武田光弘画楽多製作日記

暇をもてあそび造形してます。作品として形としてまとめたものなどを見ていただきたい
と思っています。

島崎藤村と歯ブラシ

2017年02月24日 | Weblog
「小諸なる古城のほとり、雲白く遊子悲しむ・・・・・・・」と藤村が詠んでいる。この後に「緑なすハコベ・・・」とハコベが出てくる。
春になれば道端に芽を出す。

昔は歯磨きのブラシなどなかったので、ハコベを炒って塩をまぶし歯ブラシにしたらしい。
ハコべの㋩の字は、そこから来たという説がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤミ・・・・の時代 | トップ | カラスの勝手でしょ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL