垂直落下式どうでもいい話

基本的に凡人以下なので期待しないでよね-=≡Σ(((⊃゜∀゜)つ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画を観た~パブリック・エネミーズ~

2010年10月06日 19時05分54秒 | 映画
俺はディリンジャーだ!






ストーリー&解説:大不況時代の1933年、銀行強盗のデリンジャーは、不況にあえぐ庶民たちのヒーロー的な存在だった。ある日、シカゴのバーで、デリンジャーは一人の美しい女性に目をとめる。その女性ビリーをデリンジャーは食事に誘い、銀行強盗であることを打ち明ける。その頃、FBIは敏腕捜査官パーヴィスをシカゴに送り込み、デリンジャーを「パブリックエネミー(社会の敵)」として逮捕をもくろむ。愛し合うデリンジャーとビリーだったが、ビリーの目の前でデリンジャーは逮捕。しかし彼は脱獄し、再び犯罪を繰り返す。

「庶民を傷つけず、奪うのは銀行の金」というデリンジャーは、おもな活動期間はわずか一年にもかかわらずアメリカでは“義賊”的な存在で、映画化も何度かされている。その決定版と言える本作の監督は、クールでスタイリッシュな映像表現では随一のマイケル・マン。『ヒート』ではデニーロとアル・パチーノ、『コラテラル』ではトム・クルーズとジェイミー・フォックスと、がっぷり組んだ男の闘いを見せるのが得意な監督だ。本作でデップに対するのは、FBI捜査官役のクリスチャン・ベイルだ。また、マリオン・コティヤール演じるデリンジャーの恋人ビリーとの恋愛模様の比重もかなり大きく、デリンジャーの人間的な側面を見せている。
(goo映画)


【五つ星評価…




世間の評価は低い印象を受けますが、管理人的には非常に興味深く鑑賞できた伝記作品でしたよ。

犯罪者側の描写もFBI側の描写も良く描かれていて面白かったのだけど。

どちら側にも哀愁めいたものが漂っていましたね。

デリンジャーについてはあまりよく知りません。以前読んだデール・カーネギーの『人を動かす』にその名前が出てきて、その記憶が頭の隅っこに残っていた程度。

庶民のヒーロー的な悪党だったんですね。

「今日が最高なら明日のことなんかどうでもいい」という考え方、愛する女性に対する行動、犯罪の美学などなど、この映画からジョン・デリンジャーという人間がどんな奴なのか何となく分かりました。

庶民の目からすればカッコ良く見えるだろうね。ただ警察側からすればどんな凶悪な無差別殺人犯よりも厄介な存在なのだろう。

こんな奴がいるんですね。世の中にはwww

あとこの映画はキャストがすごく良い。

主演はご存知ジョニー・デップ。FBIの指揮官役でクリスチャン・ベール。それから脇役が素晴らしい。素晴らしいと言うか管理人が知っている人たちが多くて嬉しかったんですよwww

まず『ロード・オブ・ザ・リング』『300』のデヴィッド・ウェンハム。そしてアバターコンビのジョヴァンニ・リビシとスティーヴン・ラング。

デヴィッド・ウェンハムは『ロード~』ではファミリア『300』ではストーリーテラー的な存在だったディリオスを演じていましたね。

『アバター』組の二人、ジョヴァンニ・リビシは『プライベート・ライアン』で衛生兵のウエイド役で知り、『アバター』では衛星パンドラの総責任者役で登場。

スティーヴン・ラングは、『アバター』で一人軍隊・クオリッチ大佐で有名ですよねwww本編ではクオリッチ大佐とは違ったカッコ良さがあってグッジョブでした。

あとドン・フライワロタwwww

ヒロインのマリオン・コティヤールは、ただただ美しかったです。絵になるねこの人


何このステキすぎる一枚はwww


いや~予想以上に楽しめました。どこが低評価に繋がるのか分からないと思うほどに。

その反面、どこが良かったかと問い詰めらると答えにくい部分もありますかね。

あえて言うなら雰囲気とキャストかな?









にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村

パブリック・エネミーズ - goo 映画パブリック・エネミーズ - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【動画】トラックに真正面か... | トップ | 【動画】後ろ回し蹴りがハン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『パブリック・エネミーズ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「パブリック・エネミーズ」□監督・脚本 マイケル・マン □脚本 ロナン・ベネット、アン・ビダーマン □キャスト ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、スティーヴン・ドーフ、...