中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

平野啓一郎さんとの「運命の絵」対談

2017年05月16日 | 
 『オール読物 5月号』(文藝春秋社)で、平野啓一郎さんと対談しました。拙著『運命の絵』出版にあわせての企画です。それが今回、オンラインでも読めることになりました🎵

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170509/Bunshun_2325.html

 平野さんとお会いするのは初めてでしたが、来年刊行する美術全集『アートギャラリー』の私の担当巻『ヌード』に、すてきなエッセーを書いていただいている御縁があります。

 さらにもう一つ、奇妙な縁?が。

 4,5年前、わたしのメルアドに平野さんの名前でBCメールが届きました。原稿についての連絡といった内容です。

 え、何だろう、と思っているとすぐ再メールが届き、間違って送ってしまいましたと丁寧な謝罪文。

 つまり編集者さんへの連絡に際してわたしへもBCで送ってしまったということのようでしたが、その編集者さんの名にわたしは心当たりがなく、どうしてこちらのメルアドが平野さんへ渡ったのかわからず、はたしてこれは本当に平野さんなのか怪しいなと思って返事を出しませんでした。でもちょっと気になっていたのです。

 で、今回お訊ねしてみると、記憶なしとのこと。やっぱり偽者だったのかも。最近のサイバー攻撃のこともあるし、ネットは何かとわからないことが多くて、便利な反面、怖いですよね~ 

 
☆☆☆「怖い絵展」情報
http://www.kowaie.com/


☆☆今後の講演会
・6月2日(金)「交詢会」講演「怖い絵展によせて」会員の方のみのご参加です

・7月8日(土)14:00~15:30 NHKカルチャー大阪梅田教室
「中野京子と読み解く『怖い絵』~出版10周年記念~」

☆☆月刊「文藝春秋」連載「中野京子の名画が語る西洋史」のオンライン化 全文、無料で読めます🎵
・最新回「死にゆく子を抱きしめて」(とても切ない絵で、見る人の胸をいっぱいにさせます)
http://bunshun.jp/articles/-/2260

☆日経新聞夕刊エッセー<プロムナード>に木曜連載中。1週遅れで電子版でも読めます。
第18回は<脳の高速回転>
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16177960Q7A510C1NZ1P00/


☆最新刊『中野京子と読み解く 運命の絵』(文藝春秋社)
name="amazletlink" target="_blank"> alt="中野京子と読み解く 運命の絵" style="border: none;" />

☆「名画と読むイエス・キリストの物語」(文春文庫)

時代小説作家の千野隆司氏がHPで紹介してくださいました♪

http://blog.livedoor.jp/chino17jidai/archives/52067341.html#comments

☆「美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯」(NHK新書)
美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯 (NHK出版新書 497)

☆「新 怖い絵」(角川書店) 6刷になりました🎵
target="_blank">

☆「はじめてのルーヴル」(集英社文庫) 2刷になりました🎵



☆「名画に見る 男のファッション」(角川文庫) 
target="_blank">


☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文春文庫)

名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫 な)
  『弐代目 青い日記帳』さんがさっそく紹介してくださいました♪ 3月6日のページです。
http://bluediary2.jugem.jp/


☆「残酷な王と悲しみの王妃 2」(集英社)

残酷な王と悲しみの王妃2
担当者さんが紹介してくれました♪


http://renzaburo.jp/shinkan_list/temaemiso/151023_book01.html


☆『「絶筆」で人間を読む - 画家は最後に何を描いたか』(NHK出版新書)
 3刷になりました♪

「絶筆」で人間を読む―画家は最後に何を描いたか (NHK出版新書 469)

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇」(文藝春秋)2刷になりました🎵
<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163903089/hanatumuhiton-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇
「青い日記帳」さんが紹介してくださいました。素敵な紹介で嬉しいです♪
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4050

☆文藝春秋WEBサイトでは、短いですけどわたしのインタビュー記事も載りました。お読みくださいね!→http://hon.bunshun.jp/articles/-/3935


☆「名画の謎 ギリシャ神話篇」(文春文庫) 2刷になりました🎵

名画の謎 ギリシャ神話篇 (文春文庫)


