線路はつづく

線路を見続けて半世紀 あと何年続けられるやら

再び看付きEF66の牽く5055レを万富鉄橋で

2016-10-08 21:04:36 | EF66
 5050レの撮影が終わると 万富鉄橋に移って5055レの撮影です 5050レの和気~熊山通過が8時27分 5055レの万富鉄橋通

過が8時59分なのでこの間およそ30分です カメラを据える場所は決まっているので 車を止める場所さえあれば そんなに慌

てる必要は有りません 最悪河川敷に止めて堤防を上っても間に合うはずです 鉄橋に着くと車は一台だけしか止まっていな

かったので 道路脇の非舗装部分に止め用腕準備することが出来ました。

 5055レを先導するかのように通過した 1057レで試し撮りをし 構図や露出を最終チェック 5055レが来るのを待つだけです。

    


    2016年10月07日撮影 山陽本線 熊山~万富            EF66 33  5055レ

 いよいよ通過時間が近くなったころ 前回と同じように上りの矢印が灯り 警報機が鳴り出しました 届いて下りの矢印が灯っ

たのも前回と全く同じです 遠くから5055レが近付くのが見えました 普電は駅に停車しているのかまだ見えません そして5055

レが鉄橋に差し掛かったころ 黄色い電車の姿が見えました このタイミングならまず大丈夫と思いましたが 何しろ貨物の速

度が遅いので気が気では有りません シャッターボタンに指をかけ 目はファインダーに釘付けです そしてここと思う位置に

差し掛かった時シャッターを切りました。

 ほんの1~2秒の差で今回リベンジに成功しました。
『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実りの秋を行く5050レ | トップ | 新鶴の「桃」が牽く55レ「福... »
最近の画像もっと見る

EF66」カテゴリの最新記事