは前泊必須!!!

 

 

 

・・・と、これだけで終わったらよかったのですが、実は帰りの便もわちゃわちゃがありまして。

 

 

 

 

 

8月9日。

台風の影響も受けず、無事横浜に到着。

 

 

 

 

下船して成田空港へ向かいます。

 

 

 

18:20離陸予定のANA便。

なにやらまたもや北京で雷だとかで、遅延に次ぐ遅延の結果・・・。

 

 

 

 

4時間遅れ。 着いたの真夜中。

 

 

 

更に。

 

 

 

 

入国審査のとっろいこと!!!!!

夜中だから担当も少ない上に、ほんま、やる気あるんかという怠慢作業。

更にさらに、なぜか入国を受け入れてもらえないインド人とのやりとりがず~っと続き、一向に進まない外国人専用のレーン。

 

 

 

 

 

 

荷物のレーンに到着したのは午前2:15。

家に着いたのは午前3:00前でした。 とほほ。

 

 

 

他の便も当然ぐちゃぐちゃらしく、成田発北京行の便の中には。

 

 

 

 

上海で一泊・・・というものもあったらしい。 最悪や。

 

 

 

この日の天気。

北京の友人に確認したところそれほど雷がひどかったわけでもなく、あれでフライトが影響されるなんてびっくりやな~みたいな反応。

 

 

 

 

ANAからは遅延ということで、成田空港飲食店で使えるお食事代が提供されたり、北京に着いた時には空港からの移動代として一人100元が配られたり、航空会社もほんま気の毒。

 

 

 

というわけで、船の上は順調でしたが、前後のフライトはわちゃわちゃやった・・・というお話でした。

 

 

 

もしこれが初めての北京空港だったら、「二度とこの空港利用するかい!」という気持ちになったかも・・・。

 

 

 

≪おまけ≫

わちゃわちゃついでに残念ネタを。

午前3:00。 ふらふらでマンションについた私たちが見たものは。

 

 

 

なんじゃ、こりゃ・・・?

 

主寝室横の壁の修理をお願いしていたのですが、留守中に完了しなかったらしく、絶賛工事中!状態だったのでした。

 

 

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 船の旅 続行中 | トップ | 飛鳥Ⅱに乗って東北のお祭りへ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あめぶら)
2017-08-11 08:04:43
お・・・お・・・お疲れ様でした(滝汗)

おお、あの飛鳥に乗ったんだ~~~♪
と、自分が乗ったわけでもないのにウキウキしましたが。
乗る前と乗ったあとが大変でしたね(汗)

ひとり100元・・・日本円だといくらぐらい?
20年ぐらい前、1元=39円ぐらい、とか聞いた記憶があるけど。
いくらなんでも、今はもっと安い・・・ですよね・・・?
Unknown (うめ吉)
2017-08-12 14:27:44
大変でしたね・・・お疲れ様です!!

8月9日、大さん橋到着だったのね~
10日だったら大さん橋勤務だったので
会えたかもね~
あっ!!勤め先の会社が大さん橋にも
お店オープンしたのよ~

飛鳥の旅レポ楽しみにしてます~^^
Unknown (ばいなりい)
2017-08-13 09:42:34
素晴らしい! 安全快適で当たり前といった風潮の今日、トラベル=トラブルが日常的に体験できる中国という国は、やはり偉大な国であります。
昔、北京のホテルで浴室の天井が降ってきたり、広東でガイドに案内された病院にて電気気功なるインチキ手品を見せつけられた挙句「この薬効くから買うアル」「いらん」の攻防を延々と続けたり、泰山でガイドが来なかったり、色々ありましたが今ではいい思い出です。


コメント有難うございます! (かっちゃん)
2017-08-13 20:23:58
あめぶらさん

毎度毎度、私の旅行は読むだけで疲れる部分がありまして・・・(笑)
でもなんとか無事乗船できて、そして北京に戻ってこられてよかったです!

ひとり100元だと今なら1600円くらいでしょうか? 空港からのタクシー代くらいって感じかなぁ。
コメント有難うございます! (かっちゃん)
2017-08-13 20:27:01
うめ吉さん

わぁ~! 一日違いだったら本当に近くだったのですね!
あ、でも何かとわちゃわちゃしている私たちの旅なので、ゆっくり横浜を楽しめず空港へ直行!って感じかも・・・(笑)

飛鳥の旅は想像以上に楽しいものでした。予備知識がほとんどなく乗ったから余計かも・・・。
ただ、朝から晩まで食べてばかり。危険です(笑)
コメント有難うございます! (かっちゃん)
2017-08-13 20:29:10
ばいなりいさん

天候は仕方がないとしても、それに付随するトラブルを最小限に抑える努力はしてほしい・・・と思いますね~。私たちが北京に戻った後も2~3日は雷が多く、フライトはぐちゃぐちゃでした。

ばいなりいさんも色々中国でご経験されているのですね。電気気功・・・なんだか面白そう(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む