Hanews-はにゅうす

毎日のちょっとしたことを書いています

年代が立つと歌いかたも変わりますよね

2017年07月23日 23時10分03秒 | Weblog

クラシックは楽譜があります。楽譜が基本です。

だから、ニュアンスやテンポが変わることがあっても、

八分音符を2分音符にすることはありませんが、

演歌歌手とか、フォークソング歌手とか、ロック歌手とか、

こういう方々の、年齢とともに変わりゆく音符の長さは

すごいものがありますね。

また、楽譜が基本ではないのか、きっと歌っている人が基本なんだと思いますが、

教えていても、楽譜と歌との違いも大きいです。

明日も、とある懐かしのメロディーを歌ってもらうのですが、

1番は、楽譜とは違うものの、全員が聞き覚えがあるのでなんとかそろいますが、

3番ともなると、その歌詞の譜割りが、まったくわからん。

そして、動画をみても、歌っている時期でかなり違う。

そっか、ウィーン歌曲だと思えば、それもアリか・・・

そう思うと、しかたないなぁって思ってしまいます。

なので、明日は一番歌いやすい感じで仕上げましょう。

そうしよう、そうしよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本格的に暑い | トップ | 頭の中のおしゃべり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事