☆「愛と裏切りの作曲家たち 」(光文社知恵の森文庫)

愛と裏切りの作曲家たち


☆「マンガ西洋美術史03」(美術出版)

マンガ西洋美術史03 「市民社会」を描いた画家」 ブリューゲル、フェルメール、ホガース、ミレー、ゴッホ



☆「マンガ西洋美術史02」(美術出版社)
マンガ西洋美術史02「宗教・神話」を描いた画家  ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルーベンス


☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川文庫)

危険な世界史 運命の女篇 (角川文庫)

☆「マンガ西洋美術史01」監修(美術出版社)
マンガ西洋美術史01 「宮廷」を描いた画家 ベラスケス、ヴァン・ダイク、ゴヤ、ダヴィッド、ヴィジェ=ルブラン


☆「ヴァレンヌ逃亡」(文春文庫)
ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間 (文春文庫 な 58-2)


☆「名画で読み解く ロマノフ家12の物語」(光文社新書)2刷になりました♪

名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)   

☆「印象派のすべて」(宝島社別冊ムック)
印象派のすべて (別冊宝島 2200)

☆「名画に見る 男のファッション」(角川書店)
名画に見る男のファッション (単行本)

☆「橋をめぐる物語」(河出書房)
中野京子が語る 橋をめぐる物語

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇」(文藝春秋) 3刷になりました♪
中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇

☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社文庫)4刷になりました♪
残酷な王と悲しみの王妃 (集英社文庫)

☆「怖い絵」(角川文庫) 単行本に新しく書き下ろし2作を加え、全22作品です。8刷になりました🎵 怖い絵  (角川文庫)

☆「はじめてのルーヴル」(集英社)2刷になりました🎵 はじめてのルーヴル (集英社文芸単行本)

☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文藝春秋) 5刷になりました🎵
中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇

☆「怖い絵 死と乙女篇」(角川文庫) 6刷になりました🎵 怖い絵  死と乙女篇 (角川文庫)

☆最新刊「名画と読む/イエス・キリストの物語」(大和書房) 3刷になりました🎵
名画と読むイエス・キリストの物語

☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川書店) 2刷になりました🎵
危険な世界史 運命の女篇

☆「危険な世界史 血族結婚篇」(角川文庫)6刷になりました🎵
危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫)

☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)~「怖い絵2」の文庫化~ 11刷になりました🎵
怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)

☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 7刷になりました🎵
中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇


☆「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)6刷になりました♪
印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 14刷になりました♪
「怖い絵」で人間を読む 生活人新書


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」 7刷になりました♪
名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書) 20刷になりました🎵 名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)

☆「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫) 3刷になりました🎵 おとなのための「オペラ」入門 (講談社+α文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。
歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

^^^^^^^^^^^^^^^^
☆以下の単行本は絶版としました。文庫本をお求めくださいまし~

☆「怖い絵」16刷中。怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。 怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。 怖い絵3

























 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 支笏湖と死骨湖 | トップ | 高所平気症 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (星燈)
2017-05-18 19:03:08
平野啓一郎さんの著書は拝見した事がありませんが、高校生の時に教材として配布された国語便覧でお顔は存じ上げていたので、「あの人だ」と直ぐ解りました。確かに、近頃はサイバー犯罪が多発しているようですね。私もネットを頻繁に利用する身なので、今まで以上に注意しようと思います。そういえば、結構前の話ですが、CDや書籍を扱う中古品店で『世界の美術』という、ファン・エイクやブリューゲル、シャガール、ゴヤ、ダヴィッド、アングルといった画家に関する本を購入しました。初版発行が1964年という、もしかしたらかなり貴重かも知れない本です。中古品店に行くと時折、こういった物が見付かるので面白いですね。
Unknown (星燈さん (kyoko))
2017-05-19 10:26:42
 古い美術本はまだ印刷技術が進んでいなくて色が悪いという欠点もありますが、現代とは評価が違っていて、思いがけない画家や作品が載っているという面白さがありますよね♪ 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL