DVD-BOX 完全版

水曜どうでしょう 新作 2013

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『水曜どうでしょう』藤やん「大泉洋との関係」

2013-08-12 11:47:32 | 日記
 北海道ローカルバラエティーで放送された番組『水曜どうでしょう』、レギュラー放送終わったから10年も経ったが、現在その番組のDVDや関連グッズが売れています、全国区に大人気の『水曜どうでしょう 新作』。
 『水曜どうでしょう』人気の秘密は、国内外問わず旅の途中で行われる様々な企画の面白さもさることながら、番組ディレクター陣が出演者の鈴井貴之と大泉洋というタレントを相手に、ときには腹を割って繰り広げる男同士の「人間模様」や「友情」が垣間見られることにあります。言うなれば「ふわーっとしたコミュニティー形成」というか、なるべく相手に踏み込まない。これはやはり「相手の個人情報にいきなり踏み入るのはよくない」という最近の社会の風潮から来るものだと思うんですよ。
  職場でもプライベートでも対人関係が希薄になりつつあるいま。『水曜どうでしょう』の生みの親である“藤やん”こと藤村忠寿氏が、人付き合いの極意を伝授しています。そういう関係性を番組であからさまに出しているため、見ている人たちは「仲が良くてうらやましい」「楽しそう」と言います。でも、私たちの関係性は、単に「楽しい」というだけのものではありません。『水曜どうでしょう』という番組は、タレントの大泉洋、鈴井貴之とディレクターである私と嬉野雅道の4人でやっています。男4人で世界中をあちこちロケで回ったりしてますから、関係はどうしても濃密になります。ケンカになることもしばしばです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 『水曜どうでしょう』は単純... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。