武田光弘画楽多製作日記

暇をもてあそび造形してます。作品として形としてまとめたものなどを見ていただきたい
と思っています。

信州・春・山頭火

2017年05月06日 | Weblog
山頭火が最初に信州に入ったのは昭和9年の春である。木曽から飯田をたどっている。



大柄で声のでかい汚い格好をしたこじき坊主・・・・信州ではないが、ちょいちょい顔をみせ、長いされては困るので
物をすぐあげて立ち去ってもらったという人の談も載っている。

やはり題材になりそうなので彫ってみるかと・・・・思い立って本を引き出す。昭和11年の五月に長野に寄った記事があった。


そこには長野駅の写真が載っていた。善光寺の形を模した建物だ。山頭火も珍しそう眺めたとか。私が2年間学生生活を長野で過ごしたが、その頃この姿だった。後に建て替えがあって味気ない駅になった。そしたら新幹線の話が出て現在の建物になった。・・・・どこの駅もなんとも最近味気ないな。
山頭火がきた時期は戦前最後の御開帳が終わって一週間後だったそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気が付けば五月 | トップ | あの頃のヒーロー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL