Hanews-はにゅうす

毎日のちょっとしたことを書いています

トカイワインをあけました

2008年05月31日 12時03分29秒 | Weblog
昨日はクリスチャンとタンデムだったのですが、気がつけば6時間の長丁場でした。いきなり「犬神」や「山伏」についての文献を持ってきて、「これなんてかいてあるか、だいたいでいいから教えて」こういう昔の記事苦手です。

さて、あまりに長いタンデムだったので、最後は(向こうの田舎のお迎えの都合もあって)飲もうということになり、冷蔵庫に冷えていたワインをあけました。
このワインは昨年秋にうまちゃんと一緒にトカイへ行った時に買ったもの。よくよくラベルを見てみたら1995年なので、もう10年以上も前のワインですし、買ったときはまだ日本の脳みそだったのでそんなに高くかんじなかったけど、ユーロ換算すれば15ユーロくらい?なので今の頭で考えると高級ワイン。やはりおいしかたです。そんなワインをまだ味のよくわからないクリスチャンに飲ませるのではなかった!と反省しています。

今、朝の5時です。最近どうも早朝に目がさめるので、散歩にでかけます。(でもその後寝ます)ウィーンも残り30日になって、そろそろ日本の時差になってきた?かもしれませんね。そして今日は43歳最後の一日、楽しもうと思います!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

6月のコンサートのあわせでした

2008年05月30日 02時11分40秒 | Weblog
(よしこちゃんちでPC借りて書いています)

今日は朝から家で練習。その後午後からよしこちゃんちで、6月のミニコンサートの合わせをしました。久しぶりの「とうりゃんせ」や「里の秋」などピアノと一緒に歌っていて、しみじみいいなぁと思いました。

今からみんなで手巻き寿司だそうで、一緒にごちそうになります!
では、いっただきまーす!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のお散歩

2008年05月29日 04時08分26秒 | Weblog
(暗闇画面で書いています)


さて、今日は夕方ちょっと涼しくなった時に散歩に出かけました。家の前から市電の37番に沿って終点Hohe Warteというところまでひたすら1時間の登り。
途中、世田谷公園という日本庭園があり、そこも少し見てきました。ボタンの花やショウブの花がきれいでした。(ぼたんじゃないかも?・・・シャクヤク?)

帰りも電車の券がなかったので、歩いてかえって来ました。ほぼ2時間のコース。もう汗だく、足がたがた。今日はしんどかったです。でもこれで、昼に食べたチョコレート消費できたかも?

今日はソニアとタンデム。最初なかなかうまくいかなかった彼女とのタンデムも(お互いの都合が悪かったり、彼女が風邪を引いたり)最近帰るころになっていい感じです。日本語で(小学生がするような)心理テストをしてあげたらめっちゃ受けてました。今度クリスチャンやコニーにも、いやいやDoさんにしてみよう!

明日は6月に歌う日本の歌の練習で、伴奏弾いてくれるよしこちゃんとの初合わせです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのレッスンでした

2008年05月28日 01時24分48秒 | Weblog
大学の自習室の生徒さん用パソコンをお借りして書いています。
今夕方6時過ぎなのでもうほとんど生徒さんがいません。なので使わせてもらいます!

さて、今日のウィーンはなんと30度。暑い!ついこの間まで10度とかだったのに、この急激な変化についていけません。

さて、今日久しぶりに歌のレッスンを受けてきました。実質こまこま夫婦が来る直前に受けたのが最後だったので、1ヶ月ぶりです。でも、自分のなかでなにか熟したものがあったので、結果は「その方向で」ということで、また少しつかめた感じがして帰ってきました。

今日の散歩はピルグラムガッセから家まで。1時間と少し。途中でこの暑さでは着る服がないので、数件立ち寄るも、かわいいと思うと合わない。うぅ・・・

今晩はこれからDoさんと一緒に、先日見たフォルクスの「次の白鳥」見てきます。楽しみです。

では、次いつの更新になるかわかりませんが、また!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こっちのロレアル

2008年05月26日 05時01分26秒 | Weblog
今日は朝からさばくさんの家に行って、お互いにロレアルで髪の毛の染めっこをしました。日本のとやはり内容が違って、耳カバーとか、頭カバーとか、首カバーとか何にもないし、刷毛も入っていませんでした。日本のロレアルがどれだけはいっていたか定かではないのですが、それでも最低限しか入っていないきがしました。(代金払うの忘れた!)

さてその後、お昼をご馳走になり、うだうだといろいろな話をして、気がつけば9時。まだ外が明るいからついつい長居になります。

お腹の中をすっきりさせようと、帰りはシュヴェーデンプラッツから家まで歩きました。たった50分。気持ちよかったです。

さばくさんは明日からご両親が日本からこられます。
しばらくりょこうやなんかでたいへんだとおもいますが、その後また遊んでもらおうと思います!

今日も暗闇画面で書いてます。ではまた!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

贅沢な時間

2008年05月24日 16時44分01秒 | Weblog
(暗闇画面で書いています)

最近やっと散歩をするようになりました。
で、今日も朝4時に目がさめ、そのママ眠れず、5時過ぎに起きて6時前に家を出ました。
なんとなくいつものルートを歩いていたのですが、そのまま市電のDに沿って、気がついたらベートーヴェンの遺書の家あたりまできていました。
そしてそこから坂道を登ってグリンツィングへ。ここまで私の足でだいたい1時間でした。グリンツィングからはバスに乗ってカーレンベルクへ。朝7時にこんな所来る人いません。
頂上の喫茶店貸しきり。ベランダに座って一人でホットチョコレートをのみ、1時間くらいずっといろいろ考えたりしていました。

ウィーンはここんところ、最高気温10度くらいでさむかったのですが、今日はお天気もよく、過ごしやすい一日になりそうです。サテンのおじさんも「今日は客が来る」とよろこんでいました。

実は昨日、クリスチャンのおばあさんにお誕生日ケーキをもらいました。手作りです。作ってくれたおばあさんにも感謝ですし、それを延々田舎から電車の中も、授業中も、図書館でも、延々6時間箱を担いで持ってきてくれたクリスチャン本人にも感激です。

昨日も今日も、それ以外にもここにはお金で買えないうれしいことがたくさんあります。贅沢な毎日だと思います。


お願いだからパソコン直って~!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国立歌劇場「サロメ」23.5.2008

2008年05月24日 16時34分34秒 | Weblog
友達の家で書いています。

サロメはどうしても見たかったオペラの一つ。ところが行ってみたら、すでにギャラリーは手遅れ、バルコンの立ち見になってしまいました。
その上、このオペラの演出はわかっていたはずなのに、見えない方の側に立ってしまい、今回はほとんど舞台を見ず、対訳を眺めながらのオペラになりました。

このオペラの緊張感が大好きです。

そうそう、たしかリヒャルトシュトラウスは、このオペラ1本で別荘を建てたと言われています。昔一度見に行った事がありますが、とっても素敵な、黄色い壁の別荘だったと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばあさんの手作りケーキ

2008年05月24日 16時33分35秒 | Weblog
友達の家で書いています。

クリスチャンのおばあさんから、数日早いけど(本当の誕生日の頃は、保養に出ていてケーキを作れないのでという事だそうです)お誕生日ケーキをいただきました。

写真がアップできていないのでまだお見せできないのですが、ハート型のチョコレートケーキに「おめでとう」のマジパンと、赤い花の飾りをつけてくれました。

前にも書きましたが、プレゼント魔のクリスチャンに「プレゼントはいりません。料金のかからないものならどうぞ。」といってあったので、持ってくるなり、「買ってません。おばあさんの手づくりです。」と言い訳していました。

ケーキの心遣いと、たいへんな思いをして運んでくれた事、本当に嬉しかったです。
あれから3日、毎日おいしくケーキ食べてます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうとう壊れました

2008年05月23日 00時26分25秒 | Weblog
前から時々画面の電気が消えていた私のPCですが、とうとうこわれました。
ネットカフェか、他の方法を今模索しています。
しばらくかけない可能性があります。
今も懐中電灯で画面を照らして書いています。
みなさんからのメールは同じ方法で読めますが、ややこしい
長い返事はたいへんなのでかけません。すみませんが、しばらく
ご辛抱ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォルクスオパー「サウンドオブミュージック」21.5.2008

2008年05月22日 04時43分56秒 | Weblog
書きたいんですが、画面真っ暗で、何も見えません。
今も真っ暗なまま書いています。なのでかんじとか間違って変換されている可能性があります。
調子がよくなったらまた更新します。すみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本とスカイプ

2008年05月20日 23時57分30秒 | Weblog
今日はまた久しぶりに日本のよりこさんとスカイプしました。

やっと今週になって練習できる雰囲気と気力が出てきたので、朝はあれこれ楽譜をめくりながら、「6月末までにあとどれだけやらないといけないのだろう?」と考えてみたり。

午後に1時間ほどスカイプして、それからまた練習という一日でした。
これから夕食、鳥の足焼きます。

それにしてもこのスカイプ便利ですね。タンデムの学生さんたちとも、帰国後も定期的にスカイプで会話できるようにお願いしておきました。これなら直接質問できるので便利です。

問題は時差だけ!毎週○曜日の何時にね!って決めないとたぶん続かないだろうなぁ、と思います。それでも昔に比べたら、本当に世の中便利になったものだ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォルクスオパー「Die Weberischen」19.5.2008

2008年05月20日 05時41分33秒 | Weblog
今日のフォルクスオパーは「演劇のようで演劇でない、ミュージカルのようでミュージカルでない、それは何かと尋ねたら」なんやったんやろう?わからんわ。

タイトルは「ウェーバー家の」みたいな感じになるのかな、モーツァルトの妻だったコンスタンツェ。ウェーバー家の母と、コンスタンツェを含む4人の姉妹を中心にしたもの。

モーツァルトはセリフではしょっちゅう出てくるのだが、見えない場所にいるか、人形。

進行途中でアコーデオンと、あの「お~ま~え~は~あ~ほ~か~」のノコギリ楽器がオーケストラとは別に舞台上で音楽を奏でる。オケはほとんどモーツァルトの曲を編曲したもの。

お母さん役は、支配人マイヤーさん。舞台上でシカネーダーからウェーバー家の母に化けた。途中でパパゲーナや他の曲も歌ってたから、やっぱりミュージカルか?

お客さんもいい感じで入っていたし、みなさん拍手もかなり気に入っていたようですが、私には「うどんを食べに行ってトムヤンクンしかなかった。」「難波花月に行ったつもりが浅草だった。」そんな感じ。(ってどんな感じやねん!)

とってもどたばただったのに、音楽がかっこよすぎて…
演者のみなさんの身体の自由さと、体力には目を見張りました。

RegieStephanie Mohr
BühnenbildMiriam Busch
KostümeAlfred Mayerhofer

DirigentChristian Kolonovits
JosefaUlrike Beimpold
AloisiaAnne Weber
KonstanzeTanja Schleiff
SofieRuth Brauer-Kvam
Schikaneder / CillyRobert Meyer
und die Tiger Lillies
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すごいおまけをもらいました

2008年05月19日 04時20分12秒 | Weblog
昨日、神様が年度末赤字覚悟の~と書きましたが、今日もすごいおまけをもらいました。

今日の予定は、朝コニーと一緒に散歩をするというところから始まりました。ドナウ運河沿いに1時間歩いて、その後写真の交換をして…。家がまだホコリっぽいし、台所はなんとなく乱雑としているし、家でタンデムしたくなかったので、こうなりました。朝8時から歩いたのですが、日曜ということもあって車も少なく、とても気分のいい散歩になりました。

そして午後からは、私と同じ名前(漢字は違うけど)の、たかこさんのうちへ2度目のお邪魔をしました。前回うかがった時は、お昼だったのでご主人に会えずじまいだったので、今回は一緒にということでご招待いただきました。

たかこさんとご主人、彼らの上の階のドイツ人ご夫婦、そして私の5人で、なんと「ワイン試飲会」が始まりました。ご主人はかなりのワイン通! なので今日はどんなワインが出てくるのかかなり期待していたのですが、まさかまた覆面ワイン試飲会とは!これは予想外でした。

で、今日は「この前買った赤ワイン持って行きますね。」と言って1本持っていったのですが、前回の試飲会同様、そのワインも覆面されて中に入ってしまいました。(いや~な予感)

そう、予感は当たりました。また自分の持っていったワインに、一番低い点数をつけてしまいました。悪くはなかったのですが、メルローの若いワインだし、喉越しに残らないワインでした。(満月の日に刈り取ったりするおもしろいワインだったのですが…)

最後に覆面を取ってやっと理由がわかりました。だって、他のワイン

■1999年物の、オーストリア産赤ワインの名産地ブルゲンランドのキュヴェーワイン。←これはパーフェクトワインでした。
■1996年物のイタリア産赤ワイン。
■1989年物のフランスボルドーワイン。

これじゃ太刀打ちできません。

おもしろかったのは、皆が「オーストリアワイン」ではなく「あっこれオーストリア人」「これはフランス人だよきっと。」とワインを人扱いして呼んでいたこと。これ私の中でかなりヒットでした。

さて、上の階の夫婦が帰宅した後も、雨がザーザー降っていたので私は残っていました。そこへご主人のお友達がやってきて、話をしているうちに「昨日フラウエンキルヒェに行って来たんだ。」という文章が出てきました。「えっ、なんでですか?私そこ行きたかったのにいけなかったんです。どうしてもっと前に知り合わなかったんでしょう?」と叫んでしまいました。

「フラウエンキルヒェ」これこそ、こまこま夫婦と行けなかったブルゲンランド州の村、私が本気で行きたかった村です。だってウマトゥムという名前のめっちゃおいしいワイン農家があるんですもの。

そうしたら「じゃぁ来週みんなで一緒に行こうよ。」とそのお友達。その瞬間、私は普通の顔を装いながら、血が一瞬逆流したような気がしました。ブルゲンランドで赤ワインが飲める!それもフラウエンキルヒェで!めっちゃうれしいです。

散歩とワイン、おいしい手料理の数々。それだけでも今日も充分すてきな一日だったのに、まさかこんなおまけがついてくるとは思いもしませんでした。その分どこかに還元しないと、バチが当たりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AlteDonau 古いドナウ川のほとりで

2008年05月18日 02時57分43秒 | Weblog
今日はタンデムパートナーのDoさんの(ドーさんといいます)ご招待で、彼女が1年単位でメンバーになっている古いドナウ川のほとりへ連れて行ってもらいました。

Doさん。すごいパワーの持ち主です。



ここはウィーン市の管理する湖畔(今古いドナウ川は出口がない。)になっていて、一度に3万人入ることができるそうです。Doさんは大きなロッカーを一つ借りて会員になり、一年のうちいつでもくることができるそうです。(写真は夕方とったのでちょっと暗いですが、本当はもっときれいです。)


もちろん私のような非会員でも、泳いだり芝生に寝転ぶのはダメですが、中にあるレストランで食事をしたり、散歩したりするのはOK。

お昼の12時に待ち合わせて、まずは川面で風にあたりながらご飯を食べ、その後彼女の日本語のプリントを山ほど片付け、そして場所をかえてコーヒーを飲み、散歩。すべてがゆったりと流れていきます。こんなに街から近い所に、ゆっくりできるところがあるのはウィーンだからこそ。そんな感じがします。家に帰ってきたのは7時半だったので、延々6時間以上外でぶらぶらしていたことになりますか…。

ここんところ、毎日なんらかしらいいことや、うれしいことが起こるので(水道は別にして)、最後のカウントダウンに入って、神様が急にいろいろ「年度末最終赤字覚悟の大バーゲン」をやってくれてるんじゃないか?って思うくらいです。明日も朝の散歩からスタートの予定です。

散歩中、ホルンダーが満開でした。この花をシロップ漬けにしたり、オムレツにいれたりするんですって。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私にも来た架空請求

2008年05月17日 07時26分44秒 | Weblog
妹からメール。「なんか裁判所から代金未払いの裁判になる云々でハガキが来てる。」と連絡。詳細を教えてもらったけど、内容に心当たりがない。その上、どこの未払いなのか、なんの会社なのか、なんにもない。おかしいと思い、ハガキに連絡先と書いてある電話番号をネットで調べたら、架空請求の一覧にありました。

よくもまぁ、こんなハガキ1枚をわざわざ住んでもいない人宛に送ってくるもんだ。(もしかしたら住んでいないから、反対にその親戚を狙ったか?)

これは、控訴取り消し期限みたいな日数が区切られているので、受け取った人は焦るらしい。で、電話をすると非通知着信拒否なので、こちらの番号を知らせないとかからない仕組み。そこで番号知られて…その後は想像つきますよね。何度も同じ番号に取り立ての電話がかかってくるというもの。

ハガキ代元取れるんでしょうかね?ネットをみると本当にたくさんの人が、同じハガキを受け取っているらしいので、ハガキ出すだけでも大変だと思いますけど。(もしかしたら住所書くバイトとかいるんですかね?)

それにしても、おなじ人を騙すなら、歌って踊ってハト出して「楽しかったわ~」と言って帰ってもらうくらいのことしてほしいです!

もしかしたら架空請求の関西圏売り上げ向上キャンペーンかもしれないので、みなさんもご注意を!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加