線路はつづく

線路を見続けて半世紀 あと何年続けられるやら

其処には昔と変わらぬ佇まいがあった

2015-07-15 18:46:50 | 北海道


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             キハ281系 5003Dレ  スーパー北斗3号

 特急列車も赤井川まわりなので 外線路を通過して行きました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             キハ40 821Dレ  普通 長万部行

 5003Dレが通過すると 今度は普通長万部行が 後を追うように発車して行きました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             キハ40 2840Dレ  普通 函館行

 2840Dレは渡島砂原周りなので 一番手前の線路を進入してきました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             DF200 111  3080レ

 DF200 111号機の引く3080レは 今までよりグッと引き付けての撮影です。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             キハ40 3820Dレ 快速 アイリス  函館行

 43年ぶりの訪問となった大沼駅ですが 広い駅構内とその向こうに聳え立つ駒ケ岳の姿は 43年前にタイムスリップしたようで 何一つ変わっ

ていませんでした 唯駅の外れにあった転車代は撤去されていましたが。


    


    1972年01月00日撮影 函館本線 大沼駅             D52 202

 大沼駅まで臨時列車を牽引してきたD52 202号機が 方向転換を終え転車代から戻って来ました。
 

この記事をはてなブックマークに追加

秀峰駒ケ岳を眺めながら

2015-07-15 17:51:25 | 北海道
 重連「北斗星」の迫力に圧倒され 暫く呆然自失の状態で駒ケ岳を眺めていると 目の前を2051レが通過して行きました 8007レの続行で貨

物が一本来る事は判っていましたが 8007レを写した満足感のほうが大きく すっかり失念していました。

 小沼越しに見える駒ケ岳のあまりの美しさに この後は広い構内の大沼駅で 行き来する列車を 時間が許す限り撮影する事にしました。

 最初にやって来たのは DE200 51号機の引く4094レです。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             DF200 62  3062レ

 上りの貨物列車は 渡島砂原回りで来るので 一番内側を通過していきます。


    

    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             キハ40 4851Dレ  普通 大沼公園行

 続いて大沼公園行きの4851Dレが発車して行きました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             DF200 62  3062レ

 今度の3062レは 少し早めにシャッターを切りました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             キハ40 4852Dレ  普通 函館行き

 先ほどの列車が 大沼公園から折り返して来ました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 大沼駅             DE200 54  3091レ

 くだりの貨物は赤井川周りなので 一番外の線路を通過です あまりケツ打ちはしないのですが 此処ではどんな写し方をしても絵になるので。

 釜の後にコンテナが 良い塩梅に一個乗っていなかったので 釜が綺麗に写りました。

SLの時代には渡島砂原周りの 下り貨物が一本有ったのですが 今は全ての下り貨物は 赤井川を経由するようです。


    


    1972年01月00日撮影 函館本線 大沼~池田園             D51 150  下り貨物

 大沼を発車した列車が 跨線橋を潜るところです 橋の上からの撮影ですが 今ではネットフェンスが張ってあり 撮影は不可能です。 




 


     

