垂直落下式どうでもいい話

基本的に凡人以下なので期待しないでよね-=≡Σ(((⊃゜∀゜)つ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画を観た~借りぐらしのアリエッティ~

2010年07月18日 15時38分06秒 | 映画
人間の文明を借りてしまった瞬間に、
滅び行く選択をしてしまったのだろう。







ストーリー&解説:アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。

スタジオジブリ2年ぶりの新作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした心温まるファンタジー。本作は派手なアクションシーンも幻想的な架空の世界もない。しかし、臨場感溢れる描写や、自分たちの分を知って身の丈に合った生活を楽しむ小人たちを丁寧に見せることで、我々の日常と床板一枚を隔てた先にある小人たちの世界に夢中にさせてくれた。キャラクター造形、美術、音楽、キャストと全てが完璧で、見終わった後にそっと家の戸棚や床下を開きたくなるかも。本作の監督を務めたのはこれが初監督作品となるスタジオジブリの新鋭・米林宏昌。
(goo映画)


【五つ星評価…




まぁ、あれだな。小人達の歴史を紐解いていけば彼らにも独自の文化があったと思うんだ。

いつからかは分からないけど、“借り”という形で人間の暮らしに便乗してしまった時点で滅び行く運命だったんじゃないか?と思います。

そうじゃなくても、単に人間をそのまま小さくしたような超非力な生き物に未来なんてあるわけないじゃないか。空を飛んだり魔法のような特殊能力があるわけでもなく、人間のティッシュや角砂糖を盗んで生き長らえているような生物がよく現代まで生き延びてきたもんだ。

見たかよあのタヌキのデカさwww蟻に集団で襲われたらどうする?安全なんてどこにあるんだ。アリエッティ一家みたいにあんなハイソな暮らし絶対無理。


さて、作品のメッセージとしては人間と自然との関わり方を説いているのかな?何となくですが『崖の上のポニョ』よりも説教臭い気がしました。

それにしても近年稀に見る起伏の無い内容でビックリしていますwwwwそこで終わっちゃうのかよ!と思わずツッコんでしまいましたが、単純明快なストーリーで余分なものは全て排除しました的な姿勢は逆にプラスだったように思います。ポニョよりこっちの方が管理人は好みですかね。

ただ、アリエッティ一家はもう少し人目に付きにくい所で暮さないとダメだろwww押入れの床下に繋がる扉の真下に住居を構えてたらそりゃ見つかるわ!洗濯物を干す場所も危険スギ。

アリエッティから見る世界観はベタだけど面白かったです。借りの描写がもう少しあっても良かったように思うけど。どうでも良いことかもしれませんが、“初めての借り”とか“借りに出る”というセリフは“狩り”とかけているのかな?とふと思った。

ってかアレ借りるじゃなくて盗んでるしなwww



キャラに関してはアリエッティより、アリエッティのお母さんの方が可愛かったかもwww

スピラーはキャラの濃さとは対照的に、ストーリーに関わりが薄すぎる気がしました。登場の仕方にしてもお父さんが「このスピラーが助けてくれたんだ」なんて言うもんだから“スピラー”が個人の名前を指しているのか、それとも狩人みたいな職業を指しているのか一瞬混乱しちゃったよ。

お母さんを捕獲したババアは一体何がしたかったのだろう?www


ジブリにしては淡白すぎて色々と惜しい部分は多々ありますが、今年も日本が誇るアニメーションスタジオの新作を劇場で鑑賞できて嬉しく思います。

もう一つ小言を言わせてもらうなら、セシル・コルベルさんの音楽は主題歌のみにとどめて置いたほうが良かったと思う。主題歌は非常に良いけど、挿入歌が少々くどかったです…。

星3.5が妥当かなと思いましたが、0.5はおまけってことで。子供には物足らない作品かも?









にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村

借りぐらしのアリエッティ - goo 映画借りぐらしのアリエッティ - goo 映画
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【動画】AT-ATのメイキ... | トップ | 17日の閲覧数がおかしい。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
借りぐらしのアリエッティ (だらだら無気力ブログ)
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別...
『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
借りぐらしのアリエッティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよ...
借りぐらしのアリエッティ (Akira's VOICE)
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) (yanajun)
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。 先日、劇...
『借りぐらしのアリエッティ』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7...
『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『...
床下の小人たち~『借りぐらしのアリエッティ』 (真紅のthinkingdays)
 心臓病を患う少年・翔は、田舎にある母親の実家へ避暑にやって来る。広大な 敷地に建つ屋敷の床下には、小人の一家が住んでいた。翔は偶...
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ...