ただいま静養中(CFSを克服するぞ~!)

慢性疲労症候群(CFS)という病にかかったhantaがバックカントリーにカムバックするまで。

漢方医を替える。

2017-06-18 10:27:51 | 慢性疲労症候群・漢方治療
話は2ヶ月前に遡って。
阪大病院の漢方外来が縮小になって、担当医が阪大病院を去った。
で、紹介状を書いてもらって、近所で漢方をやってる内科を今週受診した。

発病当初からの症状の変化を説明し、
脈診、舌診、お腹を触っての診察。
変わってたのが、「悪夢は見ますか?」という質問。
自分は、寝汗をかいて起きるときに悪夢を見てる。
内容は、行き先に向かって歩いているんだけど、
急に両脚が重くなって脚が進まなくなり、もがき苦しむ・・・というもの。

治療の方針と処方した漢方薬の説明を丁寧にしてもらった。

漢方の処方。

 エキス剤(漢方外来処方)

  TY-037番 東洋桂麻各半湯 1日3回食間
  EKT-34番 クラシエ白虎加人参湯エキス錠 1日2回朝夕食前
  12番 テイコク柴胡加竜骨牡蛎湯 1日3回食後


セッコウをずっと主力として飲んでたけど、そこの医院では扱ってないので、
白虎加人参湯で代用とのこと。
桂麻各半湯は初めて。
カラダの表面の反応が悪くなっているので、一度活性化させるそうで、
一時体調が悪くなるかもとのこと。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胃薬セルベックスが慢性疲労... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL