Podium

news commentary

君子の交わり

2017-07-25 22:56:53 | Weblog

 

人はお金に、政治家は票に頭を下げる。

安倍政権が閉会中審査に応じたのは、東京都議選で惨敗し、メディアの世論調査で内閣支持率が急落したせいである。毎日新聞調査の内閣支持率26%は衝撃だったことだろう。加計問題の真相究明はともかく、真相究明に協力的であるという印象を世間に示し、安倍政権の不人気度に歯止めをかけるのが狙いだ。一方、野党は疑惑追及によって政権のダメージを拡大させようと追い打ちをかけた。

外に出ると暑いので24・25日の月・火、家で衆参の国会中継を見ていた。

24日の衆議院予算委員会の質疑で、野党議員が質問した。加計学園の獣医学部新設問題が山場にさしかかった2016年の後半、安倍総理は加計学園の加計孝太郎理事長と頻繁に居酒屋、焼き肉店、ゴルフ場で会っていた。そのさい獣医学部新設の件が話題にならなかったのか、と聞いた。

それに対して安倍首相は「一切なかった」「加計学園の申請は1月20日に知った」と答えた。2017年1月20日は加計学園の申請を正式に認めた特区諮問会議の開催日だった。

君子の交わりは淡きこと水のごとし、と荘子は言っている。安倍氏もこれにならって、宰相と教育者にふさわしい清らかな交際ぶりを示唆したのだが――。

だが、このファンタジーは翌25日の参院予算委員会で、過去の答弁と違うではないかと野党に突っ込まれ、「首相、答弁修正し陳謝 加計認識の時期『混同』」(朝日新聞7月25日夕刊)と信頼性の傷口を広げるはめになった。

安倍首相の側近の態度もまた、興味深かった。前川前文部科学事務次官に向って「総理は自分の口では言えないから私が代わって言う」と言ったとされる和泉首相補佐官は、これまで前川氏との面会の記録が残っていないので確認できないとしていた。しかし、24日は態度を変えて前川氏との面会を認めた。その一方で、「こんな極端な話をすれば記憶に残っている。そういった記憶はまったく持っていない。したがって言っていない」(朝日新聞7月25日朝刊)と変則三段論法を使ってみせた。

今治市職員と面会したとされる柳瀬・元首相秘書官(経済産業審議官)は「お会いした記憶はない」と呪文を繰りかえした。NHKの国会中継のカメラが参考人席の柳瀬氏をクローズアップした。森友問題の国会質疑で「ない、ない、ない。記録はない」と突っぱねて安倍晋三・昭恵両氏を固くガード、アッパレ国税庁長官に這い上がった財務省の佐川理財局長と二重写しになって見えた。

ご苦労さま――。

荘子・山木篇は「君子の交わりは淡きこと水のごとし」に続けて次のように言う。「小人の交わりは甘くして醴のごとし。君子は淡くして以て親しみ、小人は甘くして以て絶つ。彼の故無くして以て合う者は、則ち故無くして以て離る」。永田町・霞が関は日本ナンバー1の娑婆である。国会中継に映る記憶や記録をなくした側近たちの姿を、彼らの家族や友人・知人はどんな思いで見ていたのだろう。

昔むかし、役人の世界のせちがらさが嫌になって隠遁生活に入った陶淵明の詩。

  盧を結んで人境にあり 而も車馬の喧しき無し

  君に問う何ぞ能く爾ると 心遠ければ地自ずから偏なり

  菊を采る東籬の下  悠然として南山を見る

  山気 日夕に佳く 飛鳥 相与に還る

  此中に真意あり 弁ぜんと欲して已に言を忘る

 

 (2017.7.25  花崎泰雄)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二重国籍

2017-07-20 00:26:12 | Weblog

蓮舫・民進党代表が戸籍情報を開示した。父親が台湾国籍だったので台湾と日本の二重国籍ということだが、日本国は外交上台湾を国家と認めておらず、「台湾国籍」者の国籍は中国になる。蓮舫氏は台湾政府発行の国籍喪失許可証書を区役所に提出したが受理されなかったという。

