空(hanul 하늘)風(palam 바람)湖水(hosu 호수)2……青空を吹きぬける風が、湖水にさざ波をたてる。

私たちの暮らしは、美しい自然と共生をとりたい物です。そんな日々の暮らしで、感じたことを綴ります。

PACモーニング室内楽(モーツァルト&ベートーヴェン)

2017-06-03 15:05:13 | 日記

朝一番で、西宮まで行きました。

ホール内は、熱心なたくさんの方がいらっしゃいます。

モーツァルトとベートーヴェンという組み合わせ、在るのか無いのか!

まず、モーツァルト。オーボエというのは、縁の下の力持ちと思っていましたが、なかなか。

オーボエの黒、ヴァイオリンのブルー。いずれがアヤメ科かカキツバタ。

この若き二人が奏でるのを、紺のヴィオラと黒のチェロが後ろでしっかりと支え、

「好きなように歌いなさい!」といった雰囲気の20分だった。


その後、ベートーヴェン。こちらの衣装はすべて黒だったけど、

弦が奏でると、管が答え。また逆に、管の誘いに、弦が乗ってくるという間合いのように感じました。


いずれの演奏も大満足。充実の1時間。500円は、安い。

オーボエの後ろ姿まで、5m。ヴァイオリンblueまで8mという位置でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ステレオタイプを ぶっ飛ば... | トップ | よせぴっ-2017.06 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。