旅行 写真で紹介 

旅のあれこれ、見たこと、感じたこと 写真で現地を紹介します。

越中八尾の街並み

2017-06-22 21:46:42 | 富山
2017年6月18日、神戸を朝出発し、舞鶴自動車道を経て、北陸自動車道で富山観光です。今回は2泊3日で富山と石川の観光です。最初の観光地は富山市の八尾の街並みです。神戸から約400Kmを走りました。富山西ICから南に13Kmの位置です。県道224号線の通りに駐車場があります。
八尾は江戸時代から養蚕業、特に蚕種(カイコの卵)の生産や取引で栄え、かつては「蚕都」と呼ばれました。養蚕は何百年も前から人々の暮らしを支え、戦前に至るまでの町の基幹産業として隆盛していた歴史があります。
江戸時代には富山藩の御納戸所として栄華を極めた町人文化の象徴であった曳山神事は、今もなお伝承されています。5月3日は越中八尾の曳山祭で、三味線、笛、太鼓の奏でる古式ゆかしい典雅な曳山囃子につれて、凛々しい若者達が揃いの法被姿で曳く六本の曳山、夜には数千の提灯に灯がともる提灯山車となって、坂の町を練り歩きます。
富山市八尾町上新町2898
map

原蚕の坂





蔵並み通り







曳山展示館、工事中でした。

川崎順二像(越中八尾おわら保存会書台会長・医学博士)

八尾まち歩き案内図



国道472号線の通り

もう一筋奥の諏訪町通りに進みます。

諏訪町通りです。石畳みの通りです。







































専能寺







街並みに戻ります。

諏訪町公民館





















諏訪社



鳥居

手水舎

狛犬





拝殿





社務所













街並み











おたや階段













































次は富山城に行きます。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅風庵(浜村温泉)、街散策 | トップ | 富山城・富山港と岩瀬の街並み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL