「ぐうたら ・フォト日記」

「ぐうたら」を生活信条とする、ぐうたらなフォト日記です。時々『写真の無い・フォト日記』にもなります。

悩み多き青春(?)…18切符!?

2017年07月22日 | フォト日記

今年の夏は前に書いたように青春18切符を使って旧北陸線の線路跡を辿るつもりで大阪の後輩をそそのかし?、車に乗せて貰う予定だったのですが、色々調べているうちになぜか中国山地に目が移ってしまいました。

三江線と言う山陰線の江津(ごうつ)と中国山地の三次(みよし)を結ぶローカル線が来年4月で廃止になるし、去年行った津山の近くに1991年(平成3年)6月に廃止された同和鉱業片上鉄道のディーゼルカーが片上鉄道保存会と言う団体の手で動態保存されていると言う話を知りました。
しかも毎月第一日曜日に運転されていて、バスを乗り継いでいかなければならない不便な所なのですが、運転される日には津山まなびの鉄道館から無料シャトルバスが出ているとのこと、うーん、こっちの方が面白そうだな…?、しかも無料シャトルバスは夏休み中だけだと書いてあります。(去年行ったと思ったら今年の4月だった!)
そうこうしているうちに、韓国によく行く鉄友Yさんから「8月末に撮り鉄に行く予定がお盆休みになったんですけど、どうですか?」と言うメール。(ありゃー?、仕事は来ないけど遊びの誘いは多いな~?)9月にも仙台に誘われているし…

と悩んでいると、電話が鳴って大阪の後輩が「いつ行かはるんですかね~?」「一応、8月の4・5・6(運転日だよな…?)」「それぐらいならOKです!」「あー、でも他にも行きたいところが出来て、敦賀あたりから中国山地の津山って遠いよな~?」と訳のわからない会話がしばらく続き、実はこれこれしかじかで…、と言う事で旧北陸線は秋に延ばしてもらいました。(K君ゴメン!)

ところが良く調べて見ると、三江線と言うのはかなりのローカル線で、津山から1日がかりで移動して乗っても、どこかで1泊しないと帰ってこれません。
ANAのマイレッジが溜まっているので、米子空港か萩・石見空港から飛行機で帰るつもりがどちらも空港に着くのが最終便の30分前くらいになってしまいます。(究極のショートカット!、でも乗れるのかな~?)

3泊4日では無理かな…?、津山・三次の移動だけでも6時間だもんな…?!
はてどうしよう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放送大学に行って来ました!

2017年07月15日 | フォト日記

韓国語仲間で、Facebook友達のYさんの影響で、放送大学主催の「計画と先送りの心理学」と言う講演会を聞いて来ました。

と言っても、ちゃんとした目的や動機がある訳ではなく、普段仕事もあまりやらず休んでばかりいるので、世間が休みになると途端に不安になって動き出すと言うのが、だいたい夏の日常なのです。
でも何しろこの暑さ、電車に乗って涼しく本を読み、無料の講演会を聞こうと言うのは良い考えと思いつつ、小平まで出掛けて行きました。

僕は何年間も先送りにしている仕事や勉強(世間では遊びと言う人もいるけど?)が沢山あるので、何かしら解決のヒントはないかと思って行ったのですが、話が始まると何か感触が違うのです。
締切と言う言葉が先ず出て来ました?、どうも、論文とか、仕事のレポートの期限がテーマのようです。

「そういう事はあまり先送りしないけどな…?」

大体僕は、仕事はさっさと終わらせるために、遊びに行く予定を先に組んでしまうと言うやり方だったのですが、最近は仕事が減ったので、遊びの予定を組まなくなったな・・・?

心理学的には、時間や心理的距離が遠いと抽象的なレベル(例えば旅行なら、イタリアで世界遺産を見たい!)での解釈が生じ、心理的距離が近い(間近になると、食事はどこで食べる等)と、具体的なレベルでの解釈が生じるのだそうです。
と言う事は、早くから具体的なレベルで遊びの計画を立てれば、仕事も先送りしないで、どんどん出来ると言う事か?

などと考えつつテレビを見ながら、新しい騒音計のオプションプログラムをインストールして、今日の講演ノートを見たら、近くにある誘惑、強い誘惑は先送りを助長しやすいと書いてありました!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔話が多くなってくるな…?

2017年07月06日 | フォト日記
小学生の終わり頃だったと思うのですが、テレビが家庭に普及しはじめた頃、日曜日の朝、確か日本テレビで(トプコンの提供じゃなかったかな…?)ドキュメンタリーと言うか実況ニュース番組をやっていました。(古いことはよく覚えている?!)
その頃ちょうど日本一長い北陸トンネルが開通するという事で、工事の事や試運転の実況などもやっていました。時刻表が愛読書だった僕は興味津々で見ていました。北陸の豪雪の実況もやっていた気がします。

そんなことを何かの話をきっかけに思い出し、そろそろ夏休みも近いし青春18きっぷを使いどこかに出かけようと考えた時に一番最初に考えたのが、「米原から北陸トンネル開通前の旧線(こんなブログがありました)を辿って、敦賀まで行ってみようか?」と言う事でした!

昔のことを思いだし、その辺りがどうなっているか確かめてみたくなったのです。(最近こればかり…??)

北陸本線で図書を検索すると「一人ひとりの北陸本線」という地元の新聞社が作った本が見つかったので図書館で借りてみました。100周年記念の思い出のエッセイという事で、一般の人から募集したようです。
SLが走っていた当時の旅の事や、帰省した時のお母さんとの思い出…、富山から長岡まで子供二人で、回りの人の手助けを受けながら旅した事など、良き時代の良き思い出やドラマのような人生が綴られていました。
「鉄道は人生を運んでいるのだ!」と言うのが読後の感想です!(3分の1しか読んでいないけど…?!
という訳で、旧線を辿りたいのですが、車が運転できないのが問題だな…!?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつの間にか7月です。

2017年07月02日 | フォト日記
先週は久しぶりに北海道へ行ったのですが、一番最初に北海道へ行った時の写真を探してみると51年前でした。ずいぶん前の話です。

最近はどこかに出かけても、パソコンを持っていかないのでFacebookに投稿することが多く、この「ぐうたらフォト日記」はまさに『ぐうたらフォト日記』になってしまいました。

書きたいことはいろいろあるのですが…、ラジオのニュースを聞いていたら、iPhoneが発売されて10年経った話をしていたので、10年前はいったい何をしていたか調べて見ました。(こういう時このブログが真価を発揮する!?)

すると、アメリカに行った時のフォト日記にたどり着いたのですが、これもほったらかしになっていて、目障りな宣伝が入っているし、niftyのURLも変わっているので仕方なく10年ぶりに手直ししました。(イタリア編も付け加えよう!)

今年は2007年のアメリカに引き続き、10年ぶりに仕事仲間のN氏とイタリアに行ったのです。10年と言う歳月は長いのか短いのか?、ついこの間のような気がするのですが…、iPhoneだって使い始めて10年(確か8月だった気がする!)「そんなことないだろ…?、ついこの間だったけど!!」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何時になくワールドワイドな話題?!

2017年06月18日 | フォト日記
またまた久しぶりの更新になってしまいました!

テレビを見ていたら、アメリカを旅した時にWifiとサラダバーを良く利用した「whole foods market」がamazon に買収されたと言うニュースを何度もやっていました。Webニュースでも話題になっています。

僕はWifi の利用登録をしているので、メールで毎週のように特売の情報も入って来るのですが、amazonはネット販売だけでなく実店舗販売にも販路を拡張するのでしょうか?

一昨年アメリカを旅行した時にもよくこのマーケットを利用しました。セルフサービスのサラダバーがあるため、 野菜不足になりそうな時に役に立つのです。
「もっと色々なところに出来るのかな…?、でも食料流通の形体が変わってしまうような気もするな?」

そんな事を考えていると、わが社のインターネットのドメイン名のバリエーションが中国で申請されていると言うメールがまぎれ込んで来ました。toshi-onkyou.cn toshi-onkyou.org その他何種も申請が出ていると言う中国のドメイン管理団体(を装った?)からのメールです。

結局の話、単なるスパムメールなのですが、なんで都市音響と言う名前を知っているのでしょうか?(そう言えば、ニューヨークでの学会発表の実績もあるな!?)
しかし、こんなメール出して引っかかってお金を払う会社があるのでしょうか?

という訳で後半は、苦しまぎれの便乗宣伝でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰朝報告です!

2017年06月05日 | フォト日記
一週間経ってしまいましたが、ピサですりにあったのでそのレポートだけを、とりあえず以下に…
実を言うと、新つれづれ草掲載予定の『トラムの走る街』(8月刊行予定)の原稿です。(トラムと走る…にしようかな?)

この旅は仕事関係のお客さんに誘われて、何年も前から計画していたのだけれども、泥棒とスリの噂しか聞かない国だったので、行くのを躊躇する気持ちが強かった。
行ったことのある人に聞くと、10人中7・8人は何らかの被害にあっている。従って何時になく入念に準備をしたのだけれど、イタリアのスリの方が遥かに上手(うわて)だ。複数で囲んで一人が注意をひく、その隙にもう一人が財布を奪う。まるでスポーツのノリだ。共通する部分がかなりあると思う。
サッカーが強い国はスリのテクニックにも秀でているのだ。スペインしかり、ポルトガルでもウエストポーチを開けられた。アメリカではスリの話はあまり聞かなかった。
話が横道にそれてしまったけれど、混んだトラムやバス・地下鉄に乗る時や降りる時に、行く手をブロックするやつが居たら、3・4人のスリグループが周りにいると思った方が良い。そんな事も含めてイタリア文化なのだと思えば、旅も楽しくなるはずだ!

イタリアに行ったら、ぜひトラムと一緒に走ろう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリアに行きます!

2017年05月17日 | フォト日記
今回は一人旅ではなく、建築家の仕事仲間N夫妻と三人旅。Nさんとはソルトレーク以来10年ぶりです。
このところ足の調子が悪く、身体のあちこちに色々と心配があるのですが、行く前に、久しぶりに楽器を弾いてみようと、トロイメライの楽譜を引っ張り出して、ふと「あれ・あれ?、この楽器は何て言ったかな…?」
テレビでアルツハイマーの番組をやっていたのを思いだし「まずい!」

焦れば焦るほど、「フルート、縦笛だから…、アルトなんたら…?」
吹いてしばらくして「リコーダー!」
こういう状態で、泥棒に会わず・迷子にならず・行き倒れにもならず・無事に帰って来れたら、また自信を回復するさ!

とりあえず、ミラノに着いたらぐうたらフォト日記2に、写真がアップされていると思います!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々壊れてくるなぁ?!

2017年05月06日 | フォト日記
連休は、韓国語仲間の撮り鉄Yさんの信越方面へのドライブに便乗して、大糸線・旧北陸線の撮り鉄の旅になりました。
それに加えて僕は糸魚川のホテルが満室で、魚津に泊まることになったので富山地鉄とそれに並行して走る「あいの風とやま鉄道」も撮ることにしました。

ほとんど車での移動となるので、大きなカメラを持って行っても大丈夫という事で、50mm大口径レンズの使えるSonyのα100と言う10年以上前の第一世代の一眼レフ(1000万画素)を用意し、まだ実用に耐えるかをテストしようと持って行きました。

でも、中央線の鳥沢と言う駅で待ち合わせて、その近くで撮り始めると…、ありゃ?再生画像が見れない?」液晶画面で撮った画像を見れなくなってしまいました。

「ありゃ、これちゃんと写っているのだ老化?」(AI変換が気を利かせた?)
デジカメでも古いカメラなので、持ち主同様すぐに壊れます!

困ったな?、予備のFUJI X20に代えてみたものの、どうもファインダーの感じが違います。YさんのタブレットでCFカードの中身を確認してもらったところ、何とか写っている見たいなので、デジカメでも写っているかどうかは家に帰らないと分からないという、フィルムカメラ的なスリルを感じつつ、撮り鉄の旅は続きます。

人間の方もいたって頼りなく、4日の朝早く目が覚めたので一人で6時14分の電車に乗って富山地鉄を撮ろうと、勇んで飛び出したらスマホを置いてきてしまいました。
「あちゃー、まあ良いか?!」と新魚津の駅まで行って「電車の通過時刻が分からなくなるな…?」(腕時計をしていません!)
少し早目に出たので、何とか間に合うだろうと、あわてて走ったりして取りに帰ったのですが、これが足の具合に悪影響を及ぼし、翌日の朝の予定は諦めざるを得ませんでした。
チェックアウトの時、カギを部屋に置いてきてしまうし、機械だけでなく人間の老化も無視できない状態になってきました!(まだ自分で認識しているから大丈夫さ!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラのチケットを買いました?

2017年04月28日 | フォト日記
5月の後半に、半分仕事(気持ちは全部仕事!)でイタリアに行くのですが、ローマでオペラを見て来ようとチケットの予約をしました。

一人なら、前日劇場で買うのですが、今回はお客さんを二人案内するので、予めネットで席の空き具合を確かめて置こうと覗いて見ると、三人並んで座れる良い席が無くなりかけています。
「ありゃ、ヤバい!」と言うことで、今のうちに買ってしまおうと、心の準備もなしに「買う」(イタリア語だったけど?)と言うボタンを押すと、左上に緑のカウンター…?と思ったらタイマーが出てきました。

「あれ?、イタリアは遠いから、通信に時間が掛かるのかな…?」と呑気に構えているうちに、(なんか変だな…?)と英語のページに切り替えてみると、30分のうちに手続きをしないと確保した座席がキャンセルされると言ったような事(?)が書いてあります。あ~!、残り時間か!

と言う事で、それからは早かった!(スイッチが入れば早いのさ!)
席を選ぶと合計金額の下に、保険が16ユーロとか書いてあります。(とかと言うのが悲しい?)、説明を見ると、家に直接届かない学生の例とか(?)が書いてあるので、紛失したとか郵便が間に合わなかった時の保険だろうと解釈して、次へ、次へ(Nextだけはわかる!)と押して、住所を入力、クレジットカード決済で「ほんとに届くのかな…?」と半信半疑だったのですが無事3日間で届きました。早い!














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真展は疲れる…?!

2017年04月20日 | フォト日記
僕が生まれたころのパリの写真を撮っていたロベール・ドアノーの写真展をやっているので、久しぶりに中野坂上の写大ギャラリーに行ってきました。
「新宿から歩くとどれくらいかな~?、30分くらいかな?」という事で、「天気も良いし、写真を撮りながら歩いて行こう!」とデジタルカメラとアナログカメラの2台を持って電車に乗ったのですが、(渋谷から歩けば電車賃が80円くらい安くなるな・・・?)
と考えたのが間違いの始まりでした!

東急百貨店からまっすぐ行けば、代々木公園をぐるっと回って1時間とGPS地図で出てきます。最初は松濤と言うおしゃれな店の並ぶ道(歩くのは初めてです!)をきょろきょろしながら歩いていたのですが、写真を撮っていると時間が遅くなるし、道が細く車がひっきりなしに通って行きます。
仕方なしに地図を頼りにひたすら歩き、代々木八幡・初台坂(風景が中野坂上と似ている!)を登ったり下りたり…(オペラシティーでちょっと休憩!)1時間20分ほどで着いたのですが、素晴らしいパリの写真を見ただけで満足したのか、はたまたあまりの上手さに撮る気を無くしたのか?、疲れてカメラを出すことも面倒になったのか?(おそらく全部!?)、ギャラリーの入り口を3・4枚撮っただけで帰って来てしまいました。

帰り道も湘南新宿ラインのダイヤが乱れて居て、中央線・京浜東北線と迂回1時間ほど掛かってしまいました。「確か何年か前に買った写真集があったよな~?、何年前かな~?」と探して見たら、なんと25年前に買った物でした。

そりゃ疲れるよな~?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加