武田光弘画楽多製作日記

暇をもてあそび造形してます。作品として形としてまとめたものなどを見ていただきたい
と思っています。

指をつめる?

2017年05月16日 | Weblog


そばが畑にやたらと芽を出した。
となりの田んぼが麦ばたけになり、種を機械でまくので風に乗って来たらしい。畑の土手のクローバーも元気だ。
つめ草とも言うらしい。昔オランダからガラスの器具を運ぶ時、この枯れたものをこわれないようにツメタらしい。
日本があちらに陶器を送るに使ったのが本をばらしたものを丸めつめた。江戸時代だから本と言っても全部版画で彫ったものだ。
これを見たヨーロッパの人は異国におもしろいものがあると思ったのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滅亡への道 | トップ | 西郷どんとさつまいも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL