はおっこブログ

羽尾歯科医院春日山のブログです。人に教えたくなる歯のお役立ち情報、小粋な日常雑記、食育やおいしい物について語ります。

『シーラント』って、何ですか?

2016年05月16日 | 歯のお役立ち情報

来月6月4日は、【虫歯予防デー】ですね。
この日を含む1週間は【歯の衛生週間】です。

1年に一度のこの機会に、お口の中の点検をしてみては如何でしょう?。口の中の病気、虫歯、歯槽膿漏、歯石等が発見されるかもしれないですよ。(最低でも1年に1回はした方が良いと思います。なぜなら、痛くなる前にむし歯を発見できれば、あまり削らずに治せるからです!)

今回のお話は、【歯の衛生週間】に因んで、みなさんにあまり知られていない虫歯予防の話をしてします。
みなさんは、虫歯の予防は‘フッ素’が有効なことは知ってると思います。
今日はその話ではなく、シーラント』と呼ばれる予防治療のお話をしましょう。

奥歯には細かく深い溝があり、虫歯菌などのばい菌がたまりやすくなってしまいます。そのばい菌はなかなか自分では掃除しにくく、そのまま放っておくとすぐに虫歯になってしまいます。
特に子供の歯(乳歯)や生えてきたばかりの大人の歯(永久歯)は弱いので虫歯になりやすいのです。

そこで、溝の中をきれいに掃除をして再びばい菌が入らないように溝を埋めてやれば虫歯対策に役立ちます。これが、『シーラント』と呼ばれる物です。



歯を削ることは殆どしません。歯の溝をきれいに掃除をして、埋めるだけです。なので痛みもなく非常に簡単な処置です。
治療費も決して高価なものではありません。(16歳までですと健康保険で出来ます。)



‘フッ素’で歯全体を強くして溝の部分を『シーラント』をすれば虫歯予防の効果は言うまでもなく絶大です。
ただ、毎日の歯磨きを怠るとすぐに虫歯になってしまうのでやはり、油断は禁物です。

これを機会に、親子で、かかりつけの歯医者さんに行ってみてはいかがでしょうか?。 
お子さんは、『シーラント』、自分は健診に歯医者さんに通いましょう! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メタルフリーとは?

2016年04月12日 | 歯のお役立ち情報

メタルフリーとは?

【メタルフリー】とは、歯の治療を金属を使用せずに治療処置を行うことを言います。

今回のブログで敢えて取り上げる理由には、現代病ともいえる『金属アレルギー』が昨今増えつつあからです。

「人間を始めとする生き物は皆、本より微弱な電流を帯びている。」というのを皆さんもご存知の事と思います。

金属の歯が口の中に入っている場合、特に上下の相対する歯に入っている場合、口の中は唾液で濡れていますからその上下の歯の金属が接触した時に微弱な電流が流れることがあります。この電流は『金属のイオン化』によるものです。当然、唾液の中に金属イオンが流出します。

その金属イオンが体内に蓄積されていくと、“金属アレルギー”を発症する可能性が高まると言われています。特に上下の歯の金属の種類が違いますと『金属のイオン化』がより多くなります。“金属アレルギー”を発症した人は先ずは皮膚科へ行かれますが、その一部において「原因が歯にある。」と言われ歯科医院へ転院される方がいます。

私達歯科医師は、そのような患者さんが来院された際には金属の歯の種類を調べ、インフォームドコンセントの後、金属の歯をはずし高分子樹脂(光重合レジンとか硬質レジンなどと言われるもの)や陶剤(ポーセレンとかセラミックスなど言われているもの)といった‘金属ではない材質’で治療し直します。

今回の話題であります【メタルフリー】が注目されてきましたのは、医療で使用される材料は日進月歩進化を遂げ、奥歯でも充分に強度があり、より精度が高いメタルフリーの被せ物が出てきた為です。

最先端で注目を集めている技術をご紹介します。

それは、「コンピューターで歯の解析を行い、工作機械ロボットが歯の形を彫刻して、冠や充填物を製作する。」というほとんど人間の手を介さずに差し歯などが作る出されるシステムです。このシステムはCAD/CAMと言われています。

近い将来には【メタルフリー】が主流になることでしょう。

【メタルフリー】の長所は

1)金属アレルギーの人にも使用できる

2)金属より軽い

3)より天然歯に近い色になる

4)光を通すので明るく見える

【メタルフリー】の短所は

1)まだ健康保険に適用されていないので、費用が高い

2)多くの一般の歯科医院では、まだ行われていない

いろいろありますが昨今審美性が強く求められています。奥歯も白い歯を入れ大きく口をあけて笑いたいと思う人もいるでしょう。また白い歯を入れる事によってより積極的な人生をおくられる事もあるでしょう。いずれにしましても白い歯は皆が求めている事なのです。金属の歯で悩んでいる方は一度相談に来ていただければ幸いです。きっと良い方向性が見つかると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校生達のハロアル報告会が開催されました。

2016年03月29日 | 院長日記

ハローアルソン活動報告会「フィリピン医療アクティビティ発表の集い」を、2016年3月26日(土)エコールみよたにて開催されました。

2016年(平成28年)フィリピンにおける歯科医療ボランティア活動が2月7日〜10日に行われました。
皆様からのカンパや物資のご協力を頂いたお蔭をもちまして今回の参加者は100名を数え、内カンパによる高校生の参加は45名となりました。
心から御礼申し上げます。
次世代を担う高校生がこの医療ボランティア活動を通して得た貴重な体験をみなさんの前で魂のこもった大きな声で発表し、「真の国際平和」「国際貢献」「真の豊かさ」について参加者と共に考えた素晴らしい報告会になりました。
新潟支部の高校生達も立派な発表をしてくれました。ありがとう

  


皆様からのご支援本当にありがとうございました。
そして、2017年のハローアルソン・フィリピン医療ボランティアは、すでに始まっております。
恵まれないフィリピンの人々のために、支援物資(新品の歯ブラシ・タオル・固形石けん)、募金のご協力のほどよろしくお願い致します。

    

また、2017年の活動に参加してくれる高校生の募集も4月から始まります。ご興味のある方は、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアホームページをご覧ください。

   


  

林 春二会長と報告会に来てくれた我が息子(中1)来年は一緒にハロアル参加できるかも

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティアから帰ってまいりました。

2016年02月12日 | 院長日記

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアより、無事に帰国いたしました。
みなさんの歯ブラシ、タオル、石けん等の支援物資、募金はお米等に代えて、みなさんの心とともにフィリピンの恵まれない子供達に届けて参りました。
本当にご協力ありがとうございます。

   
 
今回のフィリピンでの活動は、私は5年目にして、初めて地元の高校生5人と、歯科医院のスタッフ2名、美容師さん1名と参加しました。
ちなみに、このブログに掲載した写真は一緒に参加した美容師さんのYASU君が撮影してくれたものです。

   

フィリピンに行くまでの様々な準備、高校生の研修、苦労などありましたが、今回分かったことは、ボランティアは、「自分のため」ではなく、「誰かのため」に行うことだと言うことがようやく今回高校生やスタッフとともに参加したことで、改めて気づいた気がします。当たり前だと思っていることこそ、回を重ねてゆくと忘れがちになってしまいます。気をつけなければならないことです。
これも歯科医院のスタッフや高校生達と一緒に参加したからこそ、私にはわかり得ることだったのかもしれません。

   

一人だけの参加であれば、ピュアな気持ちを忘れ、エゴな考えに陥っていたのかもしれません。

  

私の力だけではない、事務長をはじめ、研修や募金を頑張ってくれた高校生達、私の歯科医院のスタッフ、家族、募金や支援物資を集めてくださった皆様、募金箱を置いてくださったラーメン屋さんのご夫妻等々、ハロアルに関わってくれたすべての人たちのおかげなのだと思います。

 

そのためにも、3月26日に行われるこの活動の報告会を大成功させ、高校生達に未来につながるハローアルソン・フィリピン医療ボランティアを肌で感じて欲しいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティアに行って参ります。

2016年02月05日 | 院長日記

明日から、恒例のハローアルソンフィリピン歯科ボランティアの活動に行って参ります。
今年で5年目の参加となります。
そして、今年は、地元上越の高校生たち5名と、当歯科医院のスタッフ2名と共にフィリピンの恵まれない子供たちのために頑張ってまいりたいと思います。
一緒に参加してくれる高校生たちのこのボランティア活動に対しての意識はとても高く、先日も自主的にジャスコにて寒い中募金活動を行ってくれました。
彼女たちのこの活動に対する思いの深さに感銘を受けております。
大人も負けじと格好いい姿を見せなければなりません。

  

また、この募金活動に協力して頂いたみなさま、支援物資として、歯ブラシ、タオル等を寄付して頂いたみなさまに心より感謝申し上げます。
フィリピンでは、歯ブラシがとても高価で、お米1.5圓汎韻顕礎佑任后0貽一食で暮らす彼らは、空腹のために歯ブラシよりもお米を選んでしまいます。
その結果、幼い頃からのむし歯が多く、慢性栄養失調の子供の場合、虫歯で命を落とすこともあります。



そんなフィリピンの子供たちの夢は、「15歳まで生きること」です。
本当の「豊かさ」とは、いったい何なのか?
このボランティア活動を通じて、高校生たちと共に肌で感じてきたいと思います。

私も、気合いを入れて、ハロアルバージョンに髪を切りました。

   
   Before      →     After
現地での歯科診療は、高温多湿の気候のため、汗を多くかくので髪は短めの方が快適です!
決して、出家したわけではありません(笑)

毎年絵柄の変わるのがお楽しみの「ハロアルTシャツ」も届き、準備万端です。



みんなで力を合わせて頑張ってきます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロアル高校生の研修始めました!

2016年01月27日 | 院長日記

いよいよ、2月に行われるハローアルソン・フィリピン医療ボランティアまで2週間を切りました。
羽尾歯科医院 春日山では、今年一緒に参加してくれる、5名の地元高校生達と一緒に院内研修を行っています。



フィリピンの現地の治療では、初めての歯科麻酔によって、具合が悪くなる患者さんもいます。
もしもの緊急時のための「心肺蘇生術」の方法も、実際に消防署の救急救命士の方から、みんなで教わりました。



また、現地ですぐに歯科医療活動のアシスタントにつけるよう実習も行いました。

  

高校生のみんなは5人共に、何事にも前向き、かつ真剣で覚えも早く、何よりもあいさつ・返事がしっかりとできているので現地での活躍が大いに期待できます!

  

そして、患者様をはじめ皆様からの支援物資(歯ブラシ、石けん、タオル)等を高校生達が丁寧に梱包してくれました。
そんな頼もしい上越を代表する高校生達と共に2月7日〜11日とフィリピン医療ボランティアを一心不乱に頑張ってまいりたいと思います。

今後ともご協力のほどよろしくお願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始は「歯」が痛む?

2016年01月05日 | 歯のお役立ち情報

 年末年始は「歯」が痛む?

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い致します。m(__)m

 ところで、毎年なぜかこの年末年始の時期になると、突然歯が痛みだしたと来院する患者さんが多く見うけられるような気がします。
なぜでしょう?そこで、私なりに理由を考えてみました。

 まず通常の時期だと歯が痛くなったらすぐ歯科医院に行かれる方でも12月になるといろいろいそがしい用事ができて、つい後回しにしてしまう(この前は痛かったけれど、今はもう痛くないから。少し痛いけどまだ我慢できるから。等々)。

 又、この時期は、忘新年会などお酒の席も増えて【酒は飲むは・・・】【喫煙量は増えるは・・・】その上、酔って歯磨きもしないで寝てしまう。などお口にとって最悪の環境になってしまい疲れから身体の抵抗力も弱くなり歯肉の炎症が起こりやすくなるのではないでしょうか。
 
 また、気温の上下が激しいこの時期には、体温調節がままならず抵抗力がおちやすい時期となります。(研究によると、体温が一度低下すると、免疫力は2〜3割おちると言うことです)

 さらに、夜更かししやすいこの時期は、睡眠不足によっても免疫力が低下し、親知らずが腫れやすくなったりします。(研究によると、7時間以上の睡眠をとらないとバイ菌をやっつけてくれる免疫細胞の数が、約3割も減少すると言われております。)

 そして緊張の糸が切れる年末年始に突然【歯の痛み】に襲われる。歯医者に行こうとしても、どこもみんな『お休み中』(休診)というようなことが起こります。

 今、歯に不安がある方はすぐに歯科医院にいかれてはどうでしょう!
 そしてすばらしいミレニアム、2016年のスタートを切りましょう!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルコールとむし歯の関係性とは?

