嘘の吐き方(うそのつきかた)
人はみんな嘘をついていると思います。僕もそうです。このページが嘘を吐き突き続ける人達のヒントになれば幸いです。
 



僕の伝えるべき言葉
誰かの為の言葉
誰の物でもなく 僕だけの言葉
僕の物ではなく みんなの言葉

僕の言葉
僕だけの言葉
僕の心
僕だけの心

渡さない
あげない
見せない

信じない
誰も信じない
信じられない
誰も信じられない

だけど
書こうとする言葉

僕の言葉
書きたくて書いている言葉

遠くまで
遠くまで
投げ続ける
僕だけの伝わらない言葉

響かない
伝わらない
感動しない
僕だけの言葉

探す
探す
探す

僕は探す
僕はここにいる
僕は僕を探す

自分探しの言葉

見つからない言葉

投げられた言葉
投げっぱなしの言葉

郵便局の宛先不明の手紙が十年分貯まった倉庫で
僕は泣いた
いくら泣いても
燃やされる手紙の火を消す事はできない
この涙の量ではとても足りない

世界中のみんなが泣いたら
火は消せるかもしれないけど

世界中の誰もが
そんな事に気付きもしないから
手紙が燃えているのだと思うと
なおさら心は痛かった

過ちは消えることなく増え続け
寂しさの風は耐えることなく吹くのだろう

盗んだ手紙を袋いっぱいに詰め込んで
僕はサンタクロースを捜しに出かけた
トナカイさえも見つからなかった

凍死してゆくサンタを
どこかで笑う声がする

方位磁石をぐるぐるまわして
僕は北を探さねばならない

ぐるぐるまわして
ぐるぐるまわして。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 僕ははにゃで... 例えヒントだ... »
 
コメント
 
 
 
これはsizukuさんにあげます。 (はにゃ)
2004-08-28 11:45:06
一応トラバしました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
谷川俊太郎という詩人 (love.log)
■ これが私の優しさです   谷川俊太郎  窓の外の若葉について考えていいですか  そのむこうの青空について考えても?  永遠と虚無について考えていいですか  あなたが死にかけているときに  あなたが死にかけているときに  あなたについて考えないでいいです.