今 ここ 自分

日々のつれづれ日記です。
旅・恋愛・人生について・・・・
最近手作り石けんやアロマ
そしてダンスと旅に夢中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都妄想ツアーのお知らせ

2007年03月13日 | 旅のつれづれ
実はこの度、カラー&アロマの講師をされている、色映みほ先生との
共同企画で、旅行の中に、アロマ&カラーや、フラワーエッセンス、
クリスタルなどの1DAYレッスンを取り入れたちょっぴりスピリチュアルな
ツアーを企画してみました♪

期日は6月の平日なのでなかなかご都合合わせるのは難しい
かもしれませんが、ご興味ある方、どうぞお気軽にメールくださいね。
オーラソーマやフラワーエッセンスの知識がまったくなくても大丈夫。
ツアーの手配などは、私本人がが所属する旅行代理店を通じて行います。
詳細のパンフレットも用意しています♪


※オーラソーマってなに?フラワーエッセンスって なに?
クリスタルってなに? 初めての方にもわかりやすく興味を持って
いただけるような誰でも参加できる 1DAYレッスン形式のレクチャーを
行程の中に取り入れました。レクチャーだけの単独参加もOKです。

こういった分野に興味はあるけれど周りに話せる人がいない・・・
いい教室がなかなか見つからない。
色んな人と情報交換や体験談を通じてもっと自分の輪を広げたい。
大原や貴船を散策したい・・・・
お仲間同士でも、お一人での参加でもOKです。

★期日:6月6日(水)~8日(金)基本2泊3日  

★料金:¥57,800
(往復の新幹線代・お宿台・会議室・手配手数料
2日目の川床料理代など含みます)

各セッションの料金は、旅行代金と別途、当日お支払いいただく形になります。

☆その他、1泊2日の場合、¥45,500 現地に直接集合(交通費含まず)パターン
など、ご都合とご予定に応じて、色々なパターンの料金を設定しています。

同じ時期に京都に旅行予定の方、どうぞオプショナル気分でレクチャーに
参加してみませんか?

★場所:京都・大原 (2泊とも同じ場所に宿泊します)

★お宿:大原の民宿 (4~5名定員・バス・トイレは共同です) 
たまには合宿気分でみんなでワイワイ 楽しく過ごしましょう~ 
露天風呂も付いています♪

★行程:
1日目:東京(又は各地)~大原 大原散策     
    お宿の会議室にて 色映みほ先生のレクチャー       
2日目:大原~鞍馬~貴船散策・川床料理のお昼  
    会議室にて戸島綾子さんと昌代さんのレクチャー

3日目:チェックアウトの後はフリー 
    ※フラワーエッセンスとクリスタルの個人セッション可能です。

★講座内容:

☆両セクションとも 16:20~約2時間の予定です。
 料金:各¥4500(教材費含む) 2回参加:¥8000

6/6:色映みほ先生による  
  心の中の色を映し出すカラーセラピー&アロマ 1DAYレッスン  
6/7:戸島綾子さんによる フラワーエッセンスと
  昌代さんのクリスタル についてのプチ講座

6/7の夕食後はオリエンタルダンス又は本の朗読会も予定しています。

※3日目のチェックアウト後にはフラワーエッセンスと
 クリスタルの個人セッションをそれぞれ限定で受付いたします。

4月末日までお申し込みを受けて受けておりますので
御検討いただければ嬉しいです。

どうぞよろしく~!!
コメント (23)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

見切り発射??

2007年01月15日 | 風に吹かれて独り言
さて。
新しいブログは旅の写真とプチ雄記録からスタートの予定でしたが、
なんだか自分の心の中にとどめておきたい気持もあり、
(というか、パソコンにダウンロードしたりするのが
途方もなく面倒くさいという単純な理由もあり。オホホ)

いつ発信できるか自分でもまったくわからないので、
ぼちぼちと新しい方に記録をつけていくことにしました。
タイトルは少しサブタイトルを加えました。

こちら同様かわいがってくれたら幸いです。

お手数ですがリンクURL張り替えていただればと思います。

よろしくね★

2007年今ここ自分~AbundanceMyLife~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな旅立ち

2007年01月12日 | 旅のつれづれ
ブダペストは正味5日間ほどの滞在でしたが、
本当に導かれたとしかいいようのない旅でした。
ロンドンからブダベストに向かう間の飛行機で決めたある程度の旅の予定。

3日の夜到着し、翌日から本格的に町を散策。
王宮の丘からスタートするつもりが、おもわず「道を間違えてしまい」
たどりついた場所。
そこは大天使ガブリエルと聖イシュトバーンの像のある広場。
たぶん「ここから進んでいきなさい」というメッセージだったのかもしれない。
記念碑のてっぺんに立つガブリエル様の指す方向に歩いていくことから
始まりました。

そう思わずにはいられないほど、今回の旅行ははじめてなんだけど、
特別大きな感動も、かといって懐かしさを感じた訳でもなく、
でも何故かとても自然に町に打ち溶けることができて、行動できて、
現地の人とも言葉は通じないけどコミニケーションが笑顔でとれた。
何故かハンガリー語で道まで聞かれちゃうし(笑)

そして何よりも。光と音と歌と静寂とダンス!町のここちよい喧騒。
たいくつしのぎのMDプレーヤー持っていかなくても全然平気だった。

冬の短い太陽の差す時間とともに、刻一刻と変わっていく空の風景と
絵のような色彩の素晴らしさと空気の冷たさと同時の心地よさ!
そして月の綺麗なこと!思わず鼻歌!
「月がとっても青いから~遠回りして帰ろう♪」ですよ!

短い日照時間だからこそ、その時間大切にしようという気持。
思ったより温暖という天候にも恵まれたということもあるけれど、
朝から晩までフレキシブルに歩きまわり、そして食べました!!

最近の旅のテーマは「暮らすような旅」で、あれこれ町を移動しながらの
旅もいいけれど、時間と日程が限られている旅行しかできない今、
なるべく同じ場所にじっくり滞在し、そこから日帰りでどこかにいったり
お気に入りの場所やCAFEをみつけたら、何度も足を運んでみよう。
服装も旅行だからと気をぬかず、おしゃれにして、そうすれば
ちょっといたレストランも勇気だして1人でも入れるしね。
時にはホテルに花を買って飾ったりもしたいなあ~。なんて。
結局1日中動きまわってホテルには寝るだけになってしまったけど(笑)

でも本当に好きな場所に何度も行けた。
朝と夜、太陽の日差しの中と曇り空、時には雨の王宮の丘とくさり橋の風景。
朝一番、誰もいない王宮の庭から望む対岸の風景と銅像と空のコントラスト。
くさり橋の夜景は最高。馬鹿みたいだけど毎晩夜景を見に行きました。
ホテルは最初に直感で選んた東駅からちょっと離れた淋しい通りの
場所で、夜は何事もなくたどりつけるよう祈りながらだったけど、
ホテルから英雄広場、そして大聖堂までどっちにも乗り換えなしで行ける、
私にとってはゴールデンルートがあったのだ!!
って、最終日にきがついたんだけどね。

エリザベートゆかりのグドゥルーのお城では大人な「シシーカフェ」を堪能し、
急に気になり世界遺産のあるペーチという町にも日帰りでいけたし、
最後の日には朝から温泉にもはいったよ。
多少(かなり?)服装は浮いたけど、突然オペレッタ鑑賞もできた!
ちなみに演目は「ロミオとジュリエット」でした。
途中で刺されて死んでしまうロミオの友達役の俳優さんが素敵だったわ♪

国会議事堂のツアーと民族舞踊は残念ながら本格的なのは鑑賞できなかったけど
それは今度ね。町中を走るトラムやトロリー、バス、インターシティ特急列車。
色々乗りまくりました。そのほか書ききれない位色々・・・

いつもは日本のことがきになって、必ずネットカフェ見つけては
メールやブログのチェックしちゃうけど、今回は携帯で新年の挨拶と
多少のメールだけ。会社の事も家の事もある意味ダンスのことさえも。
まるで「ここにいる自分が本当」で日本の自分が仮なんじゃないかって
思うくらい、他のこと忘れていました。
ロンドンの彼だけはこまめに電話くれたけど(笑)

そしてドナウ川と橋。
くさり橋だけでなく思わぬところで四つの橋を渡ることができた。
色んな場所から川の流れを堪能しました。
本当は水をくみたかったけど、手を川の水につけただけ(笑)

そして「あの場所はどこ?」
最初にくさり橋を自分の足で渡った時、ある場所でとてもゾクゾクして
橋から川を覗きこんだとき、「もしかしてここ?」って思いました。
でもあとから感じました。「川の流れが逆だ・・・・」と。
あの花を投げたのは、上流からの流れだったもの。
反対側も歩いたけど、かぎりなく近いようで違う・・・・・
でも多分この川の流れているどこか。そんな気はする。

