威哥王:http://www.威哥王通販.com/

http://www.chinakanpo.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝鮮人の伝統芸

2017-01-04 16:25:49 | エンタメ
支那・朝鮮は太古の昔から強いものには諂い、
中国精力剤
一旦弱みを見せた途端噛み付くという伝統的民族性のある文化でした。

ここから「水に堕ちた犬は徹底的に叩け」という言葉が生まれたのです。
 
 
チェ・スンシルが肩で風を切っていた頃は誰も怖くて逆らえなかったものの、

一旦落ち目になったらこの有様。

それは過去100年間で日本も嫌というほど体験し、学習したのではありませんか?

1910年、大日本帝国の朝鮮併合という温情に、

滅亡しかかっていた朝鮮は救われたんじゃありませんか?
媚薬
それから36年間、彼らは日本と日本人に不愉快なほど諂ってきましたね。

創氏改名で日本名を名乗れるようになり、彼らはどうしましたか?

支那大陸で支那人を大っぴらに差別・侮辱し始めたのですよ。

まさに虎の威を借る狐の姿ですね。

ところが大東亜戦争で日本が敗戦した途端、牙をむきましたね。

戦後もそうでしょう、アメリカという虎の威を借りて、

彼らがベトナムで繰り広げた阿鼻叫喚は何でしたか?
 
 
所詮、そんなレベルの民度なんですよ、昔っからね。

チョン・ユラに対する逮捕状も、

朝鮮人の「恨」のDNAがさせている「伝統芸能」の一つに過ぎないんですな。
巨根カプセル
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩手・岩泉町被災者にまき贈呈 | トップ | 新元号、来年半ばに発表も »

エンタメ」カテゴリの最新記事