この記事をはてなブックマークに追加

朝の重連「北斗星」

2015-07-14 21:00:14 | 北海道


    2015年07月10日撮影 函館本線 七飯~大沼             DD51 1093 次DD51 1138 8007レ  北斗星

 ずばり今回渡道の最大の目的 DD51重連の「北斗星」撮影です 最高の天気で気持の良い写真が撮れたのですが この時には追っかけ組みも

加えて 総勢30人を越える人達が集まっていました その中の一人で先の置きゲバの男は こともあろうに路側帯から半分車をはみ出して停めた

ので 危険だから少し先の広場(歩いても2分と掛からない所)へ停めるように言ったのですが 次の追っかけも有るのでと一向に動かす気配は有

りませんでした そのうち今度は線路側にも走行車線にはみ出して 高い三脚を立てた人物が一人(これも危険なのでやめるように言いましたが 

聞き入れる様子はありません) そしてついに事件が起こりました ボトルネックになってしまった所に 通勤時間帯で車の走行が多く そこに大型

ダンプがやってきたのでたまりません 動けなくなったダンプカーの運転手は クラクションを鳴らしながら大声でまくし立ててきました 流石にこの

剣幕に驚いたのか くだんの両氏の一人は慌てて三脚を畳み 別の一人は車を移動(わずか10m程前方)するやらでしたが 列車通過5分前ぐ

らいだったので事なきを得ましたが 通過直前だったらおそらくトラブルになっていたかも知れません 夏休み前の平日でさえこの有様です 夏休

みに入るともっと人が増えるので 最低限のマナーは守って撮影して欲しいと思います 最後の最後になって嫌なものを見てしまいましたが この

後大沼駅に戻って本当に今回の撮影行の最後を楽しみました。    

この記事をはてなブックマークに追加

北海道最後の日に

2015-07-14 20:27:49 | 北海道


    2015年07月10日撮影 函館本線 仁山~大沼             キハ40 2841Dレ  長万部行

 国道5号線のトンネルを抜けると 深い霧の海が広がっていました 右に折れて小沼沿いの道を進み 撮影ポイントに来ると先客が一人三脚を立

てて準備中でした ふとその横を見ると小さな三脚があったので ビデオも撮影するのかなと思いながら近付いて挨拶をすると この三脚は置きゲ

バで既に置いてあったとの事 どうやら木古内辺りで「北斗星」を写して追っかけて来るようです これをやられると他の者は大迷惑で 構図を決め

ようが有りません しかしマナー違反はこれだけに止まらなかったのが驚きでした。

 そうこうしているうちに霧が晴れ始め 一番列車がやって来ました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 七飯~大沼             キハ281系 5001Dレ  スーパー北斗1号

 そしてすっかり霧が晴れた頃 「スーパー北斗1号」がやって来ました。


    


    2015年07月10日撮影 函館本線 七飯~大沼             DE200 52  8069レ

 そして8007レの露払いを務めるように 8069レがやって来ました。

朝の光の中 5001Dレも8069レも輝いていました 次の8007レが楽しみです。

この記事をはてなブックマークに追加

暁の津軽海峡を行く

2015-07-14 18:28:19 | 北海道
 前日の撮影で 列車が顔を見せる方向が日の出方向なので 宿に帰り貨物の時間を調べると 良い時間に五稜郭を出る列車が有りそうなの

で 3時起きで出かけてきました 漁港なので朝は早いだろうと思っていると 4時前に着きましたが 漁船からは昆布の陸揚げが始まり 浜には

昆布がズラリと干してありました 車を何所に止めようか それとなく邪魔にならない所をと探すと 昆布を干してある前に空きスペースが有った

ので 作業中の漁師さんに声をかけると「そこなら良いよと」の返事だったので 車を停め撮影準備にかかりました。   


    


    2015年07月10日撮影 津軽海峡線 茂辺地~渡島当別             EH500  7060レ

 現地に着いて直ぐに7060レがやって来ました 日の出(4時14分)前の彼はたれ時(4時1分)の空が 漸く紫色から赤味を帯びてきた頃 EH50

0の三つ目のヘッドライトが 山の影から姿を現しました 海も明るく染まり思い通りの写真が写せました。

 その後の4時29分に通過した6092レです。


    


    2015年07月10日撮影 津軽海峡線 茂辺地~渡島別当             EH500  6092レ

 日の出直後の空は 明るくオレンジ色に変わり 海も更に明るくなっています 今度は釜が頭を現し空がバックになるように写しました。

 この後は「北斗星」を渡島当別駅で写し 大沼まで追っかけようか迷ったのですが やはりゆとりをもってと思い 大沼公園に向けて車を走らせ

たのは正解だたのですが 嫌なものを見る事になろうとは。 

 

この記事をはてなブックマークに追加