北京暮らしを始めてみれば ふたたび

2012年1月から再び北京生活が始まりました。(前回は2003.1~2006.1)
北京の毎日をつづります。

大連旅その6 旧日本人街ぶらぶら、そして海辺へ

2016-10-10 20:55:17 | 中国国内旅行 2016.9 大連

カナダ旅行のおはなしを書きたいところですが、その前に先月の大連旅の続きを。

 

 

大連には街のあちこちに“旧日本人街”と呼ばれる場所があります。

 

 

 

 

日本統治時代の日本住居などが今も使われていて、どことなく昭和の住宅の雰囲気が残っています。

 

 

 

 

このエリアで、わんこ、発見!!!

おっちゃんの声を無視して、ソーセージくわえてすたこら退散!

 

 

 

 

細い路地には、あっかんべ~!のにゃんこ。

 

 

 

 

ビルが立ち並ぶエリアよりもより一層、人々の生活の息遣いを感じることができました。

 

 

 

 

さて、これは???

 

 

 

 

 

『大連現代博物館』

 

大連の歴史を紹介した博物館には。

 

 

 

 

当時の街の様子が。

 

普段、こういうジオラマは熱心に見ないのですが、今回はちょっと違いました。

実は戦時中、祖父母は大連で暮らしていたそうです。

今回の大連旅、街を歩いていても、もしかしたら同じ道を祖父母も歩いたかもしれない、同じ光景を目にしたかもしれない・・・と思うと、何とも言えない感情が押し寄せてきたのでした。

 

 

 

 

さて。

大連は海に近いので。

 

 

 

 

 

 

人々の憩いのビーチ!

ま、泳いでる人はほんの少しでしたが。

 

 

 

そんなビーチのそばでも。

 

 

 

 

ひとりカラオケおばちゃん。 スピーカー付き。

 

 

 

中国、やることはどこでも一緒やな・・・。

 

 

 

 

こ~んな長いソフトクリームを片手に、北京では見られない海をぼんやり眺めながらぶらぶら散歩。

1泊2日の大連旅はこうして終了。

 

時間の関係で行けなかった場所もあるので、是非とも大連旅第二弾!を決行したいと思います!!!

 

 

 

 

ところで、このソフトクリーム。

ここの名物なのか、看板に堂々と”30cm以上ある超ロングソフト~!”とアピールしているお店が点々と。

 

そのうちの一つのお店の前では・・・。

 

 

 

 

めっちゃ小さいソフトクリームを渡されて困惑してる女の子たち。

 

看板に偽りあり!とツッコむのもあほらしいほど、超ミニソフトをふてぶてしく手渡す店のおばはんだったのでした。

 

 

 

おしまい。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北京はもう・・・冬!? | トップ | カナダ旅その1 北京→羽田→... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む