線路はつづく

線路を見続けて半世紀 あと何年続けられるやら

金柑の木に百舌鳥の「はやにえ」が

2018-01-14 13:03:03 | 気の向くままに
 今日我が家の金柑の木に 百舌鳥の「速贄」を見つけました。

暫く放っておいたので小枝が伸び 余りにも見苦しいので 少し刈り込んでやろうと 剪定ばさみで邪魔な枝を切っていると 葉の影

に紐の様な物がぶら下がっているのが目に付きました 風で飛ばされてきたものが 枝に巻き付いているのだろうと思い 手を伸ば

しながら良く見ると 干からびたヤモリが突き刺さっていました。

    百舌鳥のはやにえの写真 

    


    


    


    

 触って見ると固くなっていなかったので おそらく昨年末の事だと思いますが 庭先で見つけるとは思いませんでした。

「速贄」が何のために行われるのかは 所説有る様ですが一説によると 冬餌が少なくなった時の保存食で 雪の多い地方では「雪

に埋もれないような高さにする」と言う言い伝えがあり 冬の降雪量の目安になると言われていますが この「速贄」は 地面から1

m程の高さにありました。

 今年も強い寒波で日本海側は 記録的な大雪に見舞われていますが 私の住む所では 今までの記憶で40cm程積もった事が

一度あるだけでそれも40年近く前の事 近年雪の降る量も少なくなり 積もる事は一冬に2~3度で 10cmも積もる事などめったに

ありません それとも今年は この後もっと強い寒波が来て 記録的な大雪になるのかもしれませんが。

 思えば40cmも積もったのは 春分の日も近い3月の半ばを過ぎての事でした 列島の南を沿岸低気圧が通過する時 北からの冷

たい風が吹き込み降る 重く湿った大雪で大変だった事を思い出しました 今年は冬用タイヤに履き替えていないので 今から準備

しないといけないかなァと思いつつ 今更面倒なので雪が降れば動かない事が一番と考えています。

 

    
『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2081レはEF66 103号機が代走 | トップ | 1月10日撮影分の中から 近江... »
最近の画像もっと見る

気の向くままに」カテゴリの最新記事