2015年10月10日 | 歯のお役立ち情報

アルコールの摂取量と虫歯、歯周病の発生率には、相関があると言うデータがあります

アルコールが直接虫歯菌、歯周病菌に作用することはありませんが飲酒中の「おつまみ」や、楽しい飲み会の後など、歯を磨かずに、
ついそのまま寝てしまったり、することがむし歯のリスクを高めます。
例え飲み物であっても、細菌のエサには代わりありません。
虫歯の原因は「糖」です。
お酒の中にも糖分が含まれています。(350ml缶のビールで、糖分が角砂糖2個分も入っています!)
 
    
 
そこのお父さん、「お口の中をビールでアルコール消毒だ〜」
なんて言っていないで、飲んだ後も、しっかり歯みがきをしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年2月のハローアルソン・フィリピン医療ボランティアには!

2015年09月08日 | 院長日記

来年2月に行われます、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアには、当歯科医院から、上越出身の5名の高校生(関根学園・高田高校・直江津中等教育学校の生徒さんたちです)が参加します!
とても、嬉しいことです。

苦節(笑)、この医療ボランティア活動に5回目の参加にして初めて、高校生と当歯科医院のスタッフ2名が参加してくれることとなりました。
これも、皆様のご理解とご協力のおかげと心より感謝申し上げます。

歯ブラシなどの支援物資の収集、募金活動を行っております。
ホテルに宿泊したときに使わなかった歯ブラシ等をフィリピンの子供たちに渡しています。
フィリピンでは、歯ブラシ一本が、お米1.5キロと同じ高価なものです。
貧困で、一日一食の彼らは、歯ブラシで歯をみがきたくてもおなかがすいているためお米を選ぶしかありません。
ぜひ、みなさんの思いやりの心を歯ブラシを高校生たちと共にフィリピンの恵まれない人たちに渡してまいりたいと思います。

「できる人が、できない人のために何かをする・・・」
今の日本人が、分かっていて、なかなか実行できないことなのではないのでしょうか?



10月からは、5回にわたり、羽尾歯科医院 春日山での高校生たちの研修が始まります。

目標は「あいさつ・感謝のありがとう・笑顔」です。

院内では、みなさんの治療の際に、高校生たちが研修を行っていることかと思いますが、「頑張れ!」の一言をかけて頂ければ幸いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの銀歯は、永久にもつのでしょうか?

2015年08月12日 | 歯のお役立ち情報

みなさん、夏休みをいかがお過ごしでしょうか?

この機会に、自分のお口の中を鏡で観察して、予防歯科を始めませんか?
今回は、そんな内容のお話です。


定期的なチェックで、不適合な詰め物・被せ物の対策を!





詰め物、被せ物、被せ物の下にある金属の土台、セメントなど治療に使用した材料は年月とともに劣化します。
そして、劣化した状態を何年も放置すると、金属アレルギーのような体に様々な悪影響がでてきます。



被せ物・詰め物の状態は患者様ご自身ではわかりません。
不適合な被せ物・詰め物は早い段階で発見し、やりかえることで歯を長持ちさせます。
何年も歯科医院へいってない方はチェックが必要です。
ご家族にそのような方がいる場合は、早めの健診を勧めてあげてください。


保険適用にはなりませんが、以下のような歯や健康に良い材料もあります!

【ゴールドの詰め物】
→しなやかで歯との適合が良く詰め物と歯の隙間ができにくい材料。



【セラミック系の被せもの】
→汚れがつきにくく、変色しにくい材料です。



【グラスファイバー系材料を使った土台】
→腐食しない、歯の根っこに優しい材料です。




これらの材料は被せもの・詰め物が長持ちするだけでなく、歯を長持ちさせることにもつながります

お気軽にご相談ください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加