空(hanul 하늘)風(palam 바람)湖水(hosu 호수)2……青空を吹きぬける風が、湖水にさざ波をたてる。

私たちの暮らしは、美しい自然と共生をとりたい物です。そんな日々の暮らしで、感じたことを綴ります。

本当でしょうか?「生存の残留日本人1人」

2017-06-28 18:46:06 | 日記

毎日新聞デジタルに、速報として出てました。毎日新聞2017年6月28日 17時53分

「生存の残留日本人1人」合意後これまで7人死亡

朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」電子版が報道

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙、朝鮮新報(電子版)は28日、日朝合意に基づき2014年に設置された特別調査委員会が北朝鮮で残留日本人8人の生存を確認したが、これまでに7人が死亡し、生存者は残り1人となったと報じた。調査委関係者の話として伝えた。

  北朝鮮側が調査委による残留日本人の調査結果や生存者の数を明らかにしたのは初めて。同紙は、残る1人も84歳の高齢で「問題解決は急務だ」としている。

 調査委で日本人遺骨調査を担当し、残留日本人らとも面会した外務省傘下の日本研究所の曹喜勝(チョ・ヒスン)上級研究員が明らかにした。生存しているのは東部咸興の荒井琉璃子(るりこ=北朝鮮名・李由金=リ・ユグン)さん。荒井さんは今年4月、現地で日本メディアの取材に応じ、訪日して生き別れた両親の墓参りをしたいと話した。

 日本人拉致問題の再調査などを行う特別調査委員会は、残留日本人についても並行調査していた。北朝鮮は昨年2月、日本政府が独自制裁を強化したことに反発し、調査委の解体を表明した。

 朝鮮新報によると、北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使は今年4月、日本メディアとの記者会見で、残留日本人問題について「日本政府からの求めがあれば、人道的観点から対応する」と述べていた。


事実で、一人でも生存されているのなら、喜ばしいことですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バニラエアーあかんやん | トップ | 韓国民主化「6.29」宣言30年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。