肩の力を抜いて・・・

肩の力を抜いて無理せず、頑張らず生きていきたい私の徒然日記。

東海道53次ラン&ウォーク(7/29)大津〜京都三条大橋

2017-08-09 00:56:21 | マラソン
東海道53次の旅ラストランは大津駅から出発です


大津駅から京町通りを北方面へ前回のここまで戻ります(奥が大津駅)


大津駅を背に左折します

これは、いわゆる「大津事件」
明治24年訪日中のロシア皇太子を警備の警官が斬りつけた事件。

京町一丁目の交差点角に
札の辻跡




傍に、大津市の道路元標


領界石?


蝉丸神社。へぇ〜踏切渡って行くんだね


安養寺








国道一号線と合流します。右側は歩道がないので反対側を行きます


京阪京津線と平行して
しかし暑い暑すぎる
しかもずっと登り坂


名神高速道路の下をくぐります


蝉丸神社上社。
ねっ、道路、結構な坂でしょ⁈


この坂、どこまで続くの〜


弘法大師堂


寛政6年(1794)の常夜燈


逢坂山関所跡






蝉丸神社




大津そろばんの始祖碑




道標「右一里丁 左大谷町」
この辺りに大谷の一里塚があったそうです
日本橋から百二十三里目


すぐ横に古そうな「これ」なんて言うのかな
水が流れてます


名神高速道路の下をくぐり


交番の前を左折します


ここら辺のマンホールの蓋


追分道標。大津市と京都市の境?






車石




親切な案内がありました


三条大橋まで6.5キロ




車石。運搬手段は馬じゃなくて牛だったのね






道標。小関越追分
大津駅から「札の辻跡」を曲がらずにまっすぐ行くと 逢坂越えの裏道「小関越え」となりここに出るみたいです。


徳林庵地蔵堂(六角堂山科地蔵)




六地蔵


道標「伏見六ぢざう道」


明治天皇御遺跡碑




五条別れ道標 宝永四年(1707)建立
「右ハ三条通」




東海道線のガード下をくぐります


三条大橋へ続く道


今ここ


ちょっとこの後道に迷い、やっと見つけた道案内


またしても坂


大乗寺




下に走ってるのは府道143号線


ここをまっすぐ行くと 府道143号線に合流します


車石ってこういうことね




出ました三条大橋まであと少し


ここ何かな?


粟田神社
貞観18年(876)の創建。
神社の前を旧東海道が通っていることから、京を発つ旅人は、まずここで旅の無事を祈願したそうです。旅行安全の神と信仰されているそうです


粟田焼?


お店の看板犬?後ろ姿が可愛い


平安神宮の鳥居が見えました


あと少し、ドキドキ
ちょっと雨粒がポツポツとしてきた


三条大橋だ
ついに着いた〜 バンザ〜イ










弥次さん喜多さん


駅伝発祥の地
三条大橋からスタートだったんだ


いやぁ〜しかし京都は暑い
暑すぎる

ラストランは


延べ日数20日
総走行距離 554キロでした。

桜の季節から走り始め、ウグイスの声に力をもらいながらいくつもの峠道を越え、数え切れないほどの橋を渡り、たくさんの人達と出会い言葉を交わし「頑張ってください」と励まされ、ついにたどり着いた三条大橋。蝉の大合唱が迎えてくれました。

一生の思い出になりました。

ありがとう。感謝です。

楽しかった〜






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道53次ラン&ウォーク(7/... | トップ | ちょっと寄り道、祇園祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マラソン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。