もしかしたらもっと田舎の場所にかかる橋なのかもしれないし、
探せないかもしれないし、そんな場所最初からはないのかもしれない。
もしかしたら「今」だから、上流でながした花が流れていった方向を
感じたのかもしれないな。

そして一番の出会いは、聖イシュトバーン大聖堂。
イシュトバーンという名前は、かつて読んでいた栗本薫の「グイン・サーガ」
に出てくる人物の名前で、なんとなく親しみも感じてましたが、
この場所は本当に神聖な時間と空間が漂っていて、滞在中4回訪れました。
何度行っても、ずーといても飽きないのです。心が穏やかになれる場所。
そして本来ならツーリストは体験できない事を体験することができました。
大聖堂に響き渡る修道士達の清らかなオペラのような賛美歌。
まさか聞けるなんて。

そして「許し」のカードを引いた時に、許すべき、許されるべき存在は一人だけ。
祈りのためにおとずれたときは大勢の観光客でごった返しで、
真ん中の祭壇まではロープが張られてすすむことができなかった。
でも夕方再び訪れた時にその願いが叶いました。
言葉は全然わからなかったけど、周りの人たちの祈りの呼吸がわかった。

そのときに導かれているという直感を感じました。
きっとお共にエッセンスとカードと自家製?ペンジュラムを
連れていったせいかな?
毎朝引くカードのテーマと出来事、感じたことがまるであわせ鏡のようでした。

ブダベストで過ごす最後の日。すべてがそうであったと感じた日でもあり
気付きと出会いのあった日。

朝、ゲッレールト温泉で体を清めて、
再び大天使様の元に旅のお礼をいおうと広場を訪れた日。
偶然かな?思い過ごし?きっと私だけが特別じゃなくて
他の人も似たような体験きっとしているだろう。
な~んて思いながら、あるハプニングが起こり
「本当にいるなら・・・・」と思った時。

見えない力が本当にはたらいたと、それは映像や声で見えるものではなく
「物事そのもの」でおきるのだなと思えた瞬間。
それは本当に突然でした、そして徐々に・・・・
これは妄想じゃありませんよ。ここには書けないけど。
そしてものの見え方や物事は決して一遍ではない。色々な角度から、
色々な「色」で見えるということも教えてくれた。

導かれている、守られているという事はその後も体験しました。
あの時なんで、あのオトコの人はずいぶんと先を歩いていたのに、
大聖堂のドアを私が来るまで開けて待っていてくれていたのか。
他のツーリストは出ていくのに現地の人々の礼拝の列に
「Mercy」といってロープを開けてくれた係りのオジサン。ありがとうね。

そしてきっとあの時、夜の広場であの彼女が道を聞いてこなかったら。
1人だったら財布の中身を全部チェックされ、多分詐欺にあっていた。
でもお金は無事だった。

そしてある1人の女性と出会いました。
ふと見かけただけで会話はしていないけれど
それは一度じゃなくて。座る場所もいつも近くて。
きっと何か縁がある。思い違い?でもきっとそう。
またあの場所に戻った時に、きっとあの時間に会える気がします。
いや会いたい。会ってお話してみたい。

それから日本食レストラン「ARIGATO」の女主人のu原さん。
一緒にお昼食べましょうと言ってくれたのに、時間とれなくて
いけなくてごめんなさい。でも次、ぶっかけそば食べに行きます!

そして、ブダペストを旅しながらもひしひと感じた。
かの場所からのメッセージ。
最後に聞いた音楽は、まさかのタブラの響き渡る音!
思わずその場で音楽と一緒に踊りたくなったよ。
その直後には「ホルスの目」と「ロゼッタストーン」だもの!
次に帰る場所はそこだね。
大天使様はまずは初日から「エジプト」に導いてくれたものね。

とまあ、簡単にまとめるつもりがこれまた長くなりすぎて
この調子で毎日のこと書いていたら恐ろしいことになりそうなので
辞めておきますが、あとは写真と簡単なコメント付で記録していけたらなと
おもいます。
デジカメと携帯とバカチョンで多分1000枚近く撮影してます(笑)
ダウンロード終えるまでに数ヶ月はかかるでしょう。


で、本当のまとめ(ってまだかい!?)
今回の旅の全体的なテーマ。やっぱり「小休止」でした。
そして「Safe travel」のカードも守ってくれました。

わずかな時間だったけど、今までの日常から少し離れた事で
何も考えない中にも、あらたな今後のビジョンが見えてきたような。
まさに「小休止すること」で、今まで突っ走ってきた事や
見えなかった事に対しても落ち着いて考える(というよりも本当に心で感じる)
ことができた気がする。

やっぱり私は旅が好きだし、きっと魂の場所をまた探しにでるのかな~て。
そして何気に選んだこの場所は、再び帰る場所。また一つ増えました。
怪我や病気、トラブルもなく最後家に帰るまで楽しく過ごせたから
こそ帰ろうと思える場所なのかもしれないです。

愛すべきどんな形でも続いていけるだろう存在。
許し、許されるべき存在。
好きな事でも、やっぱりほどよく「梅コース」
いい意味で広く浅く、色々やっていこう。
去年はあまり時間がとれなかった石けん達も作っていこう。


そして最後の日に突然姿、ものすごい色の画面に変わってしまった
携帯カメラは、物質だけじゃなくて物事の色々な見え方、
今現実に目の前に見えるのは「自分の目から」みた姿や概念でしかなく、
本当はすべて真実でもなければ虚偽でもないと教えてくれた様でもあり、
それは帰国してからぶちあたったある事に対しても、
そうおもえば受け入らえると。

大天使ガブリエルは神の意思を伝えるメッセンジャーの役割をもった天使で、
ハンガリー初代国王であるイシュトバーンに王位を授けるよう、
ローマ法王の夢に現われたと言われています。


日本に戻る日の朝の町はものすごい霧で、飛行機が飛ぶのか心配だったけど
あっという間に再び、ヒースローで乗り換え。10日の朝、成田につきました。
「ジェトラグ」のおかげで、時差ボケにもならず、会社も遅刻せずに、
いやいつもより早い電車で初出勤できました(笑)

成田について、「Welcome japan」の看板を見たとき。
「そうだ旅は終わりじゃなくて、また次の場所に帰るまで、
日本で働きながら好きなことしながら旅してると思えばいいんだ」
という妄想です。そうおもうと、仕事も楽しくできそう!?
で、早くも次の場所までのカウントダウン開始。
更に来年まで旅のビジョン炸裂。
そろそろ豆腐の角にあたまぶつけた方がいいでしょうかね?

帰国した日の夜はめずらしくテレビ。
篠原涼子の新ドラマみたら、それに更に火がついた~!
大前春子。彼女までスキルや技能はもっていないけど、
かつて憧れた人生のスタイルそのもの。しかもダンス付き!
今からでも遅くないわ。春子の「梅コース」で行きましょう!
ランチはさば定食ならず、100円マック組み合わせコース(爆)

そして・・・・・旅の途中、マレーシアの時もそうだったけど。
沢山のメルマガにまじって、エジプトからメール。
うち一通は悲しい知らせでした。知らせてくれたのも意外な人だったのだけど。
エジプトでのクリスマスの直前に天に旅立たれたのでしょうか。
たった1日だったけどあった事のある人。
もしかしたら将来の家族になる人かな?と、仮にでも一度はおもった人です。
電話してあげてってメールにあったけど。もうできないよ。
アラビア語でおくやみの言葉を偶然にも聞く事ができたけど・・・・
もしも次に会えたら、色々話したいな。伝わるかわからないけどね。

今年の抱負は。。。特にないかなあ。
流れるままに。ナイルやドナウの川のように。
かな・・・?

そしてここのブログ、2004年からお世話になっておりますが
新年を機にお引越しします。
書きやすいのだけど、画像とテンプレートの数がイマイチで(汗)
新しい記録の場所は膨大な写真とともに旅行の記録で幕開けかな?

ととのったらまたご挨拶いたします。
そちらにも是非遊びに来てね。


それでは私の妄想にお付き合いくださいましてありがとうございました!

★画像はお土産にかった石けん達です。本当に「石けんバカ」
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

感動のカウントダウン~ニューイヤー

2007年01月11日 | 旅のつれづれ
おくればせながら
A Happy New Year!!

新しい年がやってきました。
みなさんはどんな年越しと新しい年を迎えられたのかしら?

年末~新年にかけての出来事。

2006年日本での最後の夜はKinkiの東京ドームライブ。
今年最後の棚ボタチケットは、もしかすると最初で最後かもしれない?
アリーナ最前列
しかも光一君側♪やっほ~。何気にSHOCKの公演でお気にの
MA松田君もばっちり肉眼で鑑賞できて、何より最高でした♪
予想よりも??派手なステージで、まさに光と音とダンスの洪水!!
こんな素敵な演出を最後に出発できるなんて最高!
今年は色々あったけど素敵な年末を過ごせた感じ。
一足早い年越しそばを食べて寝床に着きました。

そして12月31日。出発。
約2年ぶりの一人旅はロンドンとブダペストへ11日間のプチ旅行。
2年前に行ったプラハにもう一度行こうと思っていたけど
何故かブダペストの写真に惹かれて、8月にはさっさと予約だけしておりました。
しかもずーっと「ブタ」ベストだと思っていた位、情報に関しては無知で
とんちんかんな状態で(爆)

出発の日の朝。
引いたカードは「pause~小休止」
やっぱり色々立ち止まって考えろという事なのかな・・・?
そんな思いと、本当に会えるかな~?久々の再会を胸に飛行機に乗りました。


飛行時間約12時間。ロンドンの空港で、再会!
たしか最後にあったのは、水戸の駅前の映画館で
「マトリックスリローデット」を一緒に見た日だと思うけど
もう何年前なのかも忘れてしまうくらい昔。
でもそんな事関係ないくらいに、つい昨日あったばかりのように、
自然に再会できました。見た目も変わってなかったよ。

今から15年前。生まれて初めて一人を旅したスリランカで出会って
日本で偶然ともいえる再会。そして紆余曲折ありましたけど、
次にまさかロンドンで会うとはね。人生わからないね。
特にキミの人生は私以上に波乱万丈だ。
でも今思うといつも前向きだったよ。そして今も前向きね。
別れてから、何年も会わない間にお互い色々あったね。
キミは何より、大事にすべき守るべき家族ができた。


ロンドンは生まれてはじめての海外で最初に降り立った場所で、
今回で2回目。それこそ17年ぶり??そのときはあまりに食事が
まずくて(イギリスの方ごめんなさい)マダムタッソー蝋人形館
とケンジントン公園とピカデリーサーカスを散策しただけで
ドーバー海峡を渡ってしまい、今回もバッキンガム宮殿と
その周りの公園だけで、いわゆる市内観光はしなかたけど、
新年のパレードを観たり、なによりも凄い場所でカウントダウンできたし、
普通じゃなかなかいけないある意味ディープな場所を垣間見ることもできた。
インド人のパワーはどこにいっても凄い!

そしていつだか瞑想の中で、何気に見ていたのどかな川の風景。
そこに限りなく近い場所を見ることができた。
彼はそんなのどかな郊外で周りと上手になじんで生活を送っているようで、
何より英語がこんなに話せたんだという事にびっくりした(笑)


カウントダウンから新年にかわる瞬間は「ロンドンアイ」で過ごしました。
ロンドンの情報はほとんど何もなしに、彼がまあ詳しいだろうから平気だろうと
地下鉄の路線図だけプリントアウトして行ったのだけど、
彼も郊外に住んでいるのでロンドンは全然詳しくなくて、ホテルの人に
聞いて行ってみたのが、テレビでも放送される有名な場所だとは!!
2時間半テムズ川のほとりで、立ちっぱなしで待っていたかいありました。

隣のビル全体の広告がいきなり時間示す数字にかわり、
10分前、5分前、そして60秒前のカウントダウン!!
そして新年に変わったとたんに、ものすごい花火!そして観覧車の
色とりどりのイルミネーション。周りの人々の歓声と
HAPPY NEW YEAR!!の声。

花火は日本の花火よりもそれは大規模ですばらしく、
まさに光と音とダンスで一年をしめくくり、
新しい年も光と音とよろこびの声と共に、そして再会できた
きっと「魂の友」と呼べる人と一緒に迎える事ができたのが
何よりの喜びでした。

最高の新年を迎えることができた自分と
実現できた環境に乾杯という気持でした。

そして翌日はロンドンから郊外でわずかですが楽しく過ごし、
1月3日の朝。まだ薄暗い空の下、彼の町から3時間かけて再び空港へ。
次はスリランカで会おうと約束。きっと次はそこで会えるわ!

そしてブダペストへ。
それは私にとってはまさに「魂の旅」でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もお世話になりました。

2006年12月29日 | 風に吹かれて独り言
多分今年の日記はこれで最後になると思うので
久々に自宅pcから一気に書きまくりです!

もう29日に日がかわりました。今年もあと3日でおしまいかあ~。

28日は昨日のライブにひきつづき、焼き鳥屋で悪友カルパス
朋友のぐ●んと再び。考えてみたら火曜日もトルコ料理屋でランチして、
3日連続です。でもまかりまちがってもおかしい関係にはなりません。
だから、長年のお付き合いができるのでしょう(爆)

そして昨日の妄想は頭の中に続いているせいか、直感冴え渡り??
この日もある方を妄想に一歩お誘いしてしまいました!
同じダンスじゃなくても、再び再開したり新しい何かをはじめる
きっかけになればうれしいな。

そして焼き鳥屋の後半戦、久々にカルパスとも女2人で語り合いながら飲み、
まあ色々あって、私と彼女はやることなすこと、恋愛においても
まるで正反対なのだけど、それがバランス取れていていいんだって気がついて、
お互い「こんなことにはまったく興味ないだろ」と避けていた話題が、
実はお互い興味ありやした~というのが解り、それもきっと
今だからそれを話できるんだなあ~と感じ、妄想しすぎてたまに疲れた
時に、何気に毒吐きの場と現実におろしてくれる頼もしい存在でありまして、
本当にいつもありがとうなのであります。
赤いちゃんちゃんこ着てもブイブイいわせちまおうぜい~!!


そして、振り返るにはまだ早いけど、今年は本当に色々なことがありました。
今だからいえる衝撃事実!?
まず年明けそうそうから、漫画か映画の1シーンのような二股発覚劇があり
そして更に、これってドラマでもありえない・・・という衝撃な事件がおこり、
自分の中で人をどこまで信じられるかと疑う事はとどまることを知らないどず黒い
部分も感じ、心身ともに落ち込んでいたところに、M先生のアロマ&カラーのレッスンがはじまり色や香りを通して自分を見つめるきっかけになり、そして春になって、これまた劇的とも言える再会を娘2号様と果たし、666の日に娘三人が結束し、ダンスを踊る楽しさをだんだん感じ、そして今までまったく知らなかったエッセンスの世界と出会い、同時に自分の気持や直感をとても素直に感じる事ができるようになり、それを感じることで、色々手放す選択もあったりしたけれど、それ以上に素敵な出会いと導きがあり、魂のダンススピリットに触れ、ショーにエントリーさせていただき、師匠と呼べる先生に出会い、そして妄想が現実になる過程を肌身をもって実感し、時には見えない影の存在に不安になりながらも、妄想と現実の間を行ったり来たりしながら、ついには自分の過去生を知るたびに出て、皆との再会を確信し、まったく無縁だった夜の世界も勉強し、色々な気づきがあって・・・・ライブやお芝居にもいったし、妄想コスプレもしたし、映画も沢山見たし、お金もそれなりに使ったけれど、借金はまだまだ残っていて、持病もまだまだ続いていたりするのだけど、本当に色んな事を沢山体験した、多分今までの人生の中では、いい面でも悪い面でも一番バラエティーにとんだ一年になりました。

来年は今年まいたタネに少なくても小さくても花を咲かせて行きたいな。
人の輪と妄想の輪をもっと広げて、おおきなものにつなげていけたらいいな~。
そしてちゃんと経済的にもきちとしながら、また新しいものにも触れていきたいな。
オーラソーマの勉強と、旅行の試験、そして石けんを作る時間も沢山作りたいな。
もちろん娘達の妄想ダンスワールドは基本よ♪
個人的にはデブかわいいワールドをもっと広げます(爆)
東京クラスもどうぞ軌道に乗りますように!!

29日は仕事収め。そして来年からお世話になるスタジオに娘1号さんとご挨拶
&デモダンスで踊り収めして、30日はキンキのドーム♪夜のカラオケ人生劇場も
2夜連続でこなしたあと、31日は早朝から出発です。
なんだか年末までノンストップ。
でも最後までカラオケ含めて音楽とともに締め来るれるのは嬉しいな。
そして年明け、ロンドンではどんな幕開けかしら??

本当はこっちで年賀状印刷して、向うからエアメールしようと思ったけど
時間なさそ・・・、まあ、便りのないもの元気な証拠といいますので、
とにかく気持は復活したけれど、リフレッシュしてまたいい気をつかんできます。

それでは、今年も色々お世話になりました。
来年からも更に妄想炸裂すると思いますが、
まあほどよいお付き合いを!!

そして皆様よいお年を~♪



コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加