ハングルカゲハラボジのとほほな毎日 アジョシからハラボジへ

韓流グッズ、メディア、韓国版チラシなどを扱う京都のハングルカゲです
ハラボジのトホホな日常、ハラボジネムセガナンダ

ばあちゃんがこけたところがよくなくて病院に出動、、、

2017年01月04日 | ハラボジ つれづれ 京都 

ばあちゃんがこけたところがよくなくて病院に出動、、、何度も行っているけどしようとしないことも先生の言葉になると守ろうとする、やってられないよね、、、でもこれが年寄りなんだな,おいらもこの頃聞き分けが悪くて頑固じじいのようなときがあるし

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雀のお宿を発見、、 | トップ | 4日のお月さん »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おばあちゃんだいじょうぶですか (buhnyan17)
2017-01-05 12:02:09
まあ、先生のいうことなら聞いてくれるんだったらいいとしましょう。
亡父は先生のいうことさえ聞かなかったです。ましていわんや家族の言うことをや(笑
まだ痛いそうですが、 (ハングルカゲ)
2017-01-05 14:30:51
まだ痛いそうですが、どうしようもありません
先生は筋肉が衰えると歩けなくなるから頑張って運動するようにとのことですが、いっぱい着込んで布団に入ってドラマを見てるばっかりで いろいろ言っても耳が遠いからコッチが怒鳴っているようで気が滅入ります,,これはしんどい、、
迷う問題 (buhnyan17)
2017-01-06 10:23:18
歳をとったのだから、無理しなくていい、
自分が楽にしてればいい、好きなようにして、と思う一方で、
それで動けなくなったり寝たきりになると、
本人もつらいし周りもたいへんだと
考えて、つい「励まし」をいれてしまいます。
何が老人にとって「正しい」対応かは迷うところです。
耳の遠い年寄には、怒鳴るような大きい声より低くて強い声のほうがよく聞こえるといいますが、
「威嚇」か「脅迫」かの違いだけみたい。
ばあちゃんはごきげんななめ (ハングルカゲ)
2017-01-07 08:17:44
足が痛いのに娘と婿が歩け,動かせというから足が腫れたとご機嫌斜め、,,のご様子 天岩戸のようにとびらをしっかり閉めておられる、、ように見えるがほんとのところはわからないですね、、

コメントを投稿

ハラボジ つれづれ 京都 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL