半次郎の“だんごんがん”

要するに、居酒屋での会話ですね。
ただし、半次郎風のフレーバーがかかっています。
≪安心ブログ≫

侍ジャパン、接戦を制す!

2017年03月15日 12時23分59秒 | よもやま話

こんにちは、半次郎てす。

今日は真冬に逆戻りの寒い一日です。

でも、野球ファンは熱い思いで過ごしているのではないでしょうか。

そえ、昨日のキューバ戦は抜きつ抜かれつの大接戦で、ハラハラ、ドキドキしっ放しでしたね。

日本は初回、山田哲人選手の先頭打者ホームランで先制しましたが、二回の表に2点本塁打であっさり逆転。

三回裏の攻撃で、筒香選手が投手の足元を抜く中前打で追い着きましたが、四回にはキューバに2アウトから2点を取られ勝ち越されます。

五回の裏には、先頭のラッキーボーイ小林選手の左前打を足がかりに、大リーガー青木選手の二ゴロと筒香選手の中前適時打で追いつきました。

六回の表に1点を失いましたが、その裏、松田選手の振り逃げと秋山選手の四球で一、二塁として、ラッキーボーイの小林選手が三遊間をしぶとく破り、同点としました。

圧巻は同点で迎えた八回。

日本は松田選手が相手のミスを誘い出塁すると、秋山選手の左前打で一死一、三塁として、小久保監督が悩んだと言うラッキーボーイ小林選手に代えて、内川選手を代打に起用。

これが大当たりで、内川選手の1打は犠飛となり、勝ち越しました。

さらにその喜びに湧く観客の声援が止まぬ中、山田選手がこの日2本目となる本塁打を左中間に放ち、3点勝ち越しました。

九回のキューバの攻撃を、守護神牧田選手がピシャリと抑え、二次ラウンド2勝目を決めました。

この日は、先発菅野(巨人)が4回7安打4失点と、ピリッとしませんでしたが、打線の活躍が帳消しにしてくれましたね。

さて、今日は強豪イスラエル戦です。

ここまで無敗の侍たちが、どう迎え撃つのでしょうか。興味津々です。

半次郎もテレビ観戦しますよ~!

from 半次郎

ジャンル:
スポーツ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WBC二次ラウンド、侍ジャ... | TOP | 侍ジャパン、決勝ラウンドへ! »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL