生涯いちエンジニアを目指して、ついに半老人になってしまいました。

ボーイング機などのジェットエンジンの国際共同の設計開発に携わった眼をとおして現代の技術のあり方への疑問を解きます。

八ヶ岳南麓の24節季72候 土潤溽暑「ブルーベリーを囲う網に蛇が絡まった」

2017年08月05日 15時34分40秒 | 八ヶ岳南麓の24節季72候
土潤溽暑 (大暑の次候で、7月29日から8月2日まで)

ブルーベリーを囲う網に蛇が絡まった

「つちうるおうてむしあつし」と読まれている。土に水分がたっぷりと含まれ、それが熱気となって空気中に上がり、人間どころか植物も汗をかくと云われる。東京や京都などの大都市の中の蒸し暑さもあるが、ここ標高1130mの林の中では、強い紫外線に照りつけられる濃い緑が発する蒸し暑さになる。足元には、雑草がびっしりと生え、草むしりが追いつくことはない。その中を、ヘビが動き出したようだ。
 
 昨年のブルーベリーは大豊作で、7月5日から10月23日までの間に、12本の木から23kgが収穫された。ジャムの瓶は64個。しかし、今年は調子が悪い。多くの実が、小さいまま黒ずんでしまった。稲作もそうだが、実が入る時期の悪天候はいただけない。今日までの収穫は、4本の木からの400グラムのみ。しかし、まだ大きなラビットアイの4本の収穫が1週間後に始まるので、それからの楽しみが残っている。

12本のブルーベリーの木、狭い庭なので、お互いの枝が絡みあってしまった。


 
 8月2日に4本目の収穫が始まった。東北の角にある、一番日当たりが悪い場所の木だ。何となく下を見ると、一匹の蛇が絡まっていた。随分と長い蛇で、網に複雑に絡み合っていて、身動きがとれないようだ。近寄っても、ピクリとも動かずに、生きているのか死んでいるのか定かでない。丁度、「やまかがし」の事故のニュースの後だったので、そのままほおておくことにした。二日たっても一は全く変わっていない。「気持ちが悪いから、早くとって捨ててきて」と奥さんが言うのだが、もう少し様子を観ることにした。
 



 今朝(5日)、頭の位置が変わっていた。網の外に向かって真っすぐに伸びている。明らかに生きている。蛇は冬眠もするので、数日間飲まず食わずでも平気なのだろう。もう数日間、様子を観ることにした。
全長は、結構長いようだが、網に絡まっていて良く分からない。




ヘビの上のほうには「かみきり」がのんびりと日向ぼっこ中。
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メタエンジニアの眼シリーズ... | トップ | 八ヶ岳の24節季72候 涼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

八ヶ岳南麓の24節季72候」カテゴリの最新記事