おぐち自給農園、2反百姓の日記

-都市の貧困と農村の貧しさをつなぐ、「生き方」としての有機農業を目指して-

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人参の発芽悪し。

2012年08月11日 07時22分34秒 | 
 8月6日から10日まで帰省していました。秋の種まき準備のため、除草と畑の手入れ、種の購入などです。

 7月21日頃まいた人参はあまり発芽率がよくありません。雨がほとんど降っていないということが原因だと思います。地面は割れていますし、新聞でも信州は記録的猛暑と騒がれています。

      

 2つのベッドをつくり、5条ずつまいた人参。今週末、雨が降るようなので、これで発芽してくれるだろうか。1つは、時期が遅いので、3寸人参を発芽していないところにまき直しました。もう1つは、様子を見ます。というか、草とりだけでへばってしまい、まき直しが面倒になってしまっただけですが。雨を祈りましょう。

 ズッキーニやナス、モロヘイヤ、エンサイなどの夏野菜は徐々に収穫でき始めています。キュウリやゴーヤにはもう少し頑張ってもらいたい。

 枝豆はパンパンでもう終わりをむかえそうです。

      

 これはルッコラ。この時期に葉物はうれしいです。見てのとおり、群生です。

      

 春にまいた時は、どうも成長が悪く、ほとんど収穫できませんでした。そのまま綺麗な白い花を咲かせて、種とりでもしようかと思ったのですが、時期が合わず、そのまま落として、トラクターを1回入れました。そしたら、柔らかい葉のきれいなルッコラが次々と。人間をあざ笑うかのようです。せっせと種をまいたのが馬鹿らしくなりますと。。。もう食べきれないので、周囲にも勝手に収穫していってくださいと言っています。

 マクワウリも食べれそうなものを収穫してみました。甘くないメロン。香りは抜群です。サラダにしてもよいそうです。

      

 ミョウガも草に覆われていたのを、綺麗にしたら、きちんと芽を出していました。
 
      

      

 刻んだミョウガとキュウリをいただき、気持ちをシャキッとさせ、川崎に戻りました。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際水映画祭2012  9/1(土) | トップ | 「今こそ有機農業で脱原発の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。