北京暮らしを始めてみれば ふたたび

2012年1月から再び北京生活が始まりました。(前回は2003.1~2006.1)
北京の毎日をつづります。

クリスマス そっと乾杯!

2016-12-24 22:53:43 | 北京暮らし いろいろ

クリスマスイブ。

 

 

マンションのロビーにも、ど~んとクリスマスツリー。

 

 

 

北京の友人(40代)によると、「クリスマスは若いもんのやるこっちゃ!」とのことですが。

 

 

 

毎年マンションは美しくデコレーションされ。

 

 

 

 

 

 

街中にはルイ・ヴィトンの氷のツリー。

 

 

10数年前と比べて、なんとこじゃれてきている北京よ!

色々むかつくことはあるけれど、堅苦しい一方で、新しいものを受け入れる自由さ、従来の文化と融合できる柔軟さが、この国の変化の速さの土台になっている気がします。

 

 

 

 

マンションから毎年届けられるポインセチア。

 

 

 

 

 

 

12月早々に送ったクリスマスカードが、なんとかギリギリクリスマスに届いた・・・と実家から連絡をもらって一安心。

(中国の郵便事情については、10数年前と変わらず、とほほ・・・)

 

 

 

と、そんな、静かなクリスマスイブの朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

この、ガラスのサンタさんを。

 

 

 

 

つい・・・

 

 

 

うっかり・・・・・・

 

 

 

 

落としてしまいました。え~~~~~ん!

 

 

 

 

 

サンタ。 ぼろぼろ。 全身複雑骨折状態。

 

 

 

 

 

緊急オペ中。

 

 

 

 

以前友人からもらったかわいいサンタさん。

新しいものを買うこともできるけど、ある程度まだ形が残っている以上、なんとかしたい!!!

 

 

 

 

 

というわけで、オペ、続行。

 

 

 

 

当初、頭やら各パーツがばらっばらになってしまったガラスサンタさん。

ですが、懸命のオペの結果。

 

 

 

 

 

なんとか、峠を越えました。

 

 

 

首の後ろの線が痛々しいし・・・。

 

 

 

 

若干腕のラインがいびつですが、我が家のガラスサンタさん。

今年も無事、トイレの前で泥酔状態です!

 

 

 

 

 

で、クリスマスということで、今日のキャンドルはフェスティブカクテル。

 

 

 

 

 

 

とにかくキャンドルが好きなので、我が家のクリスマススペースはキャンドルだらけ・・・。

 

 

 

 

 

こちらも。

写真前方はキャンドル含め、旅好きの友人からの贈り物ばかり。

ドイツ、ハンガリー、トルコ、オーストラリア・・・。 世界のあちこちからの空気をまとって、我が家のクリスマススペースを盛り上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

おさかなチェアーも、冬支度であったかく。

 

 

 

 

さて。

クリスマスなのでどこかでお食事・・・とも考えたのですが、結局。

 

 

 

 

 

おうちでかんぱい! 

 

 

 

 

 

そうです。

我が家にはこれがあれば良いのです。

(ケーキとか、なし(^_^;))

 

 

 

 

 

クリスマスをこうして静かに過ごせることに感謝です。

 

 

 

 

 

すべての方に、すべてのいきものに、温かいクリスマスが訪れますように・・・。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青空広がる冬の日は、地ビー... | トップ | ふわふわ子猫がいる四合院猫... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む