半次郎の“だんごんがん”

要するに、居酒屋での会話ですね。
ただし、半次郎風のフレーバーがかかっています。
≪安心ブログ≫

緒方拳さん、死す!

2008年10月07日 13時58分16秒 | よもやま話
こんにちは、半次郎です。

10月5日、名俳優、緒方拳さんが亡くなられたそうです。
盟友、津川雅彦さんのブログによると、歌舞伎役者のように虚空を睨みつけて逝ったのは、もうじき日付が変わろうとする時刻だったとのこと。

享年71歳。
まだまだ演劇界には必要な正統派の重鎮だっただけに、惜しい人を亡くしたとの思いが強く湧いてきます。

半次郎が緒方拳さんを知ったのは、NHKの大河ドラマ『源義経』で演じた弁慶役が最初です。

あの頃は、半次郎が住む田舎にはNHK総合と教育、そして民放はTBS系列の1局しか電波が入りませんでしたので、まだ幼くて意味が分からないながらも、大河ドラマなども良く見ました。

その後は、TV『必殺仕事人』の藤枝梅按や、映画『砂の器』、『楢山節考』、『復讐するは我にあり』などなどたくさんの作品に出演されました。

どれを見ても存在感のある重厚な演技で、まさに名優でした。

それにしても、人の死期だけは、分からないものですね。
つい先日まで、TVでお元気な姿を拝見していたと思ったのですが…。

ですから、仕事でも遊びでも悔いのないように、目一杯やり遂げ、残りの人生を大いに楽しみましょう!

驚きや悲しみの他に、改めてそういった気持ちをも呼び起こしてくれた訃報でした。

合掌。

from 半次郎
ジャンル:
芸能
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第42回 スプリンターズS ... | TOP | 今月の言葉(2008年10月) »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはです (せいや)
2008-10-08 19:49:24
最近はドキュメンタリーみたいな番組とかで旅にでかけて活動してましたね。
仕事人とかにもそおいえば出てましたね。
すっかり忘れてました。
あの針をなめてた姿が思い浮かぶです。
昭和を生きてきた方が少なくなっていくので残念です。
浪速金融とかのテレビとかが面白かったのですがね。
せいやさんへ (半次郎)
2008-10-10 22:22:28
 コメント、ありがとうございます。

『ナニワ金融道』にも出演されていたようですね。
存在感のある役者でした。
思えば、人間というものは、生まれてくる時も、死んでいく時も、自分では何も分からないのですね。
それが自然なことなので、殊更驚くものではありませんが、それだけに、精一杯生きていくことが重要なんですね。
そういう思いが強くなりました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL