芭屋框組(はなや かまちぐみ)

残しておきたい情報や、知ってもらいたい事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明けましておめでとうございます

2017-01-04 11:31:43 | 道具、砥ぎの話
明けましておめでとうございます、例年通り、もたついている間に年が明けてしまいました。

うっかりウィンドウズ10にしてから、写真の取り込み方が分からなくなってしまった事もあり、すっかりご無沙汰しています。(デジカメ~パソコン~画像圧縮~ブログ用画像フォルダーへアップと言った大変時代遅れなやり方でやっているので御察し下さい。)

こんなずぼらブログでも、毎日多くの方が楽しみにしてアクセスして頂いている様です、有難う御座います。今年も気長にお付き合い下さい。

では、早速





以前送って頂いた裏出し用の槌、櫃穴の精度が全く出ていなかったのでヤスリで擦り直し。

今回の柄は御本家を意識して太めにする事に。





上が御本家そして・・









寸法:左側が長さ=260ミリ 肩の断面=30×21ミリ 柄尻の断面=42×32ミリ 櫃穴=29×11ミリ

右側 長さ=243ミリ 肩断面=25×21ミリ 柄尻断面=44×31ミリ 櫃穴=21×11ミリ

今回太さを確保したかったので、首の所に肩(=胴付き)をつけた。





左側の物は、穴の背が30ミリも有るのが功を奏して、かなり良い感じの握り易さに出来た。今後150匁~の重めの玄翁は肩を作ってこの形にしようと思う。

右の物握り心地悪くないが、首付近の断面は縦にひらたい方がずっと良い。見た目はおかしくなるが高さ方向にも肩を作れば良かったと後悔した。柄尻の大きさは、2本共ほぼ同じなのに大分印象が変わってしまう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 積層台への道 -14歩目ー | トップ | ねじれ直し再び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道具、砥ぎの話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL