はおっこブログ

羽尾歯科医院春日山のブログです。人に教えたくなる歯のお役立ち情報、小粋な日常雑記、食育やおいしい物について語ります。

今年もよろしくお願い致します。

2018年01月15日 | 院長日記

平成30年、新しい年が始まりました。
今年も、皆さんの歯を「なおす」から「まもる」ためにも、かかりつけ歯科医院として精進して参りたいと思います。
よろしくお願い致します。

そして、ハローアルソン フィリピン医療を支える会のフィリピン現地活動まで3週間を切りました。

今年一緒に参加してくれる地元高校生、家塚さんの羽尾歯科医院 春日山の羽尾での院内研修も残すところあと1回となりました。
恵まれないフィリピンの人達のために家塚さんは、歯ブラシ指導用の紙芝居を作ってくれたり、現地で行う治療の勉強をしたり一生懸命になって準備をしてくれています。





そして、そんな私に、うれしいお年玉をいただきました。

以前、高志小学校で校医をしていた頃にこのハローアルソン フィリピン医療を支える会の講演会を小学校6年生にしました。
そのときの生徒さんの担任だった中島先生と有志の先生方が、ハロアルのために支援物資の歯ブラシを持ってきてくださいました。
その数、な、な、な、なんと403本でございます。



歯ブラシを集めるための箱まで作っていただき、先生方のご厚意と思いに心より感謝いたします。

そして、集めていただいた歯ブラシの一本一本が、フィリピンの子供達の命を救い、笑顔を生み出してくれることと思います。

今後ともご協力のほどよろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動!高校生たちが!!

2017年12月11日 | 院長日記

先日、11月10日に私の母校の新潟県立高田高校1年生(280名)のみなさんを対象に講演を行ってまいりました。

講演内容は「社会貢献について、具体的な実践例を学ぶ ~歯医者はなぜ海外のボランティアに行くのか?~」です。
みなさんとても真剣に私の話をきいてくれました。









「ハローアルソン フィリピン医療を支える会」で新潟支部長と高校生係である私の目標は、今の日本の若い高校生たちに「ボランティア」を通じて、 「貢献する技術」を習得する中で自立した「未来のリーダー」を育成することです。














そして、この講演会後、嬉しいことに高田高校の後輩達が123本の歯ブラシを集めて歯科医院にまで届けてくれました。



みなさんが集めてくれた、その1本の歯ブラシで、

・フィリピンの子供達の歯をまもるかもしれない。
・売ることによって、ご飯を食べることができるかもしれない。
・将来、フィリピンのスラム街でも私たちの姿を見て歯科医師を目指す子供が出てくれるかもしれない。

1本の歯ブラシで、救える、助けることのできる「命」があります!

このことをこれからも、この素晴らしい「貢献する心」を持った後輩達と多くの人に伝えて行きたいと思います。

私にとっては、私の話を聞いてくれた高校生達が一生懸命集めてくれたこの歯ブラシの1本1本が、最高のクリスマスプレゼントになりました。

みなさんの気持ちと共に、来年の2月、この歯ブラシをフィリピンの子供たちに届けてきたいと思います。

みなさんの優しい気持ちに本当に心から感謝いたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回院内セミナーが開催されました

2017年11月17日 | 院長日記

11月15日に第9回院内セミナーが開催されました。
今回のセミナー内容は、「0歳からの子育て歯科セミナー」と言うことで、0歳から始められるお子さんのための虫歯予防方法を中心にお話ししました。

セミナー終了後のアンケートには、「知らないことが沢山あって、勉強になりました。(子どもの)歯が生えてきたら、どうすればいいのか分からなかったので、今後の見通しもできました。」との嬉しい感想もありました。




















虫歯も歯周病も交通事故のように、運が悪くてなるものではありません。
原因があって、それを改善できれば予防できます。
みなさんも、「予防歯科」でかかりつけの歯医者さんに通いましょう!


次回、今年最後の第10回目のセミナーは、12月20日(水)です。
内容は「ガッテン風 超簡単!歯周病撃退法!」です。
重くなると歯が抜けてしまう歯周病から歯を守って、生涯おいしくご飯を食べてゆきましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ハロアル カウンター」 新登場!

2017年10月24日 | 院長日記

すでに気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、受付カウンターに素敵な「カウンター」が登場しました。

その名も「ハロアル カウンター」です。

実際のカウンターは、下の写真になります。



羽尾歯科医院 春日山の専属保育士さん、市川さんが心をこめて作ってくださいました。

そしてこのカウンターを設置して直後に早速、患者さんが歯ブラシを持ってきてくれました。

みなさまの優しいボランティア精神に心より感謝申し上げます。

種族を超えて支え合う時代ですから・・・

支援物資を集めています

「ハロアル」は歯ブラシ1本でできるボランティア!フィリピン医療を支える会「ハローアルソン!」

ホテルなどで未使用の歯ブラシ、未使用のタオル、
日本では使い捨てでもでもフィリピンでは歯ブラシ1本が大人の稼ぎの半日分に相当する高級品なのです

5本でも10本でもある程度集まりましたら、 羽尾歯科医院 春日山まで届けていただけると幸いです

その1本の歯ブラシが・・・

・フィリピンの子供達の歯をまもるかもしれない

・売ることによって、ご飯を食べることができるかもしれない

・将来、フィリピンのスラム街からも歯科医師を目指す子供が出てくれるかもしれない

1本の歯ブラシで、救える、助けることのできる「命」があります!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お勉強会と誕生日のお祝い

2017年08月26日 | 院長日記

8月19日に、新潟大学から講師の先生をお招きして、羽尾歯科医院主催の勉強会を開催いたしました。

勉強会のタイトルは、「明日からできる歯科衛生士のためのセミナー」

そのセミナー内容は、

大墨 達也先生:「チェアサイドで生かす!洗口液の効果的な活用法」

麻生 みなみ衛生士:「(株)ヨシダが社運をかけました!極限までの植毛により清掃効果を飛躍的にアップさせた新型タイプ歯ブラシのご紹介」

奥村 暢旦先生:「日常臨床の疑問 解決へのヒント-主機能部位という考え方-」

と言う、歯を「まもる」ために活躍する歯科衛生士さんにとって、どれも明日の臨床に役立つとても素晴らしい内容のセミナーでした。

 

その後、「ひとまる」にて先生方と懇親会とセミナーへの質疑のトークタイムとなりました。

普段聞けない臨床の話しや、プライベートトークで盛り上がり、みんなの笑顔があふれるとても楽しいひとときを過ごすことができました。

そして、スタッフからのサプライズ企画で、私と奥村先生と飯塚技工士さんの誕生日を祝ってもらいました。





その時の「歯形」ケーキのアート感の素晴らしさと、プレゼントの包装紙にデザインされた写真のインスタ映えすることと言ったら最高の思い出になりました。


こんな素晴らしい心を持ったスタッフに囲まれて私は幸せです。





みなさん、これからも末永く笑顔でよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第5回院内セミナー(歯周病について)が終了しました。

2017年07月22日 | 院長日記

第5回目の院内セミナーが無事に終了いたしました。
今回のセミナーの内容は「ガッテン風 超簡単!歯周病撃退法!」でした。

全5回シリーズの最後は、歯周病の怖さとその簡単予防方法についてお話ししました。

中~重度の歯周病にかかった場合 放っておくと、歯周病菌は体の中に入り込み 血管を通って
全身に様々な病気を引き起こします






歯周病との関連性の強い「糖尿病」。
歯周病菌が増加して「糖尿病」のリスクが3倍になると言う研究結果が出ております。



実は「歯周病」は、ギネスブックに登録されているぐらいの「全世界の人々が患っている病気」なのです。



歯周病は「痛みがなく進む」ので、 気づいた頃には歯がぐらぐらになり 歯を抜かなければならないことが多い、
それが、歯周病が「歯を失う」原因第1位の理由なのだと思います。手遅れになりやすいと言うことですね。



そして、歯周病の予防には寝る前のうがい薬によるうがいが、効果的で効率的な方法だと思います。



上記のうがい薬「コンクール」は当歯科医院でも販売しております。購入希望の方は、お気軽にスタッフにお尋ね下さい。




次回の、開催は8月23日(水)12:00~ です。
テーマは、『歯を「なおす」から「まもる」』です。
このテーマは、お子様の夏休みの課題にも良いかもしれません。
ぜひ、ご家族でご参加下さい。
詳しくは、当歯科医院のホームページをご覧下さい。
暑い夏が続きますが、みなさん水分補給と寝る前のうがいはお忘れなく!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度第4回院内セミナー「0才からの子育て歯科セミナー」開催しました!

2017年06月23日 | 院長日記

みなさんこんにちは。
先日、2017年度第4回院内セミナー「0才からの子育て歯科セミナー」を開催しました。
今回は、風の強い中、6人のお母様とそのお子様に参加していただきました。

今回の内容は、ズバリ「お子さんのための予防歯科」です。
羽尾歯科医院 春日山での「小児歯科」とは、「子供の虫歯を治すための歯科」ではなく、 「大人の歯をきれいに生えさせるための歯科」です。 
このコンセプトをスライドと具体的なむし歯の予防方法の仕方をふまえてお話しさせていただきました。








「フッ素はなぜ効果があるのか?」、「なぜ、定期的に歯医者さんに行かないといけないのか?」、「子供たちはなぜ仕上げ磨きをいやがるのか?」
など、「なぜ?」に注目をして、お子さんの歯をまもるためにも効果的な予防方法の話をさせていただきました。

 
 


みなさん、かわいいお子さんの健康な歯をまもるために一生懸命メモをとっておられました。

むし歯は予防できます!
そのためには原因を知って、一緒に予防方法を学んでが分かれば予防ができます。
ケガのように運が悪くてなるものではありません

次回、第5回目のテーマは「ガッテン風 超簡単!歯周病撃退法!」です。
実は「歯周病」は、成人の8割以上の人がかかっているギネスブックにも載る生活習慣病なのです!
そして、最近ではこの歯周病が全身の病気を引き起こす引き金になっていることも知られております。

「お口の病気を制するものは、全身の病気を制す!」

歯周病の予防方法を知るためにも、みなさん、ぜひ、ご参加下さい。
詳細は、羽尾歯科医院 春日山のホームページをご覧下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯を「まもる」ための院内セミナーをはじめました!

