手作り工作研究所

−楽しい工作のすすめ−

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆ダンボールロボットを作る6−ザンダクロス(ジュド)編−その1

2011年04月23日 | 作品
 自分の中で、いろいろ候補がある中で今回は「ドラえもん−のび太と鉄人兵
団−」に登場するジュドことザンダクロス(以下ザンダクロス)を作ることにした。
 ダンボールロボットとしては10体目にあたる。早速、製作開始!!

 

1、頭部(ロボは顔が命)

*頭部は、どのロボットにも共通するのだが複雑で細かい部分が多いので落
 ち着いて作る必要がある。
*まず、台形にダンボールを切り取る。下底は10cm。上底は下底より1cm
 短くする。


*それをつなげていくと正七角形の形ができる。まだ、仮どめの状態。


*このままだときれいな形にならないため、中にはめる七角形の板を作る。
*台形の板の下底が10cm、七角形なので周りの長さが70cm弱のものに
 する。
 1.頭の中で円にして考えて円周が73cmと考えてみる。
 2.それを3(円周率)で割ると直径が21cmになる。
 3.半径が10.5cmとなり、円の形をつくることができる。
 4.分度器を使い、中心点から約51.5度ずつ(360÷7)線を引き、弧を切り
   取って完成。


*ほら、いい感じではまってくれた。適当なのか計算なのか分からない。


*上から見たところ。



*今度は、目(デュアルアイ)の部分。まず、工作用紙を目の形に切る。


*その上から銀紙をのりで貼りつけ、更にブルーのセロハンをかぶせる。


*セロハンと銀紙をのりやテープで直接貼れないので、両面テープを使って
 裏から止める。


*最後に、このままでは強度不足なのでひと回り大きいダンボールの板を裏
 に取り付ける。



*先ほどのはちまき部分とくっつけてみる。頭の大きさは他のロボットたちと
 大体同じになった。



*いよいよ、マスクと頬の部分を作ってみる。
*適当にダンボールをカットしていく。ここで何度か失敗している。


*定番のボンドで取り付け。口のふくらみが表現できたかな。


*続いて、頬の部分の取り付け。ガッツウイング 1号じゃないぞ!


*微調整を繰り返しながらカット、カット!



*頭(顔)部分はこのような感じになった。


*まだ、仮どめなので何とも言いがたいが、悪くはないと思う。


 大体、3時間くらいでここまでできた。いつものことだが心の中は期待と不安
でいっぱいになる。今回も周りはガムテープを使おうと考えている。これが自
分の中で一番やり易い材料なのだ。
 今回は、カミイの時よりも進みは遅くなるのではないかと感じる。では!  研


ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ガムテープ 両面テープ ドラえもん
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« マグネットロボット2号(工作用... | トップ | ☆ダンボールロボットを作る6−ザ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL