美味しい上海グルメ・散策情報

グルメで、活動的な上海タイムの過ごし方。上海現地情報を満載、庶民的な中華料理屋や日帰り旅行を中心にご案内。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中華料理/番外食事体験-索引

2009-07-19 12:09:20 | 索引
2009年6月以降の最新情報を更新中!
 「今日の一食、明日の一歩 ~真★甘苦上海~」
  http://blog.goo.ne.jp/haochi_china0907


[上海料理]
  静安寺……尊藍山酒家/中華料理2007-9-1
  静安寺……屋企湯館/中華料理2007-6-23
  静安寺……原創私房菜/中華料理2007-3-17
  静安寺……蘇浙匯/中華料理2007-11-7
  静安寺……洋陽食府/中華料理2007-11-17
  静安寺……上海人家/中華料理2007-11-23
  静安寺……HOMES/中華料理2007-2-24
  陸家嘴……上海正大唐宮海鮮舫/中華料理2007-9-25
  陸家嘴……鷺鷺酒家/中華料理2007-8-13
  陸家嘴……漢宮/中華料理2007-4-16
  陸家嘴……王朝/中華料理2007-2-14
  陸家嘴……小南国/中華料理2006-12-20
  陸家嘴……小紹興酒家/中華料理2008-1-27
  東昌路……廊亦舫酒家/中華料理2007-11-24
  東昌路……明宮/中華料理2008-3-12
  虹橋・古北……鼎泰豊/中華料理2007-3-14
  南京東路……瑞福園/中華料理2007-2-26
  延安東路……海上阿叔/中華料理2007-12-21
  紹興路……老洋房花園飯店/中華料理2007-8-18
  嘉定区南翔……上海古猗園餐庁/中華料理2007-10-16
[四川料理・湖南料理]
  陸家嘴……俏江南/中華料理2007-1-29
  陸家嘴……渝郷人家/中華料理2007-1-17
  浦東……巴谷郷情江湖川菜/中華料理2007-10-12
  黄陂南路……沸騰魚郷/中華料理2007-8-25
  茂名南路……滴水洞/中華料理2007-6-28
  南京西路……梅龍鎮酒家/中華料理2007-3-10 & 2008-1-16
  南京東路……望湘園/中華料理2007-7-23
  延安中路……小鷺鷺酒家/中華料理2007-12-31
[広東料理・飲茶]
  静安寺……避風塘/中華料理2007-10-1
  静安寺……金桂皇朝/中華料理2007-8-8
  静安寺……采蝶軒・天湖花園/中華料理2007-12-24
  陸家嘴……桂花楼/中華料理2007-10-26
  陸家嘴……福臨門/中華料理2007-8-4
  南京東路……杏花楼/中華料理2007-11-10
  南京東路……新雅粤菜館/中華料理2007-12-19
  南京東路……艾美軒/中華料理2008-1-21
  黄陂南路……富臨軒/中華料理2007-7-29
  常熟路……博多新記/中華料理2007-11-22
  人民広場……万豪軒/中華料理2007-8-11
[その他、軽食・デザート]
  静安寺……復茂/番外食事体験2007-5-12-ザリガニ
  静安寺……満記甜品/番外食事体験2007-5-12-デザート
  陸家嘴……大壷春/番外食事体験2007-2-10-軽食
  陸家嘴……老山東/中華料理2007-1-9-山東料理
  陸家嘴……五芳面館/番外食事体験2006-12-28-軽食
  黄陂南路……糖朝/中華料理2007-8-5-デザート・軽食
  黄陂南路……葡京茶餐庁/番外食事体験2007-1-1-各種料理
  人民広場……豊裕生煎/番外食事体験2007-10-14-軽食
  南京西路……新昌飲食店/番外食事体験2007-10-20-軽食
  南京西路……王家沙点心店/番外食事体験2007-11-18-軽食
  南京西路……小楊生煎/番外食事体験2007-11-20-軽食
  南京西路……九龍氷室/番外食事体験2008-1-28-軽食
  南京西路……鹿港小鎮/番外食事体験2008-1-29-軽食
  南京西路……鍋比盆大/中華料理2008-2-4-しゃぶしゃぶ
  南京東路……未来永和豆漿/番外食事体験2007-11-3-軽食
  南京東路……泰康湯包館/番外食事体験2007-12-23-軽食
  江蘇路……東北人餐庁/中華料理2007-11-19-東北料理
  復興中路……亀慈古麗餐庁/中華料理2007-3-3-新彊料理
  陜西南路……泰和飲食店阿娘面/番外食事体験2007-9-23-軽食
  陜西南路……北万新/番外食事体験2007-11-12-軽食
  中山南路……佳家湯包/番外食事体験2007-9-22-軽食
  石門二路……東来順飯庄/中華料理2007-1-27-しゃぶしゃぶ
  江寧路……小肥羊/中華料理2008-1-30-しゃぶしゃぶ
  福建中路……徳興面館/番外食事体験2007-11-29-軽食
  豫園路……南翔饅頭店/中華料理2007-11-26-軽食
  石泉路……四如春食府/番外食事体験2007-12-26-軽食
  宜山路……維吾尓餐庁/中華料理2007-11-25-新彊料理
  上海火車站……玉仏寺素菜館/中華料理2007-11-5-精進料理
  虹口区……咸亨酒店/中華料理2007-11-01-紹興料理
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

明宮~日本人好みの落ち着いた中華料理屋~

2008-03-12 07:12:01 | 中華料理
 約3週間ぶりに上海に戻っての食事は、某氏曰く、“店内装飾が中華料理のアミューズメントパーク”という地下鉄2号線東方路駅から徒歩7~8分の明城花苑2階にある上海・広東料理レストラン明宮。店内に一歩入ると、そこは如何にも中国庭園風の造りになっていて、個室に置かれた北京の故宮を思わせる家具もそう…。記憶にない程昔に来たことあったかな?
 今日は、個室を予約して、1人200元のコース料理を予め手配。全ての料理を各人別に取り分けサーブしてくれたので、とっても嬉しかった。大皿に箸を伸ばして食べるのが中国風のダイナミックな食べ方だけど、日本人同士の場合、周囲の人がパクパク食べてくれないと、1人で箸を伸ばして食べるのには躊躇することがあるからね…。
 さて、今日の料理のトップバッター明宮芸術冷蝶は、前菜の盛合せで、ほとんど中華料理風ではなく、創作料理的な料理が4~5種類。続いて醋椒海鮮盅(胡椒の効いたイカを中心とした海鮮スープ)を楽しんだら、主菜へ…。干焼水晶蝦(チリ蝦と清炒蝦仁)、鮑汁百(キノコの炒め物)、熱燒海螺片(イカの炒め物)、雪菜紅糸魚(高菜ののった蒸し魚)、生編平足時令蔬(青菜炒め)と5種類。そして最後の締め括りに、デザート&フルーツで、美点映双輝と時令水果盆。一番気に入ったのは、胡椒の効いた海鮮スープだったな!
 流石に明城花苑だけあって(最近のことは分からないけれど、ここにはかなり前から日本人が居住していた)、日本人にはピッタリの量と味付けで、料金さえ気にしなければ、満足度は結構高かった。というか、期待以上だったな…。お酒を入れて1人300元弱なら許せるかな…。やっぱり、上海の空気は柔らかい!

 住所:労山東路600号明城公寓酒店2F ℡:5831-1118
   ①2008-3-9
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOMES~創作料理風の上海料理屋、感想は…~

2008-02-24 20:02:49 | 中華料理
 北京行きの飛行機に乗る前に、ちょっと早めの夕食にと立ち寄ったのは、上海料理のお店として紹介されているHOMES。地下鉄2号線静安寺駅から南の方へ徒歩7~8分、巨鹿路×富民路の交差点附近にある小奇麗なお店。
 店内は3階くらいまであるのかな?と思いながらも、予約してなかったこともあって、通された席に黙って座って、早速メニュー選び。最近は、あっちに行ったりこっちに行ったりと結構忙しかったし、火鍋料理も多かったりして、上海料理を食べるのは本当に久し振りで、ルンルン気分でスタート。
 で、前菜は青椒皮蛋(ピーマンとピータン)・豆腐と青菜の和え物(上海料理の前菜としてはとっても典型的な料理なのだけど、中国名を失念…)の2種類、主菜は紅焼羊肉、タウナギの煮込み、青菜炒め、そしてスープと生煎饅頭。最後に暖かいデザート。
 最近流行っている店として、雑誌か何かで紹介されていたのが記憶に残っていたので、期待して足を運んだのだけれど、個人的には今一方だったというのが今日の感想。前菜は良いとして、紅焼羊肉、スープ、デザートを除いた他の料理は、かなり期待倒れで不完全燃焼。創作料理風の上海料理ということなのだろうけど、やっぱり伝統的な味が好きだ!海鮮料理を頼んでもいないのに、1人100元超というお値段もちょっと高めだな?
 こういう類のお店って、数年後にも残っていけるのか、注目に値する。変化と競争の厳しい上海の飲食店市場だからね!今宵は満席で、凄く賑わっていたけど…。
  
 住所:巨鹿路791号 ℡:5403-0010
   ①2008-2-16
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍋比盆大~カレー火鍋を食べたい方はどうぞ!~

2008-02-04 23:33:03 | 中華料理
 「上海では、カレー火鍋が流行っている」という話を聞いたのは、今から彼是1年以上前のことになる。火鍋と言えば、透明な鶏ガラスープか、真っ赤な唐辛子スープの2種類と思い込んでいた私には、完全に邪道な話で、最初から感心を持てなかった。が、とうとうカレー火鍋を食す日が到来したのだった。
 それは、50年ぶりとも言われる大雪に見舞われる中での、日本からの出張者とのディナーに呼ばれた時(お呼ばれの席なので、どの店にするか何て文句の言えた義理ではない…)。  場所は、地下鉄2号線の静安寺駅から華山路を南に向かい、延安中路を越えた直ぐのヒルトンホテル向かい。
 要すれば、煮込むタレがカレーということを除くと、中に入れる具等は普通の中華火鍋と全く同じ。確かに食べている時には、カレー味はそれなりに美味しかったし、皆もカレーダレの方からどんどん食べていたけれど、よくよく考えて見ると、態々火鍋にして食べる意味はどこにあるのだろう?そんなにカレーが好きならば、普通のカレーで良いではないか…、上海にだって美味しいインド料理屋は沢山あるし、野菜カレーから各種肉カレーまで色々な具が揃っている。
 価格は、最初に頼んだコースだけで1人100元と火鍋にしては元々高いのに加えて、ワイン等随分お酒を飲んだこともあって、1人200元程になってしまったかな?どうも納得感のないディナーだった。これなら、私は普通の火鍋が良いや!
  
 住所:華山路301-1号 ℡:6249-8877
   ①2008-1-30
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小肥羊~寒い日に足が向かうのはやはり火鍋屋~

2008-01-30 07:31:03 | 中華料理
 今朝起きてみると、窓の外は一面白色の世界。昨晩一旦止んだ雪が、夜中の間にまた降り出して積もったのだろう。冬だから当たり前だけど、やあ~寒い寒い。となると、お出掛け先は体を暖めるところ=火鍋ということになって、小肥羊へ!
 可愛い子羊のマークが目印のチェーン店火鍋屋は、江寧路×海防路の交差点という公共交通機関では不便なところにあるので、雨も降り出していたしタクシーで行ったけど、観光の名所玉仏寺からは500m程と比較的近いので、観光の序に立ち寄ってみるには良いかも…。
 2階に上がったら、席に案内して貰って、鶏がらスープをベースにした大鍋をつつくことに…。羊肉を中心に、白菜・ホウレン草・香菜・冬瓜・ジャガイモ・凍豆腐・蝦丸(エビの練り物)・牛百叶(牛の胃)・豚肉ハム・エノキだけ等、食べ切れない程沢山頼んで、1週間分の栄養補給をした。
 1人100元程もしたので、火鍋屋にしては、かなり高い方だけど、それだけ沢山食べたということだな…。お店の感じもまずまずの清潔感を保てていたし、家族連れ・アベック・友達同士と日曜日の午後ならではののんびりしたムードが漂っていた…。もう少し便利なところにあったら、行き易いのにね!他の支店も探してみようっと。
 
 住所:江寧路777号 ℡:5289-1717
   ①2008-1-27
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿港小鎮~1人でも入り易い台湾からの軽食店~

2008-01-29 06:35:27 | 番外食事体験
 九龍氷室で軽く麺料理を食べている時に、窓から見えた道路の反対側に、台湾からやってきた軽食のお店鹿港小鎮がるのを知った。場所は、西康路×北京西路(南京西路側)地下鉄2号線で言えば、南京西路から徒歩5分、ポートマン(上海商城)直ぐ東側の通り上。ここも雑誌とかで見て、1度入ってみたいと思っていた注目のお店なのだ…。
 既に、麺料理を食べた後ではあったけど、満腹には程遠い状況でもあったので、思い切って向かいのお店に突進。そこでは、三杯鶏(鶏肉の醤油味煮込み、45元)、九層塔煎蛋(台湾バジルのオムレツ、22元)、白飯(5元)。他の鶏肉料理を勧められたのだけど、今日は何としても三杯鶏が食べたかったので、勧誘を振り切って注文。十分煮込まれていたという面では期待に反さず美味しかったけど、後半は醤油辛くて珍しくちょっとだけ残してしまった。そういう意味では、白飯は必須だったけど、ビールもあれば尚良かったかも…。(麺料理食べた後だけに、ビールは止めたのだけどね!)
 一方で、九層塔煎蛋はさっぱりしていて美味しかった。九層塔=台湾バジルと説明されたけど、確かに特徴のあるハーブ味でグッド!どういう物が1度ネットででも確認してみようっと。
 こちらも、デザート・飲み物主体の使い方もできるし、比較的便利なところにあるので、ショッピングの途中とかにも立ち寄れるな!日中時間帯も営業していてくれるのも嬉しい。
  
 住所:西康路111号 ℡:6247-2666
  ①2008-1-26
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九龍氷室~1人でも入り易い香港からの軽食店~

2008-01-28 11:55:37 | 番外食事体験
 目的のお店が予約で一杯で入れなかったので、1人でも入り易いお店として立ち寄ったのが、西康路×北京西路(南京西路側)にある香港から来た軽食屋九龍氷室。何やら香港の映画で取り上げられたことがあるか何かで、香港映画が好きな人の間ではかんり有名なお店らしい。地下鉄2号線で言えば、南京西路から徒歩5分、ポートマン(上海商城)直ぐ東側の通り上にある。
 ついこの間までは、デザートの専門店とばかり思っていたのだけれど、最近になって軽食が食べられると知って、1度足を運んでみたいと思っていたところだった。この手のお店なら1人でも気兼ねなく入れるしね!
 さて、注文は干炒牛河(22元)。主食だけの単品で頼んでも、違和感がないのも嬉しいところ…。この料理は、きし麺風の平らで幅広い麺を炒めた物で、以前ホテルのカフェテリアで食事をした時には、「マレーシアン・ヌードル」という名前で出されていたのを思い出した。その時は、もう少しピリ辛味だったけどね!
 世界中でそうだけど、麺料理は本当に多種多様。特に中国に来てから、それを一層強く意識させられるようになった。シンガポール・ヌードルと言えば、一般的にはカレー味のビーフン炒めを指すし、中国国内にも、普通のソバ系の麺に加えて、ラーメンは勿論、刀削麺等というものもある。これを食べ歩く旅も面白うそうだ!
 店内は狭いけど、清潔感は保たれているし、電話での配達注文や飲み物だけの打包(テイク・アウト)もOKなので、利用範囲は広いだろう…。
 
 住所:西康路118号 ℡:6215-5534
  ①2008-1-26
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小紹興酒家~白斬鶏(蒸し鶏)の有名なお店~

2008-01-27 11:50:40 | 中華料理
 雪が次第に激しくなり始めた週末のランチに立ち寄ったのが小紹興酒家。溜まった仕事を整理しようとちょっとだけ会社に顔を出した後、浦東大道×即墨路(東方医院の斜め前)という比較的タクシーでのアクセスの良い、このお店に行ってみることにしたのだ!それにしても、週末になると悪天候という状況が、今年に入ってずっと続いているような感じで、ちょっと勘弁して欲しい。
 このお店の店名の由来は、1930年代に上海に来た紹興人が鶏肉・鶏粥を外灘の路上で売り始め、その後今の雲南路に小店を開いたものの、店名が無かったので、「小紹興」と自然発生的に呼ばれるようになったことによるのだそう。確かに、今でも雲南南路美食街にも小紹興酒家がある。
 さて、雪を払いながら、入店してみると、今から1ヶ月程前に、食事会の場所を探している中国人の同僚に「小紹興酒家に行ってみたい!」と提案したにも拘わらず、全く相手にされず、あっさりと却下された理由がよく分かった。要すれば、店内の様相がかなりシャビーなのだ…。確かに安上がりなのかもしれないけど、今更態々皆で集まって食事をしに行くような雰囲気ではないのだ…。今日も、少人数で、本当に腹ごしらえのみを目的にしているかのようなお客ばかりだった(まあ~、ランチ時間帯だしね)。
 注文の方は、何と言っても、白斬鶏(蒸し鶏、14元)がこの店の名物なので、迷わず注文(周囲のテーブルの人も皆注文していた)。そして、残りはビタミン・繊維類補給のために鶏汁娃娃菜(小白菜の鶏スープ煮込み、18元)とお腹に優しい主食として鶏汁皮蛋粥(ピータン粥、3元)。蒸し鶏は、醤油をベースにした調味料に漬けて食べるのだが、確かにかなり美味しかった。残りの2品は、×とは言わないけれど、まあ~普通。全部で35元程度で食べられるので、普段のランチに立ち寄るには良いでしょう。
 
 住所:浦東大道125号 ℡:5879-7297
   ①2008-1-26
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

艾美軒~ホテルの広東料理屋で洗練された飲茶~

2008-01-21 07:08:45 | 中華料理
 あ~、今日もまた雨。週末になると悪天候という状況が続いている。が、栄養補給は必要ということで、上海世茂皇家艾美酒店(ル・ロイヤルメリディアン上海)の8階にある広東料理屋・艾美軒に飲茶を食べに行った。
 ホテルの中華料理レストランに食べに来るのは久し振りだったけど、やはり悪天候の日にはインフラの整ったホテルのレストランは安心感がある。地下鉄1・2・8号線の人民広場駅のほぼ真上、南京東路の入口に位置するだけあって、案内された窓側の席からは、南京東路歩行街(歩行者天国)の光景が上から眺められて面白かった。雨だったので、人通りは少なかったけれど…。
 料理の方は、点心5品+野菜炒め+デザート、それに飲み物としてプアール茶と菊茶を混ぜた「菊普茶」。一番美味しかったのは、エビ入りの腸粉。大好物の鶏肉入り粽(珍朱鶏)も期待を裏切らなかった。
 満腹になるまでは食べなかったけど、エビ餃子も、エビ腸粉も大ブリで食べ応えはそれなりにあった。スープか、主食で麺か炒飯を頼んでも食べられたかな?週末のランチは25%引きということで、1人90元程度に収まりお得感はあったな~。

 住所:南京東路789号 ℡:3318-9999
   ①2008-1-20
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国系航空会社の機内食のザーサイ~続き

2008-01-19 12:24:22 | Weblog
 飛行機を乗る場合、旅行にしても、出張にしても、周遊型ということもあるけど、私の場合には上海を起点とした単純往復型が多い。今日は、座席の混雑緩和・虹橋空港のタクシー乗り場の長蛇の列回避の意味で、早朝フライトを選んで戻ってきた(週末の早朝便は、間違いなく空いているし、余程のことがない限り遅れない)。もっともホテルの朝食ビュッフェをブッチすることになるので、心残りではあるのだけれど…。
 さて、朝食としての機内食。西洋式か中華式かと聞かれて、私は、内容は全く確認せずに迷わず中華式と答えた。そりゃ~そうでしょう、中国系航空会社の西洋式朝食が美味しいとはとても思えない…(先入観以外の何者でもない!)。で、中華式朝食機内食はと言うと、前々日の私のブログを読んだ訳はないけど、何と“お粥”。これならザーサイの活躍場所もあるというもので、初めてザーサイの袋を開けることになった。「願えば叶う何事も!」か?味は普通なので、別に感想を書き並べる程のものではなかったけどね。一緒に出てきた付け合わせが、サンドウイッチだったのには恐れ入ったけど…。
 次回の機会には、西洋式朝食の方を試してみるかな?メイプルシロップのたっぷりかかったワッフルなんていうことはないと思うけどね! 流石に、西洋式の方にはザーサイは無かったみたいだし…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加