2017年05月19日 | 歯のお役立ち情報

5月17日に羽尾歯科医院 春日山待合室にて院内セミナー:『美歯(ビバ)!ビューティフルライフ』を開催いたしました。


 
昨年から開催してまいりましたこの院内セミナーの目的として「 100歳を元気に生きる!いま、あなたの歯に必要なこと」という目的があります。
今や、平均寿命が85歳を超える超高齢化社会の日本。自分が高齢者になったときに「命の源」である自分の大切な「歯」をどのようにして残すのか。
そのきっかけ、予防知識になればと思い、昨年から水曜日のお昼に羽尾歯科医院 春日山院内にて少人数制のセミナーを行っております。(セミナー詳細につきましては、羽尾歯科医院 春日山のホームページTOPをご覧下さい。)

全部で5回シリーズのこのセミナーですが、3回目の今回のセミナー内容といたしましては、

・人はなぜ白い10歯にあこがれるのか
・毎日の歯の表面ケアは、歯磨き粉選びから
・よくかんで美しいボディを手に入れる
・舌を鍛えて美しい「顔」になる
・舌を磨いて美しい「息」を手に入れる

と言う内容でした。

  

参加者の感想として、「今までは、何となく選んで使っていた歯磨き粉でしたが、歯磨き粉も、味で選ぶのではなく、効果で選びたいと思います。」
と言うご意見や、
「口臭のことが自分では気になっていましたが、舌の清掃で予防できることが分かり安心しました。舌ブラシを購入してみたいと思います。」
また、
「1時間だったけど、あっという間の1時間だった。参加して良かった。」
など、今回のセミナー内容の知識が参加して頂いた方々の役に立てて嬉しく思います。




今後もこの院内セミナーを、月に1回程度のペースで開催してまいります。
みなさん、自分の歯を生涯残すためにもぜひ、このセミナーにご参加下さい。
参加費無料です。
少人数のセミナーですので、院長の「寄席」に来た感じのアットホームな感じのセミナーです(笑)

セミナーの詳細は、羽尾歯科医院 春日山のホームページのトップをご覧下さい。

みなさんの笑顔のためにも、歯を「なおす」から「まもる」ためにもこのセミナーを続けてまいりたいと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア活動の報告会も無事に終わりました。

2017年04月15日 | 院長日記

先日、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの報告会が無事に終了いたしました。



40名に登る高校生と中学生の発表は実に素直で思いやりの心にあふれており、会場を埋め尽くしてくれた300余名の皆様の感動の涙を誘ってくれました。
彼らが今回の活動を通じて現地で肌で感じ、学んだことをこの活動に支援していただいた多くの方々にご報告できたと思います。



今後とも皆様からの歯ブラシ、石けん、タオルの支援物資、募金をよろしくお願い致します。



これからも夢と希望にあふれた高校生達と共に恵まれないフィリピンの人々のために「できる人が、できない人のために何をするべきか」考え、行動してゆきたいと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のハロアル現地活動を無事に終えることができました

2017年03月19日 | 院長日記

今年のハロアル現地活動を無事に終えることができました。
これも皆様からの募金、歯ブラシ、タオルの支援物資のおかげとあらためて感謝いたします。
フィリピンでは、ドゥテルテ政権に変わった現在も、貧困の格差、スラムの状況はほとんど変わらず貧困層の多いところでは慢性栄養失調のため
虫歯の細菌が全身にまわって敗血症などで命を落とす子供もいます。











これからも、羽尾歯科医院 春日山では、引き続き支援物資を集めています。
ホテルなどで未使用の歯ブラシ、未使用のタオルなど日本では使い捨てでもでもフィリピンでは歯ブラシ1本が
大人の稼ぎの半日分に相当する高級品でなかなか購入することができません。
5本でも10本でもある程度集まりましたら、 羽尾歯科医院 春日山まで届けていただけると幸いです。
その1本の歯ブラシで救える命があります。
今後とも、皆様のご協力のほどよろしくお願い致します。
また、3月25日に長野県御代田におきまして、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの報告会があります。
一緒に医療活動を行った高校生達の熱い想いと成長ぶりを肌で感じることができます。
ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。詳細は当会ホームページを検索のほどよろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加