おぐち自給農園、2反百姓の日記

-都市の貧困と農村の貧しさをつなぐ、「生き方」としての有機農業を目指して-

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福島から塩尻へ(3月25日~27日)。

2012年03月28日 00時09分00秒 | 
 福島での集会を終え、そのまま塩尻に帰省しました(福島でのことはまた後ほど、報告します)。

 塩尻もまだまだ寒く、夜は-5℃くらいまで気温が下がりますが、日中は10℃を超し、快晴でした。外に出ていると暑い暑いと独り言を言ってしまうくらい。春に向けての準備で、まずは種イモの確保です。

    
 
 昨年は、出遅れてしまったため、良い種イモを購入することができませんでしたが、今年はなかなか形も良く、大きめのものを見つけることができました。色々と種類を試したいと毎年考えているものの、今年もメークインと男爵です。昨年よりも少し、増やして、メークイン15キロ、男爵13キロを購入。プラス昨年収穫したジャガイモのなかから、種イモとして使用できそうなものを植え付けようと思っています。

 芽だしをするため、コンテナに広げ、土蔵で保管。ネズミとか出なければいいのですが。それだけが心配です。なんせ、緑肥とホウレンソウの種を全部食べられてしまっていたので。。。

           

 後は、収穫作業。大根や人参、ネギをせっせと収穫。すべて、雪の下にあったのですが、たくましく生きているものです。畑に冬中、野菜を出しているのは、僕の畑くらいで、外に出していても寒さに耐えてくれますね。大根は一部腐っていますが、そこを取り除けば、十分おいしくいただけます。ネギと人参も甘いこと甘いこと。

           

           

 そこで、大根は切干にしました。中身も白くきれいです。厚めに切り、干してきました。肉厚の切干大根は本当においしく、好評です。もっと時間があれば多くつくることができるのですが、今回は10本ほど切り、終えました。

 畑の土は非常にやわらかく、これはトラクターをいれなくても、今のままでジャガイモの植え付けができそうな感じです。大根を育てたところは、ちょうど土寄せをして畝が自然とできているような感じなので、ここに植え付けることができるかなと考えています。

 種の注文も終え、4月に帰省するのが楽しみです。

    

 家の隣にある梅も花を咲かせる準備をしています。今年はうまく咲いてくれるでしょうか。
 
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日から福島。 | トップ | 雨はやみ、風もやや弱くなっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。