肩の力を抜いて・・・

肩の力を抜いて無理せず、頑張らず生きていきたい私の徒然日記。

東海道53次ラン&ウォーク(6/11)③岡崎宿〜知立宿

2017-06-16 00:27:09 | マラソン
二日目の朝は、家康の産まれた岡崎城から出発します。

家康公生誕の朝、城楼上に雲を呼び風を招く金の龍が現れ、昇天したという伝説が残るパワースポットの神社


















大手門


大手門前の二十七曲碑


さてさて、昨日は道標の「へ」まで行ったので
今日は「と」からです






「ち」




「り」


「ぬ」


「る」






「を」






「た」


「れ」

(位置関係がわかるように地図をそのうちつけます)

NHKの連続 テレビ小説「純情きらり」のロケ地だったそうで、出演者の方々の手形がありました


カクキュー前に




八丁蔵通り




カクキューさん。創業三百五十年。






道標。右西京方面へ進みます




東海道一の長橋。矢作橋を渡ります


国道一号線を渡りたいけど横断歩道が見当たらず
地下道を発見したので入って行くと
















地上に出て再び
鹿乗橋を渡り


奈良時代の創建




安城市入りました


国道一号線の分岐点、尾崎東の信号を右方面へ


尾崎の一里塚跡。日本橋から八十三里目


内外神明社。伊勢内外宮の神を祀っているそうです


永安寺










松並木が続きます


安城市と知立市の境の川に架かる猿渡川橋を渡ります


道標「従是四町半北八橋業平所縁の名所」と書いてあるそうです。
元禄九年(1696)の建立だそうです




来迎寺一里塚。日本橋から八十四里目


振り向くと

両塚残ってます

道標「見返弘法大師 従是十丁」と書いてあるそうです


道標。元禄十二年(1699)建立
「従是五丁北八橋業平作観音在」


歩道橋渡ります










馬市盛んだったそうです


地下道で向かい側に移動します




地上に出ると


知立駅方面へ
なんか時間が止まってる様な町並み






知立駅着きました。今回はここから帰ります


今朝のホテルから知立駅まで


二日間、頑張りました








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道53次ラン&ウォーク(6/... | トップ | 東海道53次ラン&ウォーク 知... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マラソン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。