野党第1党の代表ともなれば人気商売のようなところもあり、戸籍情報を開示するマイナスより開示しない方のマイナスが大きいと判断したのであろう。自民党とその支持層からの批判の声があり、民進党の党内の反蓮舫グループへの対応策だった。

思い出すのは、前合衆国大統領のバラク・オバマが大統領になる資格がないと批判された時のことである。オバマ陣営はハワイ州の修正証明書のコピーを公開して対抗した。オバマ氏はホノルルで生まれ、彼の母親は米国籍だった。米国憲法は大統領の資格を “a natural born Citizen” としている。アメリカ合衆国の国籍は出生地主義なので、合衆国内で生まれた子は自動的に市民権を獲得する。加えて母親か父親のどちらかが合衆国の市民権を持っていれば、その子も自動的に市民権を獲得する。オバマ氏が “a natural born Citizen” であることは疑う余地がなかった。つまり批判は法的なものはなく、アフリカ系アメリカ人を大統領にしたくないという感情的なものであった。オバマ氏の大統領資格に懐疑的だったトランプ・現大統領ものちに資格ありと見解を変えた。

また、トランプ大統領は大統領予備選の段階で、競争相手のテッド・クルーズ上院議員には大統領になる資格に疑問符がついている、と発言した。クルーズ氏はカナダ生まれで、母親が米国籍、父親がキューバ国籍だった。クルーズ氏は4歳のころカナダから米国に移った。母親が米国市民で出生地がカナダなので、40年以上も米国とカナダの二重国籍だった。クルーズ氏がカナダ国籍を放棄したのは2014年のことである。

さて、本日のNHKで次のようなニュース聞いた。

国民の6人に1人が二重国籍者とみられているオーストラリアで、野党の上院議員2人が二重国籍を理由に相次いで議員を離職した。オーストラリアは憲法で二重国籍者が国会議員になることを制限している。1人の議員はオーストラリア人の両親のもとでカナダに生まれ1歳になる前にオーストラリアに帰国していた。5日ほど前にはオーストラリア・ニュージーランドの二重国籍の上院議員が辞職している。

日本国憲法には首相の資格として米国大統領のような  “a natural born Citizen” にあたる資格制限はない。議院内閣制だから国会議員になれば首相になることが可能になる。その国会議員になるには日本国籍所有が資格だが、オーストラリアのように二重国籍者を排除していない。

ペルーの元大統領アルベルト・フジモリ氏はペルーと日本の二重国籍者で、ペルーで失脚後日本に亡命、さらには2007年の参議院選挙で国民新党の公認候補(比例代表)になったが、落選した。

この先どうする? アメリカ合衆国式に、日本国首相の国籍条件を付ける? オーストラリア式に国会議員に国籍条件を付ける? 現行のまま?

 

(2017.7.19 花崎泰雄)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑さボケ

2017-07-09 22:28:35 | Weblog

素人くさい外交ミスである。新聞が伝えるところでは、米国のホワイトハウスが中国の習近平国家主席を台湾総統と間違って発表した。トランプ米大統領と習近平主席がハンブルクのG20で会談した4時間あとの報道発表文の中で間違った。

 REMARKS BY PRESIDENT TRUMP
BEFORE BILATERAL MEETING
WITH PRESIDENT XI OF THE REPUBLIC OF CHINA

President of People’s Republic of China が正しい。

日本の新聞によると、日本の安倍晋三首相のことを、President と書いていたそうだ。ただしくは Prime Minister である。

トランプ氏がホワイトハウスの主になって以来、ホワイトハウスの内部は相当な混乱状態だと米国の新聞が伝えている。

もっとも、アメリカ人の国際方向音痴は昔からで、日本は中国のどこにある? とアメリカ人に尋ねられたという、冗談のような話を、かつて聞いたことがある。インドネシアでは、インドネシアはバリのどこにある? と米国人に聞かれた、という話を聞いた。

加えて、G20の会議のメインテーブルのトランプ大統領の席に娘のイヴァンカ・トランプが座ったということで、ヨーロッパや米国では話題になっている。トランプ大統領がちょっと席を離れたあいだ、彼女がその席に座った。

ホワイトハウスはトランプ一族の家族経営という意識があるのか、どうなのか? いずれにせよ、素人くさい外交である。

(2017.7.9 花崎泰雄)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加