中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

伊藤若冲のゾウ(世界史レッスン第81回)

2007年09月25日 | 朝日ベルばらkidsぷらざ
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第81回目の今日は、「ゾウも運命に翻弄される」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2007/09/post_dc6b.html#more
 フランス革命時代のヴェルサイユのゾウと、徳川吉宗時代の江戸のゾウの、明暗分けた運命について書きました。

 実はこのときが初渡来というわけではなく、記録では1408年と1597年にもゾウは日本に来ていた。ただそのときは民間人の目に触れる機会はあまりなく、ゾウ・フィーバーがまきおこるにはいたらなかったらしい。

 1728年の牡ゾウは、京都の御所でもお披露目され、おもしろいことに天皇が歌を詠んでいる。

 時しあれば他の国なる獣も
  けふ九重に見るぞ嬉しき(中御門天皇)

 なさけしる象(きさ)のこころよ唐人に
  あらぬ奴の手にもなれきて(霊元上皇)

 京都生まれの伊藤若冲はこのとき12歳。
 実際にその眼で実物を見たことは、じゅうぶん考えられる。

傑作『鳥獣花木図屏風』に、ものすごい迫力で正面から捉えられた白ゾウの姿は、少年の日の彼が眼に焼きつけたイメージが元になっているのかもしれない。


☆「怖い絵」、おかげさまで3刷りになりました。ありがとうございます♪

☆☆9月16日「毎日新聞」書評ーー
 「わかりやすくいうと「西洋絵画を読む」である。しかしタイトルのつけかたが心憎い。思わず手にとってみたくなる。そしてその気持ちを裏切らない書だ。ブリューゲルやドガやゴヤなど、よく知られている名作も含め、二〇点の作品が詳細に読まれて行く。『怖い絵』とあるが、一見怖くない絵もある。例えばドガの『エトワール、または舞台の踊り子』だ。美しい独特の絵である。しかしその背後には、「オペラ座は上流階級の男たちのための娼館」と言われた事情が潜んでおり、バレリーナはほとんどが労働者階級出身のつまり娼婦のようなものであり、舞台にはパトロンが平然と立っていることを指摘している。絵画を通して西欧社会の舞台裏が見えるのだ。むろん本当に怖い絵もたっぷり味わえる。(優)」

怖い絵
怖い絵
posted with amazlet on 07.07.14
中野京子 朝日出版社 (2007/07/18)


☆マリーもお忘れなく!(ツヴァイク「マリー・アントワネット」(角川文庫、中野京子訳)

マリー・アントワネット 上 (1) マリー・アントワネット 下 (3)
     




ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 画家・岡野亮介氏による「怖... | トップ | ノストラダムスの予言、アン... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イチロー)
2007-09-25 18:01:57
上野で応挙と伊藤若冲見ましたが、作品が少なく残念でした。
京都には多くの作品があるとか、ゆっくり見たいものです。
尚 当方ビクトリア王朝期の絵画 興味あります。 
Unknown (イチローさんへ(kyoko))
2007-09-25 20:44:29
 ご訪問、ありがとうございます♪
 Ichiro Kikuchiさんとは別人でいらっしゃいますか?
 ヴィクトリア朝時代の絵画は独特ですよね。『怖い絵」に使おうか迷いましたが・・・
Unknown (Unknown)
2007-09-26 05:05:22
 ザルツブルクの祝祭劇場近くにも、象が宿泊したとかいう、エレファントという小さなホテルがありますよね。象はそれでも、あまりモードにはならなかったらしいけれど、キリンが始めてウィーンに来たときには、大変なモードになって、それでジラフ型のピアノなども残っているとか。
Unknown (Unknownさんへ(kyoko))
2007-09-26 18:04:12
 キリン・ブームはパリでもあったので、今回の世界史レッスンはゾウにしようか、キリンにしようか、実は迷ったんですよ。でも映画『マリー・アントワネット』に出てきたのがゾウでしたので、けっきょくこちらにした次第。
ふぇらってGO♪ (ふぇらってGO♪)
2007-10-08 08:49:06
極うまふぇらにすとに出会ったょ♪しかもお小遣い付ってどんだけ~www8

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL