ただいま静養中(CFSを克服するぞ~!)

慢性疲労症候群(CFS)という病にかかったhantaがバックカントリーにカムバックするまで。

バイオマーカーを発見したそうです。

2016-10-19 21:27:42 | 慢性疲労症候群・メディア記事、情報等
「慢性疲労症候群の客観的診断に有効なバイオマーカーを発見」

http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2016/161017

記事を読んだけど、よくわからない。

・細胞のエネルギー産生系および尿素回路内の代謝動態に問題がある
・TCA回路前半および尿素回路において代謝機能が低下している

自分の中では、今まで、自律神経と免疫がおかしくなってると理解してたんだけど。。。
この発表において、代謝で有為な違いが認められたということは、
細胞レベルで何かマズイことが起こっているということ?

難しいので、ちゃんとした事が書けないけど、とりあえず報告まで。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日は鍼の日。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (半寝たきり雀)
2016-10-24 18:47:19
10年ぶりにネームを変えてコメントします。CFS歴20年弱です。PS6から7くらいですが・・。乳がんにもかかってしまい手術をうけます。元気になりたいです
初めまして (TEN)
2016-10-26 10:37:44
2015年の始め頃から不眠と軽い咽の痛みで体調がすぐれず夏場に凄まじいアレルギー症状その後お決まりの倦怠感で悩まされ慢性疲労症候群…それでも会社も休まず就業してたんですが休みの日はほぼベットでという日が続いてました。
アレルギー症状は治まったんですが今年に入って体重が10㎏以上落ち、不眠と仮眠を繰り返し、今までとは違った症状が出始め大阪のナカトミクリニックで受診。速攻で休職指示…鬱症状がかなり進み…傷病手当金の話をされ頭の中が真っ白です。確かに体調はすぐれなかったけど仕事は殆ど休まず残業もしてたしちゃんと通院もして漢方薬も飲んでたし…多少睡眠薬や精神薬は処方されるかと思ってましたが…確かに鬱病に似た症状はありましたが倦怠感からくるものだろう位にしか思ってませんでした。希死念慮や会社に行けない引きこもる程の落ち込みが見られないのがこの病からくる鬱病や精神障害なんですね…診断されたのが先週で今週末に又ナカトミクリニック受診です。いつまでの休職指示なのか今後の治療法もわかりません。契約社員なので社会保険は適用ですが休職制度はありません。貴方様のセーフティ記事みてとにかく生きる事優先です。独身一人暮らしの上頼れる身内もいないしと頭の中が真っ白です。今後かかる医療費用や休職がどのくらいで社会復帰可能なのか?この病って人によって物凄く症状に差がある上、専門的に治療できる機関が限られてるんですね。食欲がないしお腹の調子悪いし全身鈍い筋肉痛です。でも動けるですよ。怠いですがネットも読書も可能です。先生もここまで症状がでてたら思考力にもなんら症状がでてるはずとちょっと訝しい感じでした。勿論集中力は落ちてますけど…まあ今より悪くならない様にするしかないですね。ちなみにおそらく貴方様と同じ世代です。
Re: 半寝たきり雀さん。 (hanta)
2016-10-27 12:20:01
コメント、ありがとうございます。
私のCFS歴も10年を少し超えました。
なんだかんだで、このブログも10年を超えているようですね。
改めて、長いな~と思いました。
私の体調は、

・家で静養していれば、しんどくない。
・1日2日なら動けて、のぼせは2日程度で治まる。

と、最底辺から上がって、踊り場で小康状態というところです。
バイトができる程度まで、もう一段どうやって上げるか?を思案しているところです。

乳がんについては、安易なことは言えませんが、
手術がうまくいくことをお祈りしております。
昨日、テレビで乳がんの術後に小線源からの放射線で患部を治療するというのを見ました。
東京の昭和大学病院だったと思います。
ご参考になれば。

Re: TENさん。 (hanta)
2016-10-27 12:52:34
TENさん、初めまして。
体調がすぐれないなかでの、コメント、ありがとうございます。
ちょっと長くなりますが、読めるときに読んでもらえば幸いです。

休職指示と傷病手当金の申請は、医者の言う通りだと思います。
私の経験ですが、なるべく早く悪化する前にちゃんと治療するべきだと思います。

私も2年弱の求職の後、職場復帰しましたが、
復帰後6ヶ月で再発し、初期の状態より悪くなり、慢性疲労症候群の症状が常態化し、
結局、退職することになりました。
休職期限内の職場復帰を選択したのは、結果的に間違った選択でした。


私の初期の症状は、続く微熱、体重が6kg低下、免疫低下による湿疹がありました。
思考力については、記憶力がかなり落ちましたね。
頭に入ってるべき仕事上の数字がしょっちゅう抜けてましたし、
変わった症状では、車の運転中に、標識が二重に見えてたりしてました。

『でも、なんとか動ける』というのはよくわかります。
私も症状が出てから、4ヶ月はドクターシッピングをしながら働いてました。
しかし、最終的に阪大を受診し、精密検査で免疫の数値がものすごく低くて、
「突然死する可能性あるから、すぐに休め」と、医者に指示され、観念しました。

精神症状ですが、私も死にたいとか落ち込むなどの通常の鬱の症状はなかったのですが、
異常な倦怠感とのぼせ等があり、非定型?身体症状型?の鬱に分類されるそうです。

慢性疲労症候群は、身体症状と精神症状の兼ね合いで分類が3つあります。
あまり自分が精神病だとマイナスの捉え方をしない方がよいと思います。

私の知っている限りはでは、とにかく、静養して体調を戻すことが大事だと思います。
ありがとうございます。 (TEN)
2016-11-01 21:44:31
やはり3ヶ月〜半年は休職になりそうです。職場の上司もそんなに悪かったのか?
って感じで。周り心配しながらもちょっとひかれてます…まあ今まで休まず結構残業してたんでただ今年に入って激ヤセした上、認知度低いよくわからない疾患なんで仕方ないですね。経済面がかなり不安ですが最近は微熱と筋肉痛に耐えながらなんでもういいやって感じです。実際休職に入るのは年明けからになりそうです。有休がかなりあるし今月は既にかなり人出不足で悲惨な状態なので頑張れるだけ今後の為にと思ってます。
身体が資本ですね。本当に…元気ならダブルワークや残業で稼げるし美味しい物食べて好きな事できるのに…傷病手当金貰って家でのんびりが決して幸せじゃないって病気になる前は考えもしませんでした。ずっと働いていたし大きな病気はした事なかったので…鬱のせいかネガティヴになってしまってます。休職すればそういう考えは治るからと先生は言ってましたが…3ヶ月から半年ですがいきなり傷病手当金が1年半受給できると言われ正直その期間に今後の人生の身の振り方考えざるを得ない状態を突きつけられた気がするのは考え過ぎでしょうか?上司は有休でなんとかならんか?契約見直して週3日でもとか…言われたのでまあ戻る場所はあるみたいですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL