One-Leg Playerの奮闘記

障害を持っていても松葉つえ1本でいろんなスポーツにチャレンジしています。

手続きでテンテコ舞いの一日でした。

2016-11-04 23:55:22 | エピソード

兄と弟が気を使ってくれて、親父の御骨(オコツ)を私が見る度に、また、今までの事を
思い出して苦しむんじゃないかと、心配しているそうですが、私は大丈夫ですよ。

親父の御骨も我が家だと気を使わなくて良いし、落ち着いて居心地が良いみたいですよ。
我儘が言えるし、何しろ病院へ入院していても、我が家へ一日だけの外泊届けをもらって
いたぐらいだから、やはり、我が家いいと思います。

きょうは、朝早くから公益社の方が我が家へ来られ、49日までの仏壇の飾り付けを行い、
また、この親父の遺影写真が良く撮れていて、ニコヤカな笑顔で本当に親父が傍に居る
ように見えるのです。

今までのように、「あれもせい。」、「これもせい」と言っているみたいで、感傷にふけって
いる暇も無く、一日がいろんな手続きで忙しくて、兄と一緒に区役所や年金機構へ行った
りして、今日は、てんてこ舞いでした。



 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親父の葬儀が滞りなく済みま... | トップ | こども水泳の最終日、お疲れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エピソード」カテゴリの最新記事