半次郎の“だんごんがん”

要するに、居酒屋での会話ですね。
ただし、半次郎風のフレーバーがかかっています。
≪安心ブログ≫

第78回 優駿牝馬(オークス)のつぶやき

2017年05月20日 11時53分09秒 | 競馬予想(つぶやき)

こんにちは、半次郎です。

さあ、牝馬クラシック第二弾、オークスです。
桜花賞からの参戦は5頭。
その他13頭が、クラシック第2戦目に間に合った組です。

明日も快晴の予報ですから、最高のレース日和の下、開催されることでしょう。
競馬オヤジとしては、これ以上の幸せはありません。

それでは早速、オークスのつぶやきを。

[つぶやき]

桜花賞の結果はみんなが納得していないのではないでしょうか。
勝ったレーヌミノルをフロックとは言いませんが、3着に沈んだ絶対の1番人気ソウルスターリングの敗因が何だったのか、競馬ファンの多くは、思い思いに分析をしたことでしょう。
ソウルスターリングは新種牡馬フランケルの産駒ですから、情報が少ないため、血統からはこれと言った理由が掴めずにいます。
そうなると、やはり当日の稍重の馬場状態や、1ヶ月ほどの間に2度の阪神競馬場への長距離輸送が負担になったという見方くらいしか見当たりません。
そして、その2つとも、このオークスでは免れることになります。
今日も明日も気温28℃の夏日になり、雨は降らない予報ですし、輸送も美浦から東京競馬場への輸送で済みますから。
そうなると、未練ありありの半次郎が狙うのは・・・。

・・・と言う訳で、半次郎の見解です。

 

◎ 1枠 2番 ソウルスターリング(C.ルメール)
○ 7枠13番 レーヌミノル   (池添謙一)
▲ 7枠14番 リスグラシュー  (武豊)
△ 8枠16番 アドマイヤミヤビ (M.デムーロ) 
△ 4枠 8番 ホウオウパフューム(松岡正海)
△ 3枠 6番 ハローユニコーン (田辺裕信) 
△ 2枠 4番 ミスパンテール  (四位洋文) 


本命は、ソウルスターリングです。
桜花賞の結果には納得のいかない思いをずっと抱いていましたが、結果は結果でどうしようもありません。
桜花賞の敗因の他にも、距離が一気に2400mに伸びることなど不安は多いのですが、距離適性はこの時期、完成度で乗り切れると思っていますので、気にしません。
この馬の今まで示して来た能力の高さは、ここでは上位だと判断し、この馬で勝負です。

対抗はやはり、桜花賞馬のレーヌミノルです。
桜花賞を勝ったといういことは力がある証拠ですから、この馬を評価しない訳にはいきません。
そもそも、オークスは桜花賞を勝った馬が最も勝っているレースです。
現在、5番人気という人気の無さは、この馬に失礼でしょう。

3番手はリスグラシューです。
最もオークスに向いている馬との前評判もありますが、それもこれもハーツクライ産駒であることから言われているようにも思えます。
東京の芝2400mとなれば、どうしても食指が動きます。

その次が、同じくハーツクライ産駒の3頭、アドマイヤミヤビ、ホウオウパフューム、ハローユニコーンの3頭です。
好走があるものと見ています。

最後に、まだ3戦の経験ながらチューリップ賞(G2)2着が光るミスエルテを挙げておきます。馬体は一線級の馬と遜色ありません。

買い目は、以下の通りです。

【単勝】
 02      (2500G)


【馬連】
 02 - 13、14、16、08、06、04

        (各500Gで3000G) 


【ワイド】
 02 - 13、14、16、08、06、04

        (各500Gで3000G)

【三連複】 (一頭軸ながし)
 02- 13、14、16、08、06、04
         (各100Gで1500G)  

計 10,000ゴールドです。


発走は明日、15時40分。
東京競馬場です。

From 半次郎

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第12回 ヴィクトリアマイル... | TOP | 第78回 優駿牝馬(オークス... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
≪予想≫優駿牝馬(オークス) (ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ)
 第78回 優駿牝馬(オークス)  東京2400M、芝B・左、牝馬、3歳、オープン、55キロ ◎アドマイヤミヤビ 東京コースでなら デビューは、中京芝1600Mで2着。2走目......