北京暮らしを始めてみれば ふたたび

2012年1月から再び北京生活が始まりました。(前回は2003.1~2006.1)
北京の毎日をつづります。

久しぶりの春餅もぐもぐ! やっぱり美味しい人気店!

2017-06-14 21:36:02 | 北京暮らし もぐもぐ編 中華

先日。

 

久しぶりにこちらのお店へ。

春餅家常菜

東四南大街礼士胡同159号

 

 

春餅という薄い皮に色々おかずを包んでいただくローカルフード。

店名にど~~ん!と“春餅”とついていますが、それ以外のメニューもいろいろ。

 

 

 

ボケボケですが、“皮凍(ぴーどん)”。

にこごりのような一品。

 

 

 

 

春餅がきました!

ネギ&醤(ジャン) 醤はみりんでも入ってるかのような甘み。

 

 

 

 

たまごの帽子をかぶったこちら。 中にはニラやもやしのシンプルな炒め物。

 

 

 

 

春雨、白菜、豚肉の酸味がきいた炒め物。こちらも定番!

 

 

たまに食べたくなる春餅。もぐもぐ!うまうま!

・・・ですが、周りを見ると、春餅ではなくご飯と一緒に食べてる人も。

 

 

 

 

・・・にしても、この店のお客さんはローカルの人が多いので、これまた声が大きい!

くしゃみなんかした日にゃ~、日本人3~4人が一気にくしゃみしたんかと思うくらいのイキオイ。

 

 

 

・・・ほんま。なんで皆さんこんなに声が大きいのデスカ?(←素朴な疑問)

 

 

 

さてさて。

春餅でお腹いっぱいになったにもかかわらず次に向かった先は。

 

 

 

 

こんなとこ。

 

 

 

 

ぐびぐび。

続きはまた今度。

 

 

 

ところで。

今回は友人と2人で春餅を食べたのですが、やっぱり2人で中華というのはボリューム的に厳しい。 食べきれない!

店内には「ムダ!厳禁!」みたいな貼り紙がど~んとあったので、せめてもの誠意を見せよう・・・と、一品を打包(だ~ばお:テイクアウトのこと)したのですが。

 

 

 

初夏の北京。

それをぶら下げて胡同(古い街並み)をてくてく歩く私たち。

家に帰るまでにまだ数時間。

 

 

果たしてこの気温の下、大丈夫やろか???

 

 

 

と、その時。

路上に座ってご飯食べてるおっちゃん2人! 

見たところ、このあたりにお住まいのようで、ご自宅の前で小物を売りつつお昼ごはん中という雰囲気。

 

なんとな~く目があったおっちゃんと私たち。

そこで、おずおずと近づき、思い切って・・・。

 

 

 

「これ、さっきお昼ごはんのお店で食べきれなかったのをお持ち帰りにしたのだけど、もしよかったら食べませんか? 私たちおなかいっぱいなので・・・もごもご、もごもご」

 

 

怒られたり嫌な反応やったらどうしよう~・・・とドキドキしつつ、おっちゃんの顔を見ると。

 

 

 

 

 

「うんうん」

微笑んで受け取ってくださいました!

 

 

良かった~。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賑やかすぎる地ビールBAR... | トップ | アートに触れつつ、まったり... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あめぶら)
2017-06-15 03:30:02
中国やイタリアでは、数人で連れ立って店に入るべし。
と聞いたことがありますが・・・やっぱり(汗)
ふたりじゃ~無理なのね・・・。

おじさんたちが受け取ってくれてよかった~~~(笑)
コメント有難うございます! (かっちゃん)
2017-06-16 21:39:57
あめぶらさん

ここ数年、おひとりさまでも気軽に入れるお店が増えてきたので一人行動が多い私には有難いことなのですが、それでもやっぱり中国のローカルフードは人数が集まった方がいいですね~。

おじさん達がにっこりと受け取ってくれた瞬間はほんとにほっとしたのと同時に嬉しかったです!

コメントを投稿

北京暮らし もぐもぐ編 中華」カテゴリの最新記事