中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

「怖い絵のひみつ」展覧会ガイド本が出ます

2017年07月11日 | 音楽&美術
 「怖い絵展」は、拙著「怖い絵」で取り上げた作品の他にもいろいろな面白い絵が来日します。

 そこで展覧会ガイド本をだすことにしました。担当者さんへのインタビューや、宮部みゆきさんとの対談、グッズの紹介など盛りだくさんのスペシャル版ですので、楽しんでいただけると思います🎵 17日の刊行です!

name="amazletlink" target="_blank"> alt="怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック" style="border: none;" />

 展覧会は東京に先駆けて神戸の兵庫県立美術館で22日から開催です。

  ロンドン・ナショナルギャラリーとの交渉が長引き、ジェーンが借りられなければ失踪しようと思ったという担当のF氏や、夢魔がだめならせめて古書の挿絵でもと2冊も高価な古書を個人で購入してくれた学芸員O氏など、おおぜいの方々の汗と涙の展覧会です。

 もちろん「レディ・ジェーン・グレイの処刑」(ドラロ―シュ)も「夢魔」(フュースリ)も無事借りられました。終わりよければすべて良し! どちらも初来日ですよ~

ぜひいらしてくださいね!!


 来週は当ブログはお休みです。また25日に!

☆☆☆「怖い絵展」情報
http://www.kowaie.com/

☆☆今後の講演会

・8月20日(日)『怖い絵展』記念講演 2時~3時半 兵庫県立美術館(神戸)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/bi01/fear.html

・9月2日(土)2時~3時半 名古屋朝日カルチャー

・11月3日(金)『怖い絵展』夜間鑑賞会 満席になりました。


☆☆月刊「文藝春秋」連載「中野京子の名画が語る西洋史」のオンライン化 全文、無料で読めます🎵
・最新~ボッティチェリ「神曲 地獄篇」
http://bunshun



☆最新刊『中野京子と読み解く運命の絵」(文藝春秋) 2刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="中野京子と読み解く 運命の絵" style="border: none;" />

☆「名画と読むイエス・キリストの物語」(文春文庫)

時代小説作家の千野隆司氏がHPで紹介してくださいました♪

http://blog.livedoor.jp/chino17jidai/archives/52067341.html#comments

☆「美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯」(NHK新書)
美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯 (NHK出版新書 497)


☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文春文庫)

名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫 な)
  『弐代目 青い日記帳』さんがさっそく紹介してくださいました♪ 3月6日のページです。
http://bluediary2.jugem.jp/


☆「残酷な王と悲しみの王妃 2」(集英社)

残酷な王と悲しみの王妃2
担当者さんが紹介してくれました♪


http://renzaburo.jp/shinkan_list/temaemiso/151023_book01.html


☆『「絶筆」で人間を読む - 画家は最後に何を描いたか』(NHK出版新書)
 3刷になりました♪

「絶筆」で人間を読む―画家は最後に何を描いたか (NHK出版新書 469)

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇」(文藝春秋)2刷になりました🎵
<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163903089/hanatumuhiton-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇
「青い日記帳」さんが紹介してくださいました。素敵な紹介で嬉しいです♪
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4050

☆文藝春秋WEBサイトでは、短いですけどわたしのインタビュー記事も載りました。お読みくださいね!→http://hon.bunshun.jp/articles/-/3935


☆「名画の謎 ギリシャ神話篇」(文春文庫) 2刷になりました🎵

名画の謎 ギリシャ神話篇 (文春文庫)


☆「愛と裏切りの作曲家たち 」(光文社知恵の森文庫)

愛と裏切りの作曲家たち


☆「マンガ西洋美術史03」(美術出版)

マンガ西洋美術史03 「市民社会」を描いた画家」 ブリューゲル、フェルメール、ホガース、ミレー、ゴッホ



☆「マンガ西洋美術史02」(美術出版社)
マンガ西洋美術史02「宗教・神話」を描いた画家  ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルーベンス


☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川文庫)

危険な世界史 運命の女篇 (角川文庫)

☆「マンガ西洋美術史01」監修(美術出版社)
マンガ西洋美術史01 「宮廷」を描いた画家 ベラスケス、ヴァン・ダイク、ゴヤ、ダヴィッド、ヴィジェ=ルブラン


☆「ヴァレンヌ逃亡」(文春文庫)
ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間 (文春文庫 な 58-2)


☆「名画で読み解く ロマノフ家12の物語」(光文社新書)3刷になりました♪

名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)   

☆「印象派のすべて」(宝島社別冊ムック)
印象派のすべて (別冊宝島 2200)

☆「名画に見る 男のファッション」(角川書店)
名画に見る男のファッション (単行本)

☆「橋をめぐる物語」(河出書房)
中野京子が語る 橋をめぐる物語

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇」(文藝春秋) 3刷になりました♪
中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇

☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社文庫)4刷になりました♪
残酷な王と悲しみの王妃 (集英社文庫)

☆「怖い絵」(角川文庫) 単行本に新しく書き下ろし2作を加え、全22作品です。8刷になりました🎵 怖い絵  (角川文庫)

☆「はじめてのルーヴル」(集英社)2刷になりました🎵 はじめてのルーヴル (集英社文芸単行本)

☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文藝春秋) 5刷になりました🎵
中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇

☆「怖い絵 死と乙女篇」(角川文庫) 7刷になりました🎵 怖い絵  死と乙女篇 (角川文庫)

☆最新刊「名画と読む/イエス・キリストの物語」(大和書房) 3刷になりました🎵
名画と読むイエス・キリストの物語

☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川書店) 2刷になりました🎵
危険な世界史 運命の女篇

☆「危険な世界史 血族結婚篇」(角川文庫)6刷になりました🎵
危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫)

☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)~「怖い絵2」の文庫化~ 11刷になりました🎵
怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)

☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 7刷になりました🎵
中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇


☆「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)6刷になりました♪
印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 14刷になりました♪
「怖い絵」で人間を読む 生活人新書


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」 7刷になりました♪
名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書) 20刷になりました🎵 名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)

☆「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫) 3刷になりました🎵 おとなのための「オペラ」入門 (講談社+α文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。
歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

^^^^^^^^^^^^^^^^
☆以下の単行本は絶版としました。文庫本をお求めくださいまし~

☆「怖い絵」16刷中。怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。 怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。 怖い絵3









ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「怖い絵展」グッズ | トップ | 「怖い絵展」開幕と「世界一... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (carpediem)
2017-07-11 12:12:16
「怖い絵」展、楽しみです。友の会会員なので、8/20の講演会の優先席希望を出しましたが、応募多数の場合は抽選みたいです…当たるといいなぁ〜
ボッティチェッリの「インフェルノ」の実物は観たことはありませんが、地獄はこんな感じなんだろうな〜と想像をたくましくしてしまいます。ダンテの墓は23年前初めてラベンナに行った時に見ましたが、フィレンツェ市は「フィレンツェに返してくれ」と言い、ラベンナは「追い出したのはそちらでしょ」とモチロン移すつもりは無いようです…神曲は読んだことはありませんが、ウェルギリウスがツアー・コンダクターとして出てくると知り、ちょっと興味が湧いています。ウェルギリウスといえば、最近ラテン語でグッとくる言葉に出会いました。「lacrimae rerum・ラクリマエ レールム:世の中の出来事(つまり歴史)への涙」です。これはウェルギリウスのアエネーイスの中に出てくる「歴史に注ぐ涙がある。人間に関わることは心に触れる」という中の言葉ですが、歴史を専攻してきた私にとって、なかなかグッとくる言葉でした…
Unknown (carpediemさん(kyoko))
2017-07-12 12:37:37
 「歴史にそそぐ涙」ですか、いいですね~ ジェーン・グレイなどもそうですね。思い出しましたが、ギリシャ悲劇でまだ幼い王子が塔から突き落とされるという処刑が実行されることになり、少年は死の間際、「どうして」と振り返って聞きます。答えは「王の息子だから」。
 
Unknown (うさこママ)
2017-07-12 14:16:25
「怖い絵」展、兵庫はもう来週、開幕なんですね!スペシャルブック、展覧会の裏話も楽しみですが、一番楽しみなのは中野さんの秘密がのぞけることかも…。
前回の旅レポートは長くて気が引けましたが、少しでも参考になればうれしいです。まだ書きたかった事があるので、もう少しお付き合い頂けますか。
展覧会の音声ガイド、利用した事がなかったのですが、今は当たり前なんですね。<ゲントの祭壇画>は入場すると渡されたので使いましたが、全員利用とは日本も含め初めての体験、しかも教会なので、ちょっと驚きました。
ブルージュには美術館・博物館が14もあり、立派な無料冊子で紹介されていました。小規模でも、日本では決して見れない中世美術も多く、美しい街並みを楽しみながら見て回るのは何とも贅沢な気分で、わざわざ旅に出る醍醐味はこういう事、と感じました。
毎日、2万歩以上歩きましたが、パリ郊外のシャンティイ城も、<ランブール兄弟の時祷書>と本場のクレーム・シャンティイを目当てに訪ね、バスの便が少なく、駅から片道30分以上も森と広大な敷地を突っ切って歩き、すっかり日焼けしてしまいました。
ブリュッセル中央駅で前日もテロ未遂があったと知って、ドキりとしましたが、CDG空港の入国審査はいつになく厳重で、30-40分ほど待たされ、鉄道駅や美術館、デパートでも荷物検査があり、国際列車はプラットフォームで更にチェックを受けました。旅には最適な季節で、観光客も多く、広場など大勢集まる所では銃を抱えた兵士が目立ち、これだけ警戒していれば安全と思え、緊張感を持ちつつも安心でしたが、パリやブリュッセルでは、しばしば、(この人達の多くが直接、または間接的にテロ被害を受けたはず…)と気になり、身の引き締まる思いがしたのも事実です。
帰国前日、サンジェルマン・デ・プレでラベンダー売りに遭遇。花束やポプリを道に並べていて、素晴らしい香りにウットリしましたが、ポプリでもスーツケースに入れたら、衣類はともかく、お菓子や食品にも香りが移りそうで買わなかったのですが、今はポプリか香油を少し
買うんだった、と悔やんでいます。
旅で英気を養い、思い出して反芻すると共に、気の長い話ながら、(次の旅もありますように…)と先の楽しみを夢想しています。
Unknown (マー)
2017-07-12 14:17:58
中野先生こんにちは。先日の大阪での講演会楽しく拝聴させていただきました。
いつも先生の講演会に参加させていただくと、次々に新たな作品の裏面を知る事が出来、ますます作品に対しての鑑賞眼が拓かれて嬉しい限りです。「怖い絵」展に行く前に今回の講演会に参加して、作品の実像を知る事が出来本当によかったです。

それにしても講演会前に先生と偶然にもエレベーターでお会い出来たのにはびっくりでした。こんな偶然もあるものですね。

また9月の名古屋での講演会にも参加させていただきます!
暑い季節ですが、先生もお体には十分お気をつけくださいませ。
Unknown (うさこママさん&マーさん(kyko))
2017-07-12 17:44:01
うさこママさん
 デパートまでそんなに検査が厳しいんですね。そう言えば、去年、知人のフランス人が帰国することになり「地下鉄とデパートは近づかない」と言っていたので怖いなあと思ったことでした。
 それはそれとして、充実したステキな一人旅の様子が伝わり、こちらまで楽しくなりました🎵

マーさん
 エレベーターでは驚きましたね(ふふふ)。お元気になられて良かったです! 名古屋にもいらしてくださるとのこと、嬉しいです。ジェーン以外はなるべく重ならないような作品を選びますね♪
怖い絵展 (トクちゃん)
2017-07-22 21:56:16
「怖い絵展」本日初日と言うことで、夕方から行ってきました。(金・土曜日は夜8時まで開館)
吉田羊さんの音声ガイドも借りて、京子さんの解説も聞けたし・・・。
いや~、良かったです。
「レディ・ジェーン・グレイの処刑」感動しました。
グッズも見たかったけど、8時になって時間切れ・・・また来週見に行きます・・・この夏、毎週?通います。
Unknown (トクちゃんさん(kyoko))
2017-07-23 17:05:45
 さっそく初日にいらしてくださったのですね、嬉しいです!! 
 グッズも制作会社さんがとてもよく考えてバラエティあふれる品揃えになっているので、きっと気に入ってもらえることと思います🎵

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL