線路はつづく

線路を見続けて半世紀 あと何年続けられるやら

2005年大晦日の山崎駅にて「ふるさと雷鳥」ほか

2016-12-31 19:24:37 | ジョイフルトレイン
 いよいよ今年も大晦日を迎えました 釜大好きの私にとって 今日から正月が明けて貨物列車が動き出すまでの間 とても長く

苦痛の時間が待っています 寝台列車やお座敷列車が有れば それだけでも出かけられるので 退屈はしないのですが 無く

なったものは仕方が有りません 年明け3ヶ日は天気が良さそうなので 久しく写していなかった7輌編成の「こうのとり」でも写し

に行こうかと思っています。

 今日は何処絵も行かず 古い写真を整理していた中から 2005年の大晦日に写した写真の中から少しアップします。

最初は489系使用の臨時列車「ふるさと雷鳥」です。

    


    2005年12月31日撮影 東海道本線 山崎駅            489系 9031Mレ  ふるさと雷鳥

 489系ボンネット車を使用しての多客臨「ふるさと雷鳥」です 今こうして見ると昭和を代表する特急電車の風格を感じます

私の時代の特急電車と言えば このボンネット形「こだま」を指していました。

 続いてDD51牽引の「あすか」です。

    


    2005年12月31日撮影 東海道本線 山崎駅            DD51 1183 9912レ  あすか

 年末恒例の「あすか」使用の臨時列車です 大晦日の夜は勝浦温泉で宿泊し 元日は初詣と買い物を楽しむ 関西発のツアー

でした。

 次に「なにわ」の臨時列車です。

     


    2005年12月31日撮影 東海道本線 山崎駅            EF81 103 9513レ  なにわ

 このツアーは 大晦日に大阪を出て 夜は和倉温泉で泊まり 元旦は金沢観光や 近江市場で買い物を楽しみ 夕方大阪に戻

るというもので 「あすか」と共に毎年年末に行われていました。

 今年も後数時間を残すのみになりました この一年私の拙い画像に飽きもせずお付き合い願えた事に 深く感謝いたします 

私も来年は古希の年を迎えます 私の生きた年を共に生きた 国鉄形の車輛が年々少なくなり 寂しさを覚える今日この頃です

が 挫ける事なく無理をせず これからも続けていきたいと思っています。
『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の撮り終いは「桃」の貨物 | トップ | 2017年撮り初めは221系 »
最近の画像もっと見る

ジョイフルトレイン」カテゴリの最新記事