Hanews-はにゅうす

毎日のちょっとしたことを書いています

マネージメント

2017年09月10日 17時29分22秒 | Weblog

陸上十種競技の武井壮さんご存知でしょうか?

最近は陸上よりタレントさんとしても活躍されています。

この方を最初に見たのは、真夜中のトーク番組?

百獣の王を実演されていて、でも、まだまだ素人っぽくって、

なのに、なんでいきなり仲居くんの番組なんだろう?

この人どこから来たんだろう?って、すごく不思議に思っていました。

先日、You Tubeで生い立ちを話しておられるのを聞いて、

マネージメントに関していろいろ勉強されたのを知り、すごいなぁと思ったのです。

それは、陸上をやって(他のどんなスポーツも、そしてこれは音楽でもいえると思い自分のことのように痛かった!)

子供のころから青春時代まで20年もの月日を費やして、それだけをやってきても、それで食えない事実です。

例として、1年に1回しかない日本の陸上選手権?に、5万人の客席が満席にならないということ。

つまり、一人の日本の陸上トップレベルの選手が、平均して20人呼べない。

(何年か前の話です。昨日も桐生君が9秒台で新記録を出したばかりなので、最近は満席になっているかもしれませんが・・・)


十種競技も、武井さんにとって素晴らしい競技だったようですが、

「それ」がどれだけ素晴らしくても、使ってくれる、見てくれる、興味を持ってくれる人が少なければ、

どうしようもないのだと。

ここにすこぶる共感しました。

もちろん、我が道を行く!大事です。誰の共感もいらない。自分の音楽を求めたい。自分で100M の記録出したい。

めっちゃ大事です!

でも、反面、共感して、興味を持ってくれる人がいなければ、後ろに続く人もなく、競技人口や、演奏人口が増えず、

その道はすたれていくのも事実です。人気のある競技や、演奏家にスポンサーが付き、宣伝ができて、また人が集まるのも

一つのからくりですね。

私が歌っているウィーン歌曲(ヴィーナーリート)という分野は、まだほとんど誰も歌っていないし、

広まってもいないし、知られてもいない。自分ではこんなに素敵な世界はないぞと思っているのにです。

これで会場満席はまだまだ遠い。

20年じゃないですよ、すでに35年以上費やしてます。

これも誰かが言っていたけど、月に行きたいのに、地球をどれだけ歩いても、月には近づけない。

ウィーンの歌を聴いてもらいたければ、まずそれを広める方向を正しく尽力せねばならないようです。

この夏、それを自覚して、そうしようと決めてから、そういう考え方を持っている人の話が耳に入ります。

再来年はオーストリアと日本の国交150記念年です。それまでになんとか、この世界をもっと知ってもらいたいと

ひしひしと思うのです。が、まだ具体的にどうしたらいいか、まったく見えてないのも事実です。

いろいろ考えては消え、また考えては消えています。どなたか、企画やアイデアあったらください。

また、こうやったら宣伝できるのでは?という情報あったらください。お願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月15日の演奏会お待ち... | トップ | 自分へのプレゼント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事